【ダメゼッタイ】危険ドラッグと非合法ドラッグの決定的な違い

危ない薬
スポンサーリンク

初出:2015/03/10 Vol.110 脱法ドラッグ(危険ドラッグ)と非合法ドラッグ
改稿:2019/11/18

Joker
Joker

最近立て続けに薬物で有名人がとっ捕まってますね、先生。

くられ
くられ

まあ定期的に耳にする話ではあるが、ここしばらくは大麻に覚醒剤にMDMAとバラエティ豊かだね。

Joker
Joker

まったくロクでもない話ですね。私はお酒が飲めればそれで十分ですが・・・(グビッ)

くられ
くられ

いや、それはそれで、多少は控えた方がいいと思うが・・・アルコールもドラッグだからな。

Joker
Joker

へい。飲み過ぎには気をつけます。お酒は適量。今日は一杯だけ・・・

くられ
くられ

そう言っていつも「いっぱい」になるだろう(笑)

Joker
Joker

ナンノハナシカナー(棒読み)

くられ
くられ

まあこの飲んだくれはさておき、今回はドラッグの危険性の話である!

麻薬の危険性の話

大麻。覚醒剤。MDMA。薬物の乱用で芸能人が捕まって大騒ぎになったりしますね。

俳優の不祥事で出演映像を封印するなら、テレビ局が不祥事を起こしたら放送権停止とかすればいいんじゃね、と個人的には思ったりしますが、それはさておき。

今回はこの手の非合法なドラッグや危険ドラッグが「どうヤバいか」という話をお送りしていこうと思います。

危ないクスリがどう危ないのか教えもせずに、ただ危ないダメだと言っても仕方がないわけで、こういう話はとても大事です。

スポンサーリンク

非合法ドラッグはもともと医薬品だったものもある

この手のクスリにも色々と種類があり、ものすごく大雑把にとりあえず二分するなら、法律で取り締まられている、いわゆる「非合法ドラッグ」と、その代替品として作られたりして法の網をくぐろうとしている「危険ドラッグ」があります。

この非合法ドラッグと危険ドラッグを比較して云々は大変不毛な話。しかし、あえて言うなら、両者の間にはひとつ決定的な違いがある。

どちらもロクでもないクスリなので危険なのは危険なんですが、非合法ドラッグのほとんどは、もともと医薬品として作られ、使われた経緯があるのです。

つまり、覚醒剤にせよコカイン、モルヒネ(やヘロイン)、MDMAは医薬品として扱われていた時期もあると言うこと。

ちなみに、アメリカでは麻薬というカテゴリーはなく、危険な薬物をスケジュール1〜5までのランク分けをしているだけ、という点が、日本とは違うポイントです。

これを踏まえた上で話をすると、これらの薬物はその当時、万能薬として出てきたものの、次第に濫用者や事故が顕現してきたため、非合法化(アメリカではスケジュール1化)して取り締まられるようになった、と、そういうわけですね。

スポンサーリンク

危険ドラッグの背景からくる臨床例のなさ

一方、近年ボコボコ出てきている危険ドラッグはそもそも非合法ドラッグの代替品として開発されたり、近い構造をしているというだけで使われるもので、医薬品として使われた経緯は殆どのモノで存在しない。これが代表的な非合法ドラッグとは趣を全く異にしているしている部分でしょう。

つまり、臨床データが存在しないわけです。

臨床データが存在しなければ、どのような中毒が起こるのかは不明、ましてや、近年の危険ドラッグは、当局から成分分析されにくいように、複雑な混ぜ物として販売されています。

こうして未知の薬剤が未知の配合になっているとくると、もはや中毒症状が起こって病院に担ぎ込まれても対処療法しかないお手上げ状態というわけです。

スポンサーリンク

一回使っただけで神経を破壊する恐怖のドラッグ

かつて、MPTPという代替ヘロインがアメリカで出現したことがあります。

このMPTPの反応時にできる不純物、MPPが、神経を不可逆的に壊し、あっという間にパーキンソン病にしてしまう・・・というのが知られました。

効果は猛烈で、たった1、2回のMPTPの摂取で、全身をまともに動かすことができないレベルにまでなる人もいたとか。

こうしたケーススタディを見ても、危険ドラッグは代表的な非合法ドラッグよりそういったトラブルが起きる確率は高いのです。

このような得体の知れない副作用や毒性が臨床例が無いことで何が起きるか分からないというのが危険ドラッグの何よりの恐ろしさでしょう。

スポンサーリンク

非合法ドラッグの危険性

じゃあ非合法ドラッグは、危険ドラッグと違ってもともと医薬品だったから大丈夫・・・なんて馬鹿な話は当然ですがありません。

非合法ドラッグを作ってる製造所がアンダーグラウンドである以上、他のまともな医薬品のようなグレードで作られることはまずない。

そうすると、やはり異物混入から未知の副生成物の毒性などが危惧されます。実際にアメリカの麻薬厚生施設では、そういった神経障害(残留水銀とか)や身体障害から復帰することも行われています。

また、トカナの連載でMDMAの話をした時に触れた話ですが、上げ底用の混ぜ物がヤバかったり、均一な混ざり方をしておらず、場所によっては致死量越えとか、そういう危険性もあります。この辺詳細は関連記事にリンクを用意しておくので気になる人はそちらの記事をどうぞ。

そういうわけで、非合法ドラッグと危険ドラッグ、どちらが危険かというのはナンセンスな話であり、どこかの馬の骨が作ってどんな衛生状態だったかもワカラナイものを体に入れるのは、命を張るレベルの相当なハイリスクであるというのは知っておいて損はないと思う。

こういう話を抜きに「麻薬・ダメゼッタイ」とか一辺倒に罵倒広告なんか打っても好奇心の塊の若い世代にはゼッタイ通用しねーって思うんだけどなー。

スポンサーリンク

関連記事

ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳、MDMAの話

「MDMAとMDA」の誕生秘話がヤバすぎる! 日本人が覚せい剤を発明、そして伝説のマッド薬学者・シュルギン博士が登場 - TOCANA
【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳】第22回 MDAとMDMA 前編 覚醒剤に並んで芸能人のスキャンダルの絶えない違法薬物にMDMA、MDAがあります。つい先月もMDAの密造人が逮捕されたりと、話題の多い麻薬ですが、一体どうしてそれほどまでに人の心を惹きつけるのか。そもそもMDMAっ...
本当にヤバイ麻薬はMDA・MDMAじゃない、PMAだ! 致死量30mg、混ぜ方次第で即あの世逝き! - TOCANA
【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳】第23回 MDAとMDMA 後編【前編はコチラ】 MDAとMDMAは、覚醒剤として知られるアンフェタミンとメタンフェタミンの間柄に当たります。MDというのはメチレンジオキシ環を持つという部分の略語で、メチレンジオキシなA(アンフェタミン)、MA(メ...

危険ドラッグの歴史と経緯

「危ない薬」記事一覧

アリエナイ科学メルマ:危ない薬
「アリエナイ科学メルマ」に掲載された危ない薬・・・危険ドラッグや悪用すると危険な薬物に関しての記事一覧です。どれほど危険かを啓蒙するのが目的となっております。

宣伝

ドラッグといえば「毒物ずかん」もよろしく!

「アリエナイ理科ノ大事典」改訂版が発売されました!

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました