【どれを選ぶ?】見捨てる/見守る/心中する ニセ科学の三叉路

リテラシー
スポンサーリンク

初出:2019/10/22 Vol.351 見捨てる/見守る/心中する ニセ科学の三叉路
改稿:2021/04/27

くられ
くられ

本日は、ニセ科学・・・オカルトの分岐点についてお送りしていく!

Joker
Joker

有り体に言えば、インチキと切って捨てるのか、わかってて楽しむのか、認めないかっていうことですね。

くられ
くられ

そういうことやね。娯楽としてのオカルトは昔大好きだったしな。ムーとか。

Joker
Joker

ああ、私も読んでた時期がありますよ。ムーとか。あれ今でも続刊してるんですよね。

POKA
POKA

はっはっは。都市伝説を実現するのもロマンである! 見よ、改良型のこの巨大なテスラコイルを!

Joker
Joker

あれ? どっかで見たような。船、テスラコイル、異空間・・・

POKA
POKA

というわけで、実験再開! ポチっとな!

くられ
くられ

ちょっ、まっ! クラレルフィああああああああ〜〜〜〜!!

「”意識高い系”がハマる「ニセ医学」が危ない!」発売記念イベント

先日、五本木クリニックの院長、桑満おさむ先生の著書「”意識高い系”がハマる「ニセ医学」が危ない!」の発売記念イベントにゲストとして出演してきました。

五本木クリニック|美容皮膚科・美容外科のホームページURL変更のお知らせ
五本木クリニック美容部のホームページは移転しました。

自分も基本的にインチキ科学に関して基本的にネタとして否定的記事を書いたりしているのはご存じかと思いますが、専業でやっているわけでもないです。

桑満先生はそこをもう少し切り込んでバッサバッサと斬るというのを医師であるということを伏せずにしかも実名で活動されている意欲的な先生で、その活動拠点となっているブログは何百万というPVだったこともあるそうで、こうした界隈では有名な先生でもあります。

スポンサーリンク

「ニセ科学」に対するスタンス

楽屋で桑満先生とインチキ科学についての話をしていたのですが、自分の「ニセ科学」に対するスタンスというのが先生と意外と近くて、そもそも桑満先生も自分も月刊ムーなどのオカルト雑誌が大好きで、心霊現象とかUFOとか大好きすぎだった・・・というところがスタートしているという原点まで近いところがあります(笑)。

言ってしまえば、超常現象や怪奇現象が大好きだからこそ、それを調べに調べていくと「インチキ」でしかない・・・という結論になっちゃった。

実はこれはオカルト好きの1つの分岐点です。

そこで見捨ててしまうのか、ロマンとしてオカルトを楽しむか、それを認めないでハマるかという、大きな三叉路。

スポンサーリンク

ニセ科学・陰謀論を信じ込んでしまう心理

人間というものはみたいモノをみたい、聞きたいモノを聞きたい生き物ですから、心血注いだものがまがい物でした・・・というのは大きな失望になるので、その失望から逃れるために神秘主義に逃げてしまう気持ちはわからんでもありません。

インチキ科学や陰謀論を信奉している人はそうした反対意見には耳を向けることはほぼ無くて、自分がハマったことそれが詐欺でなかったと正当化するためにその対価を相手に支払い続ける、なかなか地獄なデスルートです。

ただ欺す側はそうでもなく、最近ワクチン反対論者の医師が自分の子供にはしれっとワクチン接種をさせているみたいな話もあるように、欺す側は確信犯ですから、人というのものの「心」というものは本当に複雑だなと思います。

スポンサーリンク

ニセ科学商法はもともとはセコい犯罪だった

インチキ科学というのは、昔々は、町にかならず何個かあって、インチキ科学をかかげてインチキ商品をコソコソ売って儲けるみたいな・・・本当にどこの世界にもある小さい犯罪の1つでしかなかったものです。

女性誌や週刊誌に「〜〜ならこの商品」みたいなドヤり広告を出して、売り逃げするか、お叱りをうけたら名前を変えて別のところでコソコソまたやる・・・そういうセコい犯罪でした。

今や日本の大企業までもが、ナノイオンでどうのとか、プラズマうんぬんがスゴイとか、水素水を一流企業が売るなんて国になってしまいました。

儲かれば正義・・・なんでしょうが、不景気からのインチキへの一流企業が流れていく、ドライヤーの宣伝文句に「ミネラル増量!」とか、日本の最高学府でさえ怪しいサプリの原料販売で空前の利益です。

スポンサーリンク

気がつけば大企業まで詐欺に加担している始末

それが最近、権力や金を得すぎて、社会的発言力がすごい状態で、〜〜を水にかえるマスクとか、名だたる大企業が本気で売り出してるわけです。

そんな国がもはや科学立国とか言うのも恥ずかしいレベルではないでしょうか?

自分はもともと町にはびこる小さな欺瞞は・小さい犯罪に関しては生物多様性の一環なので、科学的におかしいから断罪すべき・・・というスタンスではなく、ゲラゲラ大賞、話題のネタ程度の認識です。

桑満先生も基本的にニセ科学はその香ばしさを愛でるものであった・・・はずなのに。

そのうち「それってインチキじゃないの?」と言うほうがマイノリティーになってしまうんじゃないか・・・そんな気さえしてきます。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事

陰謀論の話・関連にある亜留間先生の動画も必見です

インチキ商売は売るだけ売って逃げます

水素水(笑)

シャンプーのオカルト一刀両断

騙されないための最低限の科学リテラシー

「ニセ科学」記事一覧

ニセ科学
「ニセ科学」の記事一覧です。

冒頭茶番「クラレルフィア装置を追え!」

タイトルとURLをコピーしました