【科学的恋愛指南講座】生物学的に見る男女の話:男女の価値観の差

性差の科学
スポンサーリンク

初出:2016/03/01 Vol.161 生物学的な男女の話 その2

くられ
くられ

生物学的見地からしても男女には価値観に差がある!

Joker
Joker

先生、そうは言っても、話を聞かずに刃物を振り回されるんですが・・・

くられ
くられ

それは人間性に問題がある!警察に相談だ!

Joker
Joker

(・・・でっかいメスを振り回しながら言われてもなあ)

科学的恋愛指南講座、第二回をお送りします。生物学的な観点から見る男女の話、第一回では、どれほど文明的になったとしても、人間にもやはり動物的な側面はある、というお話でした。

【科学的恋愛指南講座】生物学的に見る男女の話:前置き編
男女の駆け引き。モテたい、ちやほやされたい。好きな人と一緒になりたい。ぶっちゃけセックスしたい。そうした感情をまとめて「恋」と人間は呼びます。そんな恋愛の根源たる部分で変わらない部分が人間も動物であるということ。生物学的に見ていきましょう。

今回はより具体的に、恋愛における男女の価値観の違いについて、やはり生物学的に紐解いていこうと思います。

恋愛の価値観の男女差

恋愛に関して男女の価値観は、ぶっちゃけるとセックスのためか安泰のためかで大別できます。

もちろん前者が男で後者が女です。

人間というのは実に複雑な生き物で、思ってもいないことをしたり、損をすると分かっていても、言われたのと逆の行為をしたり、実にカオティックで動物の習性のように読みにくい部分が多々あります。

その上で、まず、人間はDNAの乗り物ですから、基本的に子孫を残すことに関して強い関心がある、という大前提を踏まえておきましょう。

現在の日本はそれが損になるという国策をしているがために、少子化に全力疾走しています。これはこれで深刻な問題なのですが、今回は話が逸れるので横に置いておくとして。

子どもを作るか作らないか、という話を抜きにすれば、性行為自体が大嫌いで受け付けない、という人は少数です。特に男でセックスに興味ない人はかなり少数です。

こういう話をすると何故か激怒する方も一定数いますが、性欲は人間の三大欲求の一つ。その否定は、ご飯を食べられないだとか眠れないだとか、そういう次元での話なので、無闇に押し込めてねじ曲がってしまうとロクな事になりません。

さておき、ここでよく言われる話が、女性の妊娠リスクと、男性の子孫繁栄チャンスの話ですね。

曰く、女性は妊娠すれば10ヶ月は身重になってしまう上に、単一の相手の子孫を残す事になる。まして、その状態で相手に逃げられでもしたら乳飲み子を背負って生きていかなければならない。

一方で男性は、やることをやるだけなのでリスクは少なく、いろんな相手とセックスすれば子孫繁栄のチャンスがあるので、あちこちに種をまく。

と、こういう話です。故に、男性は浮気性で、女性は保守的、という説明に使われやすい話ですが、現実にはそこまで単純でもありません。

セックスは目的なのか過程なのか

こと、セックスをするという事だけを考えるなら、実際問題、避妊の方法は数多くあります。男性だって無作為に妊娠させても良い事はない、というのは、大脳レベルで理解しています。

また、あとは性病の問題もありますが、それは男女ともに共通なので、男女の性に関するとらえ方が、男女の体のつくりから・・・だけから来ているとも言いがたいです。その上で、傾向として、男性はセックス自体が目的で、女性は過程であると考える人が多いと言えます。

どういうことかというと、男性は多少好みでなくてもモノにできるチャンスがあればするが、女性の中でも肉食的で性にオープンな人でも「誰でも良い」わけではなく、その後、良い関係があるかないかという、男からすると損得勘定ともとれる思考があります。

これは、快感の感じ方のメカニズムの違いから来ている部分も多くあります。女性の場合、精神的な安定がとても重要で、ただ単純にセックスするだけで気持ち良くなる・・・というわけではないからです。

それが故に、精神を病んでいる女性がセックス依存気味になるというのは、一時の不安要素を取り除くためにしているわけで、快楽のためにするのは二の次だったりする・・・という現象が起きたりもします。

なので次回はそうした解剖学的なもっと生々しい話になっていくのですが・・・いささか刺激の強い表現もあるものの、この話はあくまで学術的な視点に立った上での話なので、ご理解を頂ければと思います。

下世話なようでいて、本来、こういう話は学校の性教育でガッツリ教えるべきものだとも思います。男女差を理解しなければ、パートナーの尊重も難しいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

次回は以下となります。

【科学的恋愛指南講座】生物学的に見る男女の話:セックスの意識差
今回は、より解剖学的に踏み込んだ、セックスの男女差についての話をお送りします。いささか下世話に感じるかもしれませんが、あくまで学術的な視点に立った上での男女の違いについての話だと、ご理解を頂ければと思います。

科学的恋愛指南講座、一連の記事は以下よりチェックできます。

科学的恋愛指南講座 | アリエナイ理科ポータル
「科学的恋愛指南講座」の記事一覧です。

宣伝

露骨な宣伝で恐縮ですが、「アリエナイ理科ノ大事典2」をどうぞよろしくお願いいたします。