【モテたい!】コミュ障ムーブは訓練して直そう。キョドらないこと!

性差の科学
スポンサーリンク

初出:2013/02/20 Vol.4 仕草とモテ

挙動不審、仕草がキモい。一般的に言われるこの曖昧な表現は一体どこから来るのでしょう?

これといった指標が無いため、もしかしたら俺キモいと思われてる?・・・と猜疑心にさいなまれる人も多いわけですが、一体全体何をどうしたらキモくなって不気味さがでてしまうのでしょうか?

男女の基準の差

恋愛という人間特有の行動も基本に立ち帰れば、より良い子孫を残すために相手を選ぶように働いているだけです。男性は繁殖において、種付けをするだけなので非常に楽。

その結果、女性に求めるのは若さと健康と適度な面構えであれば、だいたいOKということになります。

男性の女性への評価は顔や体格など1点集中になることが多く、その結果、性格面や経済感、健康面などをすっとばして「好き」という感情が生まれるので、それで結婚してしまうと恋愛物質の魔法が解けたとたんにジ・エンドな結末になるわけです。

一方女性は、いったん妊娠すると約1年は身重になり子育てという任務が待ち構えているということになり、おいそれと男性を許すわけにはいきません。したがって一点集中ではなく総合点評価になります。ただしイケメンに限る・・・のは二十歳前後までの話です。

スポンサーリンク

女性は男性に対して、肉体的な魅力に追加で経済的なものや性格等、多岐にわたる評価を行います。ただ全部をパーフェクトにすることは非常に難しいので、女性は男性の魅力に対して、無意識の妥協も込み総合点で「好き」というロジックが働くようです。

よく金持ちの男がオレじゃなくて財布が好きなんだろ・・・とのたまってますが、資本主義のこの国で「金」という力を持っているから好きなわけです。女性の顔で好きになっているのと大差ないわけです。クマを素手で仕留める男より、毎日平均月収を稼ぐ男のほうが社会的に強いわけです。

その時代、その社会での「強さ」そして子供を作った場合の子の安泰さを考えて女性は男性を選びます。たとえ、子供を作る気がなくても、本能の部分でそうしているわけです。

ただ、この男女の「好き」のロジックは男女逆の場合もあり、一点集中の女性(イケメンだったらどんだけ性格がクソでもいい)や、総合点で見る男性(バランスが良くないと女と見れない)といった人もいますので、あくまで総論という話です。

一点集中の女性はセックスが好きで男性的な性格、総合点で見る男は慎重でしつこく女々しい等、身の回りにもいませんか?

さてさて、それを踏まえて異性の評価ポイントである生理的な面の評価です。

スポンサーリンク

生理的な評価をよくするには?

笑い方やしゃべり方、仕草の部分で「失点」を出すのは非常に損です。ここは矯正可能な数少ない部分なので、そこを直していけば異性との距離はぐっと縮まるわけです。

姿勢を丸めて、目を合わせず、ボソボソと明後日の方向に喋り、いきなり、ドゥッフッフフフフと不気味に笑い声を上げるのは、人間という種として「こいつは病気かもしれない、こいつは劣悪な遺伝子を持っているかもしれない」という生理的嫌悪に繋がるわけです。

相手の目を適度に見て、コミュニケーションが一方通行にならないように心がけ、キモすぎる笑い声にならないようにする・・・ということでしょうか。

え? 具体的な方法? ・・・ググれ!・・・というと酷かもしれませんが、声を録音して聞くと案外直すところがわかるかもしれません。

うわこいつキモッ!っと自分で思うようだったら、当然相手からもキモく思われるので、そういうところから直してみてはどうでしょう?

宣伝

露骨な宣伝で恐縮ですが、「アリエナイ理科ノ大事典II」、よろしくお願いします!

アリエナイ理科ノ大事典2
『アリエナイ理科ノ大事典』の第2弾。2018年2月に刊行した『アリエナイ理科ノ大事典』の続編になります。前作未収録記事に加え、新規記事も大量投入(全国から新怪人をスカウト!)。ベスト版を超えるベスト版が出来上がりました!
タイトルとURLをコピーしました