杜仲茶の意外な由来:造船会社が何故お茶を売り出したのか、その背景

亜留間次郎
スポンサーリンク

初出:2020/02/04 Vol.366 杜仲茶の意外な由来

Joker
Joker

亜留間先生、これは、お茶と・・・ゴム?ですか。

亜留間次郎
亜留間次郎

どっちも同じ、杜仲から取れるものです。杜仲茶はもともと造船会社が売り出したんだよ。

Joker
Joker

へぇ〜〜〜、ちょっと独特な風味がありますけど、私は杜仲茶、好きですよ。なんだか健康に良さそうだし。

亜留間次郎
亜留間次郎

ちなみに、健康食品特有のアレで、杜仲茶に医薬品としての薬効はなく、ただのお茶です。

Joker
Joker

・・・まあ、そうですよね。しかし、ゴムが取れるんですね、杜仲茶の木から・・・あ、ゴムというと・・・

亜留間次郎
亜留間次郎

何を期待しているのか知らないけど、今回も下ネタはナシだよ。どうしてもというならこの前のトカナの連載の、東大入試の・・・

Joker
Joker

いえすみません。私が悪かったです。広告つけられなくなるのでどうか勘弁してください!

実はゴムの原料だった「杜仲」

杜仲茶の原料である杜仲(トチュウ)は元々は日本の気候でも栽培できるゴムの木としてハンター財閥が実質的に社有地であった広島の因島で栽培を始めたのが起源です。

ゴムの木から取れる天然ゴムの大半はシス型のポリイソプレンから出来ているが杜仲ゴムは珍しいトランス型のポリイソプレンで出来ているため、固く強靭で弾性が低く水中で劣化せず絶縁性が高いために高圧電流をかける海底ケーブルの被覆材として用いられました。

元々はハンター財閥が日本の島同士を結ぶ海底ケーブルを製造するための原材料として栽培を始めた植物なのです。

空気に触れていると酸化して劣化する弱点から使用できる場所が限定されるが水中に電線を引く用途には逆に利点になりました。トチュウエラストマーという名前で現在も製造販売され様々な素材と合成する研究が続いています。

スポンサーリンク

副産物として生まれた杜仲茶

樹液以外の部分に使い道は無かったけど樹皮が中国の漢方薬として本に載っていたので副産物として売られたがそれほどの需要は無かった、そこでお茶の葉が買えなかった因島の島民が腐るほどある杜仲の葉をお茶にしてみたら意外と飲めたのが起源なのです。

戦後にハンター財閥が解体され日立造船になった後も社有地に大量の杜仲が生えていたので食糧難の戦後に代用茶として売ってみたらそこそこ売れたので地味に存続しました。

因島は造船所として一大産業を興しましたが戦後に日立造船になってから昭和61年に造船不況により造船所が閉鎖されることになると島の住民の大半が職を失うことになったのです。

そこで、生き残りをかけた因島は当時流行っていたバイオブームに乗ってバイオアイランド構想のもと日立造船バイオ事業部を発足。当たり前ですがバイオなんて誰もやったことが無かったのですが地味に存続していた杜仲茶を全国展開してみたら売れまくりました。

その背後にハンター家につながる財閥家同士の繋がりがあったことはあまり知られていません。

スポンサーリンク

健康食品の通る道・杜仲茶に薬効はない

10年たたずに累計100億円を超える売り上げを出してしまいバイオ事業部は杜仲茶を専業とするお茶事業部になりました。

売れすぎて因島だけでは生産が追い付かなくなり中国からの輸入に頼るようになりました。その後、すぐにブームが終わってしまいバイオ事業部という名前のお茶事業部は小林製薬に売却されて現在に至ります。

造船会社がお茶を売り出した背景にはこんな事情があったのです。

健康食品の宿命というか利権が絡むとアレというべきか、杜仲茶の効能はどんどん拡大解釈されて万能薬化していきました。ブルーベリーを初め多くの健康食品が通った道です。

杜仲茶に医薬品としての薬効成分は発見されておらず単なる食品の扱いです。

スポンサーリンク

忘れられた「トチュウエラストマー」

本命の用途であった海底ケーブルの被覆材は新しい高分子化合物に取って代わられたので誰も必要としません。

最後までゴルフボールの材料として使われていましたが、こちらも新しい高分子化合物に代わって不要になり、日本の気候でも栽培できる貴重なゴムの木であった杜仲はその役目を終えましたが、気休めの健康食品として生き残りました。

今でも日立造船生物資源開発有限公司という会社が中国にありトチュウエラストマーを販売していますが、日本ではもう誰も杜仲がゴムの木であったことを思い出してくれません。

スポンサーリンク

著者紹介

亜留間次郎
亜留間次郎

薬理凶室の古参三本柱のアルマジロ怪人。人間の皮を被った血統書付きアルマジロ。守備範囲は医学から工学、ノーマルからアブノーマルまで幅広く、アリエナイ理科ノ大事典など、くられ氏と共に薬理凶室関連の共著多数。単著に『アリエナイ医学事典』『アリエナイ理科式世界征服マニュアル』(三才ブックス)がある。よくわからないケダモノなのでよくわからないネタで攻めていきます。https://twitter.com/aruma_zirou

亜留間先生の新刊「アリエナイ医学事典」好評発売中です。

前作「アリエナイ理科式世界征服マニュアル」好評発売中!

亜留間次郎先生の記事一覧はこちら

アリエナイ科学メルマ:亜留間次郎
薬理凶室の古参三本柱、謎の怪人「アルマジロ男」こと「亜留間次郎」先生の記事一覧となります。既存カテゴリの枠に収まりきらない破天荒なその記事の内容から独立カテゴリを新設することになりました!

TOCANAにて大絶賛の亜留間先生の連載「亜留間次郎の世界征服のための科学」

TOCANA
地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信 TOCANA

関連記事

前回:サバイバル時の薬剤事情

くられ先生の健康食品関連記事

亜留間先生の記事一覧

アリエナイ科学メルマ:亜留間次郎
薬理凶室の古参三本柱、謎の怪人「アルマジロ男」こと「亜留間次郎」先生の記事一覧となります。既存カテゴリの枠に収まりきらない破天荒なその記事の内容から独立カテゴリを新設することになりました!
タイトルとURLをコピーしました