科学的に見た「美しさ」の基準とは何か?完璧な美貌と不気味の谷

性差の科学
スポンサーリンク

初出:2015/08/25 Vol.134 男性から見た美人、女性から見た美人 前編

「美しさ」とは何なのか?

美人になりたい、イケメンになりたい。
ただし美人に限る、ただしイケメンに限る。

顔が良いとなにかと得なことが多いのも事実です。顔の良い人は、総じて「そんなことないよ」といいますが、それはともかく、美人は贔屓されます。イケメンは第一印象最高です。

さて、その美とはなんでしょうか。

花や宝石、風光明媚な景色まで表現され、さらに大半の言語に「美しい」という言葉が存在します。つまりは人間の根源的に持っている感覚によるものなのですが、この美しさ、とくに人間自身に対する美しさに話を絞ると意外と簡単な答えだったりします。

まず、古今東西、美人美形と言われるものは流行り廃りがあり、メイク1つとっても、今風でなければ変な感じではあります。時代によってはふくよかな人がモテることもありますし、痩せぎすが美しいと言われることもあります。

ただそれらに共通しているのは、人間が仲間を認識するときの符号をいかに満たしているかということに過ぎないわけです。

これはどういうことかと言うと、例えば赤ん坊に、目玉を剥いたズルムケのゾンビがギャオーと迫ってくると、ゾンビやお化けというものを認識していない赤ん坊でも大半が泣き出します。一方美人がやってくるととたんに喜び出すことも知られています。

この差は人間が種として「正常か異常か」を見分ける能力が備わっているという点からきており、人間ではない、例えばライオンがデーンと居ても、それが恐ろしいかどうかの学習が無ければ、恐怖は感じないわけです。

スポンサーリンク

美意識と左右対称性

ズルムケゾンビを怖がるのは、それが程ほどに人間の形を残しているからだと考えられます。
つまり、ズルムケ状態の人間は明らかに異常なわけで、そうした異常状態のあるものに好んで近寄ることで、なんらかの悪影響が自分に及ぼされると判断するわけです。

この判断こそ、美意識の基本の1つであり、古今東西の体型、団子鼻、耳たぶが長い方が良いなどの部族的なものも含めて「左右対称性が高いかどうか」がまず評価されています。故にCG美女の多くは近寄りがたいクラスの美しさ(逆に不気味ささえ感じる)ので、最近では左右対称をすこし崩すようにするのが常識だそうです。

この辺はいわゆる「不気味の谷現象」という奴で、CGや人形が実際の人間に近づく分には人間的特徴が目立って親しみを覚える反面、あまりに人間に近づきすぎると、今度は非人間的な特徴の方が目立ってしまう。それこそ、実際の人間では為し得ない「完璧な左右対称」がこの場合それに該当するかと思いますが、そうなると気持ち悪さを感じてしまう訳です。

それはさておき、美容整形で、手っ取り早く「マシ」になる施術の多くは、まずは「左右平均化」であり、その後で、フェイスラインや歯並び、小鼻の形などをどうこうしていくわけです。

ちなみに、その時代の「美形」と言われる顔をCGで平均化すると、実に、マイルドに親しみやすい顔になることも知られており、平均的で左右対称な顔というものを好むことで、良い遺伝子を残そうと本能が囁きかけていると言えるのではないでしょうか。

では目の下に虫でも入っているのかというような涙袋を入れてる人を見ても違和感を感じないどころか、漫画やアニメの明らかに目がでかくアゴの尖った顔を見ても違和感を感じない(それどころか、美しいと感じる)のはどうしてなのか・・・というのを次回解説しようかと思います。

前編←今ココ 後編

タイトルとURLをコピーしました