ヘルドクターくられの「俺コラム」:科学者の在り方と技術の発展

リテラシー
スポンサーリンク

初出:2013/11/12 Vol.42 俺日記

Joker
Joker

先生、くられ先生・・・ここにもいないな。そろそろ原稿が欲しいんだけど・・・あれ、何このあからさまに怪しい部屋。

くられ
くられ

関係者以外立ち入り禁止(張り紙)

Joker
Joker

・・・うん、関係者だし自分。鍵は・・・ああまあ、これなら(カチャカチャ)、なんということだー、不注意にも鍵がかかっていないとはー(棒)

くられ
くられ

ふっふっふ・・・だいぶ生き物小屋も充実・・・む、誰だ!

Joker
Joker

あー、原稿もらいにきたんですが・・・なんですか、このSANチェックが必要そうなたくさんの培養槽。

くられ
くられ

何、みんなボクの友達だよ。友達はつくるもの!

技術は人を殺さない

科学は清く正しい物とか誰が決めたんでしょう。

科学者は清廉潔白で、世界が良くなるためなら犠牲を厭わず、常にボランティア精神で社会に奉仕するべき。

真面目にこんなことをほざくアホが世の中にはいます。おいおい、そんなのただの奴隷やんけ。

拙著「アリエナイ理科」シリーズでも何度も言ったが、技術自体は人を殺さない。人を殺すのは人だけ。結局は道具を、技術を、人に向けて使う愚か者がいるということで、技術自体には何の罪もないのです。

スポンサーリンク

文明社会で最も重要な「科学者」

科学者がこのような無垢な奴隷であってはいけない。

科学者は文明の次の一歩を担う、この文明社会では最も重要な仕事です。

数字だけを見て、ご託を並べてマネーゲームにいそしむ経済屋。彼らが寄って立つ経済の根本には科学がある。

必要なものではあれど、時に弱者から搾取すべく知恵を絞る政治や法律。これらは科学の枷になる。

科学とは、科学者とは、こういう連中とは訳が違う。格が違うのだ。

スポンサーリンク

科学者が安く使われる事はあってはならない

科学者はもっと「金次第でなんでもやる」という意思表示をするべきだと思う。

それくらいでないと、どんどん安く使われる。実際、嘆かわしい事にどんどん予算を削られて痩せ細ってしまっている。

金を出す側に付くぞ、と、そういう意思表示をすれば、放っておくとアカン連中に雇われてマズい事になるかもしれない、そう思われるはずです。別に金に汚くなれといっているのではなく、生み出す有用な技術相応の、真っ当な価値、真っ当な競争が必要だという次第。

ちゃんとこの辺が回り始めれば、企業や研究所、国だってしっかりとした予算を出す。そもそも科学者とは、自分の研究さえ十分できれば、私腹を肥やそうというのは少ないのです。だって興味の大半が「研究」に向いている訳ですから。むしろそういう人じゃないと科学者向きとは言いがたい。

スポンサーリンク

環境が整ってこそ国際競争力が増す

そうすれば、あるべき進歩がある。もちろん、中には強欲な連中もいますから、EM菌やホメオパシーみたいなニセ科学も湧いて出るでしょう。

しかし、そういうのが湧くってことは、科学教育がそもそも完璧に失敗している証拠。そんなものは後で焼き払えばいい。強いものは強い、弱いものは弱くていい。弱きを助けるのは、余裕のある者が名誉のためにすればいいのです。

技術が人を殺すと勘違いしたアホが、これはいけない、あれはいけない、規制規制規制規制!と、勝手に粗末な物差しで「善し悪し」を決めてしまう。

その結果は、国際競争力の低下です。

出来もしていない技術に足かせをすることは、国際競争力を失う事を意味するのだ。

国を代表する企業が、オカルト的効能が売りじゃー 情けないじゃないかー

スポンサーリンク

関連記事・動画

科学者と規制と倫理の話は動画で触れてます

人を生き返らせるのってアリ?ナシ?

「ここは今から倫理です。」は名作です。

この漫画の紹介なんかは以下で。

ワイドショーを見ると不幸になる

メディアはスポンサーを見るべし

「俺コラム」記事一覧

俺コラム
「俺コラム」の記事一覧です。

宣伝

「アリエナイ理科ノ大事典」改訂版が発売されました!

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました