アリエナイ科学メルマ:性差の科学

性差の科学・・・男女の性別の違いから来る視点の違いなどを扱った記事一覧です。

スポンサーリンク
性差の科学

「父親をキモがる娘」は成熟の証:なるべく嫌われないようにする方法

年頃の娘さんを持つご家庭だと、父親がキモがられるという事例は多々あります。環境や個人差がありますが、中には、お風呂も父親の後だと気持ち悪いから絶対に先に入る、といった話も。この辺は実は生物学的には正しい反応なのです。詳しく見ていきましょう。
性差の科学

【科学的恋愛指南講座】セックスは手段か目的か:恋愛物質の魔法

男はセックスが恋愛の目的であり、女はセックスは恋愛の手段である。前回はそんな話でした。今回は、恋愛感情の持続期間が約三年である、という「恋愛物質の魔法」について、そして、恋を愛に変えるためには「相互理解」が重要であるという話をお送りします。
性差の科学

【科学的恋愛指南講座】セックスは手段か目的か:恋愛意識の男女差

あくまで一般論ですが、男はセックスが恋愛において目的なのに対して女性はセックスを恋愛の手段であると考えているという話があります。もちろん、個人差が激しいのでそういう話もある、という程度ですが、今回はその辺の男女の意識差の話をしましょう。
性差の科学

【科学的恋愛指南講座】男と女と愛と性:香水の使い方に気を付けよう

前回、生物学的に見る人間の繁殖形態は、基本的に乱交型である、という話をしました。今回は、そうした穴蔵生活の中で「におい」について我々の先祖が獲得していたであろう能力から、男女の差異に迫ってみましょう。香水のつけすぎは良くないのです。
性差の科学

【科学的恋愛指南講座】男と女と愛と性:男女の匂いの認識の違い

今回は男女の恋愛観と結婚観に極めて大きな影を落としがちな愛と性についての認識の差異についてです。男性と女性で匂いについて認識の仕方が違う事がありますが、何故そうなったのか、という事から、人間の繁殖形態について触れていきます。
性差の科学

【科学的恋愛指南講座】生物学的に見る男女の話:相性が良いとは?

科学的恋愛指南講座、第四回にして、今回で一応の終わりとなります。最終回は男女の「相性」について生物学的に見ていきます。男性、女性が本能的に求める部分をまずは誤魔化さずに受け止め、その上で、「それ以外」の部分に目を向けるべきです。
性差の科学

【科学的恋愛指南講座】生物学的に見る男女の話:セックスの意識差

今回は、より解剖学的に踏み込んだ、セックスの男女差についての話をお送りします。いささか下世話に感じるかもしれませんが、あくまで学術的な視点に立った上での男女の違いについての話だと、ご理解を頂ければと思います。
性差の科学

【科学的恋愛指南講座】生物学的に見る男女の話:男女の価値観の差

生物学的な観点から見る男女の話、今回はより具体的に、恋愛における男女の価値観の違いについて紐解いていこうと思います。恋愛に関して男女の価値観はセックスのためか安泰のためかで大別できますが、そこには本能に根ざした部分もあります。
性差の科学

【科学的恋愛指南講座】生物学的に見る男女の話:前置き編

男女の駆け引き。モテたい、ちやほやされたい。好きな人と一緒になりたい。ぶっちゃけセックスしたい。そうした感情をまとめて「恋」と人間は呼びます。そんな恋愛の根源たる部分で変わらない部分が人間も動物であるということ。生物学的に見ていきましょう。
性差の科学

【性の科学】「清潔感」には男女差アリ:異性に嫌われないための作法

異性との距離。異性に好かれる方法ではなく嫌われない作法。これは以外と大事なのに、すっ飛ばされていることが多い気がします。今回はそんな、異性との距離の取り方について、最低限気を付けたい事を社会心理学的に見ていこうかと思います。
性差の科学

【性の科学】童貞・処女のまま25歳を超えると一生そのまま?

性の実態調査のデータを眺めていると、ある事実が。男女ともに、童貞処女率が25歳以降ほとんど変化しないのである。つまりどういうことかというと、とある年齢を境界に一生童貞・処女というクラスターが存在するかもしれない・・・気がしてきたわけです。
性差の科学

「美意識」の科学:漫画・アニメ的な美しさと錯覚、そして男女差の話

前回は、美意識のベースは「左右対称性」という話をしました。今回は、ではなぜ、誇張の激しい漫画的、アニメ的な表現を美しく感じるのか、という点と、美意識の男女差について触れていきます。何が魅力なのかという事を考える一助になれば幸い。
性差の科学

科学的に見た「美しさ」の基準とは何か?完璧な美貌と不気味の谷

顔が良いとなにかと得なことが多いのも事実です。顔の良い人は、総じて「そんなことないよ」といいますが、それはともかく、美人は贔屓されます。イケメンは第一印象最高です。今回はそんな「美しさ」を科学的に見た場合の話。
性差の科学

パーソナルスペースとは何ぞや?心理学的な相手との距離感の話

心理学では、密接距離(15〜50cm)個人エリア(1m)社会的距離(1.2m〜3.5m)公衆距離(3.5m以上)と定義されることが多い。これはどういうことかというと文字通りで、人間はこの距離の区切りで、親密度を無意識に作っているといえます。
性差の科学

【モテたい!】コミュ障ムーブは訓練して直そう。キョドらないこと!

挙動不審、仕草がキモい。一般的に言われるこの曖昧な表現は一体どこから来るのでしょう?もしかしたら俺キモいと思われてる?・・・と猜疑心にさいなまれる人も多いわけですが、一体全体何をどうしたらキモくなって不気味さがでてしまうのでしょうか?
性差の科学

AV男優御用達? バイアグラも真っ青? 新型ED治療薬の噂

最近、AV男優の間でこっそり使われていることがあるという薬剤があるという噂を聞いたので少し調べてみた。 商品名は「ミューズ」と言われるものらしく、小さな針のないシリンジに薬液が入ったもので、陰茎の尿道に入れて尿道粘膜から吸収させるとか。
性差の科学

話題になったエクストリーム過ぎるオナニーの数々

久しぶりに下世話な話でも(笑)。ネットの世界を広大にしているものとして、特に話題になるエクストリームなオナニー。それらの危険性と気持ちよさを科学的にさらっと見てみます。
性差の科学

精液を増やすクスリは実在するのか? 性にまつわるサプリメント

まず真っ先に有名なのがエビオス錠、強力わかもとなどのビール酵母。この辺のビール酵母をたくさん飲むと精液が増えるという話は半ば都市伝説と化しており、強力に信じられていますが、はたしてその実態は?

タイトルとURLをコピーしました