怪談話をバッサリ解決!「髪が伸びる人形」の秘密を説明しよう!

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2016/08/30 Vol.187 お菊人形の秘密
改稿:2019/08/30

くられ
くられ

本日は「お菊人形」のネタバラシ解説である!

Joker
Joker

ああ、あの、髪の毛が伸びる呪いの人形って奴ですね。

くられ
くられ

「幽霊の正体見たり枯れ尾花」なんていうけど、まあそういう話だよ。

Joker
Joker

人形と言えば・・・そこにあるちょっと気味の悪い人形は何なんですか。日本人形ではなく洋物のようですが・・・どっかで見た事あるような・・・

くられ
くられ

ああ、これは試作品の「チャッ○ーくん」だ。

Joker
Joker

・・・なんかシリアルキラーみたいな名前ですね。あの、ナイフ持って動き出してますけど、大丈夫ですか?

くられ
くられ

かの映画と違って動くのはただのギミックだし、ナイフはプラスチックの・・・あれ?

Joker
Joker

いや、手に持ってるのフリップフロップですよ、ヤバいヤバい!

POKA
POKA

はっはっは。ちょっとした改造を施してみたのだ。イキイキとしているな!

くられ
くられ

ギャーーーーー!

髪が伸びる「お菊人形」の秘密

夏の風物詩のひとつが「ホラー」。怪談話ですね。

怪談の定番といえば、呪いの人形。

とりわけ、お菊人形という、髪の伸びる人形の噂は、大概の人が聞いた事があると思う。

人形に生えている髪の毛が伸びる事なんてあるんでしょうか?

今回はこの辺の話を、バッサリと科学で解決していこうと、そういう次第であります。

スポンサーリンク

お菊人形とは?

さて、解説を入れる前に、まずは「お菊人形」っていうのはどんな話か・・・まずはおさらいから。

お菊人形は、大正七年に鈴木菊子という人物に買い与えられた人形であったが、翌年、菊子は事故により命を失ってしまう。

家人は菊子の人形をしまい込み、そのまま幾年かが過ぎたが・・・ある日、その人形を取り出してみると、以前見た時よりも、少し髪の毛が伸びているように見える。

実際に、髪の毛が伸びているという、証拠らしく写真も存在する。更にオカルティックなのは、写真によって表情が微妙に違い、笑っていたり、怒っているような顔に見える事もある・・・

と、こういった話に、みんなであれこれホラーな味付けをしたのがお菊人形の怪談です。

都市伝説解説本の中には、ニカワが栄養源になって髪の毛が伸びたとか、オカルトを上塗りするような解説がされていることもありますが、そんな事はあり得ません(笑)。髪は毛根以外生きてないからね。

スポンサーリンク

髪が伸びたように見えるカラクリ

さて、この呪いの人形の正体ですが、カラクリがわかれば極めて簡単な話になります。

ポイントは日本人形の製法。

そう、日本人形に埋め込まれている髪の毛は、人形の頭皮部分に対して、「Uの字」状になっているのです。

実際、お菊人形の写真を見ると、本来の髪の毛の長さのおよそ2倍程度で伸びが止まっている。

本当に何かのオカルトで、毎年数センチずつ髪の毛が伸びていくというのであれば、数メートルの長さまで伸びたっておかしくないはずだが、そうはなっていない。

つまるところ、経年劣化で髪の毛が抜けかかり、Uの字の片方が長くなっているだけ。その性質上、倍の長さになったら抜け落ちるしかないので、周りの毛に絡まってかろうじて留まっているだけに過ぎないのです。

また、撮った写真によって表情が変わる、というのは、もっと簡単。日本人形独特の造形美という奴で、見る角度によって顔の表情が変わるように、意図的に絶妙な立体的造形がなされているだけ・・・ということです。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事・書籍

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」でも、このお菊人形のカラクリは解説してあります。

金縛りを科学的に解説

ぶっちゃけ、その辺のオカルト話より自分が遭遇した事件事故の方が怖かったり面白い(笑)

怪談のような罪のないものはともかく、タチの悪いオカルトもある

タイトルとURLをコピーしました