熱暴走は詰まった埃が原因?MacBook Proを掃除してみる

リテラシー
スポンサーリンク

初出:2018/10/16 Vol.298 熱暴走は詰まった埃が原因?MacBook Proを掃除してみる
改稿:2020/03/06

Joker
Joker

本日はパソコンの中のお掃除の話です。長年使ってるとびっくりするほど埃が溜まることがあり、熱暴走の原因になったり、パフォーマンスや内部の部品の寿命に影響することもあったりして・・・

くられ
くられ

ふむ・・・普段から仕事部屋は綺麗にしてるけど、パソコンの中身まではあまり気にしなかったな・・・

Joker
Joker

いや、実際、掃除してみたんですけど、私の使い方っていうのもあるんでしょうが、もう埃がモリモリ湧いてきたことがありまして・・・ヒートシンクにみっちり詰まってたら、そりゃ排熱も正常にできないですよ。

POKA
POKA

はっはっは。熱暴走か! ヒートシンクは大事だぞ! 例えばここにあるバルス装置にもしっかりつけてあるからな! イベントや動画で気軽にバルスバルスしているが、これもあんまり長時間照射していると・・・(ピカーーーー!)

Joker
Joker

だから不意打ちはやめてくださいよ・・・目が・・・

POKA
POKA

ことによっては爆発するので、この辺に・・・おっと手が(BOMB!)

パソコンとお掃除

どうも、Jokerです。この前、長年使っているMacBook Proを分解して掃除をしたので、せっかくなので記事にまとめてみます。

パソコンを長期間使っていると、動作が重たくなる事があります。

原因は色々とありますが、ソフトウェア的な問題であれば、メンテナンス用のアプリでも使ってやればよし。「メンテナンス ソフト」とかで検索すれば、無料のソフトが出てくると思います。

私の場合はMacユーザーなので、メンテナンスには長年、Onyxというソフトを愛用しています。

Titanium Software | Operating system utilities for Mac - OnyX
You can use OnyX to perform operating system maintenance, clean up your computer, turn on hidden functions, and more.

まあこの辺は本題ではないので、パソコンも定期的な掃除が必要なんだなー、くらいに思っておけばOKです。

問題は、ソフトウェア的なアプローチで解決しない場合です。

動作が重たい。YouTubeで動画を見たくらいで、回線的な問題はないのにぶつぶつ再生が途切れる。常時ファンが回りっぱなし。本体が触れないほど過熱している。ひどいと突然パソコンがシャットダウンする。

いわゆる「熱暴走」という奴です。これまた要因はいくつかありますが、長年使ったパソコンの場合、内部が汚れていて正常に排熱が出来ずに起きている事があります。

スポンサーリンク

MacBook Pro / Airの特殊ネジ

汚れが原因なら裏蓋を開けて掃除してやりゃいいじゃん、という話になるわけですが、しかし。MacBook ProやAirの場合はちょっと面倒な事情があります。

まあそもそも下手に内部にアプローチして壊したりすると保障外になっちゃうでしょうから、そもそも自己責任で・・・というのは大前提ですが、まあ保証期間内であれば、よほど劣悪な環境下でなければ支障が出るレベルで汚れたりはしないと思います。

さておき、MacBook ProやAirの面倒な点は、裏蓋を止めているネジが特殊だ、という点です。

こういう特殊な星型のネジをしてるんですよね。機種によっても異なってくると思いますが、もし自分のものがどうなのか確認したい場合は、MacやiPhoneの分解や修理マニュアルを掲載している「iFixit」というウェブサイトで確認してみると良いでしょう。

iFixit:無料リペアマニュアル
iFixitは様々な製品の修理を助け合うためのグローバルなコミュニティです。デバイスの修理を通してこの世界をより良くしてきましょう。アンサーフォーラムで専門家のユーザーと協力して問題解決したり、修理ガイドを作成して世界に発信してください。お持ちのAppleやAndroid製品を修理したり、あなたのDIY修理に必要なパー...

分解手順、修理手順を写真付きで詳細に解説しているので、内部をいじる時には必見です。

スポンサーリンク

ペンタローブという星形ネジの専用ドライバー

そしてこのネジに対応したドライバー、その辺には売ってないのです・・・Amazonあたりで注文するしかありません。

そういう面倒臭さがあったので長年放置してきたのですが、いい加減無視出来なくなってきたので今回、分解して清掃する事にした訳です。

ドライバーは、MacBook ProやAirの場合はペンタローブ(星型ネジの事)の1.2mmのものになります。

古い機種だったり、もしくは新型になってネジが変わったりとかはあり得るので、前述の通り、購入前に規格が合っているかどうかはチェックしましょう。

なお、もう少しお安いドライバーもありますが、ネジをなめる(ネジ山がつぶれる)とこのサイズだと惨劇としか表現できないので、今回はANEXのものをセレクトしました。

スポンサーリンク

埃などの対策

掃除に使う道具は、このドライバーとエアダスターです。

エアダスターは何でも良いと思いますが、細かい部分に目詰まりした埃をピンポイントで吹き飛ばせるので、横着して掃除機で誤魔化すのはやめた方が良いでしょう。細かい部品を吸い込んでしまってもなんですし。

あと、作業時は埃が舞うのでマスクをしましょう。くしゃみが基板に飛んだりすると故障の原因になります。

また、こうした作業においては、やはり静電気が気になる、という方もいると思いますが、事前に手を洗って、作業前にパソコンの金属部分(間違っても基板には触れない)に触れておけばそこまで神経質にならなくても良いと思います。

それでも気になるという場合は、静電気対策用のリストバンドでもしてアースをとっておけば良いでしょう。

さて、そういう訳で、実際に分解清掃してみました。いや、凄かった。

スポンサーリンク

長年溜まった埃の山

裏蓋と本体

ファン

閲覧注意レベルで埃まみれでした・・・裏蓋開けた瞬間ぶわっと埃が舞ったし。

ファンに繋がってるヒートシンク部分にみっちりと埃が詰まっていて、これでは排熱ができないのも当然です。エアダスターでファンの埃を飛ばすと、埃が湧き出してくる始末で、なかなか手間がかかりました。

スポンサーリンク

掃除後

そんなわけでしっかり埃を取ったら、驚くほど快適な動作になりました。以前は回りっぱなしである事も多かったファンも静かなものです。

自己責任にはなるものの、長年使っていて不調が起きているMacBookなどは、買い換えを検討する前に定期的な分解清掃を行った方が良い事もあるようです。

壊してもしらんけどもね(笑)。

スポンサーリンク

追記:改めて分解清掃の重要性を考える

この記事を最初に書いてから、何年も放置していたことを反省して、定期的に清掃するようにしていたわけですが、先日、改めて重要だなと思わされた出来事がありました。

その日、突然、作業中のパソコンから異音が響き渡りました。

「ガリガリガリガリガリ!」と、かなり大きな音がして、長年愛用しているMacBook Proもいよいよご臨終かと一瞬青ざめたわけですが、青くなっていても事態は解決しません。

とりあえずすべての作業を中断し、一通り保存してからいったんシャットダウン。内蔵のストレージはSSDですし、昔と違って光学ドライブがあるわけでもないので、異音の原因はほぼ確定でファンです。

とりあえず裏蓋を外して、数ヶ月降りにお掃除。やっぱり多少は埃が溜まっていて、これが悪さをしていたのでしょう。

結局、何度か清掃する羽目になりましたが、小康状態を保つことに成功しました。ファンの交換か、いい加減マシンを新調するかを考えなければなりませんが、いきなり破綻することを避けられたのは大きいです。

壊れる時は壊れるんで、避けようがないケースはもちろんあるんですが、知識と経験がなければ修理屋に持っていく他なく、時間と手間と工賃がかかって総額○万円、だったら新しいの買った方がいいじゃん・・・となりかねない。

機種によってはアクセスそのものが厳しいこともありますが、やっぱり改めて、内部の掃除のひとつくらいできるようになっておいて良かった、と、そんな事例でした。

スポンサーリンク

関連記事

iPhoneテクニック講座

iPhoneのケーブルとMFi認証

POKA先生のスプレー缶ノズルの話

タイトルとURLをコピーしました