トチュウエラストマー

スポンサーリンク
亜留間次郎

杜仲茶の意外な由来:造船会社が何故お茶を売り出したのか、その背景

杜仲茶の原料である杜仲(トチュウ)は元々は日本の気候でも栽培できるゴムの木としてハンター財閥が実質的に社有地であった広島の因島で栽培を始めたのが起源です。今回は、なぜ造船会社がお茶を売り出したのか、裏事情について解説していこうと思います。
タイトルとURLをコピーしました