【死の匂い】体臭と健康:病気のシグナルは体臭に現れる事がある!

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2016/06/14 Vol.176 死の匂い

Joker
Joker

先生、「死の匂い」っていうと何かドラマみたいですね。

くられ
くられ

病気・・・不健康のシグナルは体臭に出たりするよ。そもそもキミはその酒臭いのをなんとかしなさい。

Joker
Joker

おっとこれは失礼。二日酔いなもので・・・

くられ
くられ

またかよ(笑)

今回、初出が2016年の6月と、ポータル記事投稿時と2年半の差があり、その間にさらに色々とあった訳ですが、時系列に関しては敢えて当時のままお送りいたします。

死の匂い

先日、実家の猫が25年の大往生をして、それを見届けました。

思えば自分がまだ生意気盛りの学生のときに、先代の猫が死んでまいっているときに、颯爽と現れて家猫に居座ったラッキー猫なのですが、実家から離れても実家に帰る用事は主に猫の世話というくらいには、愛着をもっていました。

そして猫も自分のことを仲間であると認識していたようで、自分が到着したとたんに気が抜けたように急激に弱っていき・・・というか踏ん張って生きる感じが消え、死の準備をしている感さえありました。そしてあれよあれよと3日で最期を迎えました。

去年は猫白血病にかかってしまった猫を保護して介護、そして見送ることになったりと、2年連続で猫の死と対面してきたというのもあり、そこでやはりというか気がついた1つに匂いがあります。

体臭は不健康のシグナル

このメールマガジンでも何度か紹介している「体臭」。不健康のシグナルとして体臭に現れることから、体臭ケアはまず健康から・・・そして病気や肥満といったものも体臭として出るというのは、わりと知られた事実です。

特に、代表的な病気は特徴的な匂いを持つ事があります。それに関しては、以下の記事でも触れています。

【口臭対策】口臭の複合的な要因:匂いによっては病気の可能性も!?
口臭というのは、口内の細菌の営みから生み出された臭気成分、肺から出てくるにおい、そして胃から上がってくるにおいが総合して出来上がるものです。こういった要因を知らずしてケアは出来ませんし、口臭や体臭から病気が発覚することもあります。

アメリカでは癌を呼気中から犬に見つけさせるという実験がある程度成功し、興味深い検査法が出現しつつあるとか、センチュウが前立腺癌を見つけるとかそういうニュースが増えていますね。

自分は何人か、明日死ぬという人を見てきましたが、そこで感じた「匂い」と猫からも発せられていた「匂い」はほぼ同じ感じではないかと感じます。

もちろんキー物質がなんなのかも不明ですし、あくまで自分の主観なので科学的とはぜんぜん言いがたいのですが、明らかに「死の匂い」を感じることがあるのです。

しいて言えば加齢臭の奥に、松ヤニを焦がしたような匂いとでも言えるのですが、明らかに加齢臭とか老人臭に紛れて、ぐっとくるヤバさを感じる匂いがある気がします。

おそらく身体が死に向かう時になんらかのホルモンなり特異な生理活動から、そうした匂いになるのだろうと思うのですが・・・

これが終電や早朝の電車に乗っていると、たまーーーーに、まだ40台そこそこのオッサンが、疲れて座っているだけなのですが、横に座ると、かすかに同じ「死の匂い」を感じることがあるのです。

過労からの突然死がちょいちょい話題になりますが、身近な人の危険な兆候は、案外体臭で分かるのかもしれません。

スポンサーリンク

宣伝

露骨な宣伝で恐縮です。「アリエナイ理科ノ大事典II」を、なにとぞ、よろしくお願いします。

アリエナイ理科ノ大事典2
『アリエナイ理科ノ大事典』の第2弾。2018年2月に刊行した『アリエナイ理科ノ大事典』の続編になります。前作未収録記事に加え、新規記事も大量投入(全国から新怪人をスカウト!)。ベスト版を超えるベスト版が出来上がりました!
タイトルとURLをコピーしました