【じょかセレクション】バレンタインにオススメのチョコ・カクテル

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2020/02/04 Vol.366 バレンタインにオススメのチョコ・カクテル

Joker
Joker

本日はチョコレートのリキュールを使ったカクテルの話です。

くられ
くられ

チョコといえば、なんか洋酒使ったのもあるよね。自分はお酒ダメだけど。

Joker
Joker

ウイスキーとかブランデーとかラムとかですね。リキュールだとコアントローとか。普通にお菓子作りに使うこともありますが、個人的には甘さ控えめのブラックチョコレートでのんびりウイスキーとか飲みたい。

くられ
くられ

まあ、自分は普通のココアでいいよ・・・飲む?

Joker
Joker

よく練ったのをください。少佐じゃないけど(笑)。

POKA
POKA

はっはっは。チョコレートを溶かし入れるならここに超強力なバーナーがあるぞ! 一瞬で溶けること請け合いだ!(バシャッ)

くられ
くられ

あっつっ熱い!

Joker
Joker

溶けてるというかもう噴射してるじゃないですか・・・

バレンタイン向けのチョレコートカクテル

どうも。Jokerです。2月になりました。そろそろバレンタインシーズン到来ですね。

個人的には、あまりこういった季節のイベントごとに大して興味はないのですが、それでも単純なので、やはりチョコをもらえると嬉しくは思います(笑)。

「お前には甘いモンよりこっちがいいだろ?」的なノリで、ラムをボトルごと差し出されたこともありますが・・・若かりし頃、友人連中と一緒にドライフルーツやミックスナッツ、そして申し訳程度にチョコをつまみながら飲み明かしたこともありましたが・・・

まあ、そんな色気のない話はさておき、シーズンですから、今回はチョコレートリキュールを使ったカクテルでもご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

チョコレートリキュールなら「モーツァルト」「ゴディバ」

チョコレートリキュールといえば、有名なのは「モーツァルト」「ゴディバ」です。モーツァルトならチョコレートクリーム、ブラックチョコレート、ホワイトチョコレート、ゴディバにもノーマルなものの他にホワイトチョコレートがあります。

大きいボトルで買うと結構なお値段の上に持て余しがちになるリキュールですが、小さいボトルも売っているので、ちょっと試しに飲んでみたい・・・くらいであれば、50mlの小瓶を買えば十分でしょう。

ちなみに、似たようなリキュールに「カカオリキュール」というものがあります。

チョコレートリキュールとの違いは何かというと、それはもちろんいろいろとあるのですが、一番大きな特徴は「クリームが使われているか」になります。

大雑把な言い方をすると、カカオリキュールにクリームを混ぜたのがチョコレートリキュールです。

カクテルによっては透明感のある色合いを出したい、という場合もあると思いますが、そういう時はクリームで色が濁っていない、カカオリキュールを使うのが良いでしょう。

カカオリキュールに生クリーム、みたいなレシピであれば、チョコレートリキュールで代用する、というのもアリだと個人的には思います。

では、カクテルをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

チョコレート・マティーニ

チョコレートリキュール30ml、ウォッカ30mlをステアして作るのが「チョコレート・マティーニ」です。ウォッカを使う上に、チョコレートリキュールも15〜17%ほどなので、アルコール度数は高め、その割に口当たりは良いので、気をつけて飲みたいカクテルですね。

シェイクで作るレシピや、ウォッカの代わりにジンを使うレシピもあります。この辺はお好みで。グラスの縁にココアパウダーなんかをつけても良いですね。

ちなみに、ジンを使う場合、ジンを多めに45ml、チョコレートリキュール15mlをシェイク、カットライムを添えて氷入りのグラスに注ぐと「チョコレート・ギムレット」になります。

また、以前、レディーキラーカクテルとして紹介した「ルシアン」は、ウォッカとジンと、こちらはカカオリキュールをそれぞれ同量ずつシェイクして作るわけですが、チョコレートリキュールで作っても美味しいと思います。

スポンサーリンク

カフェショコラミルク

チョコレートリキュールは飲んでみたいけど、度数が強いのはちょっと、という場合、シンプルな牛乳割りもオススメです。

これはやはり牛乳編でご紹介した「モーツァルトミルク」がそうです。

また、カフェモカという感じで、チョコレートリキュール15ml、カルーア15ml、牛乳適量(90mlが標準)で作る「カフェショコラミルク」もオススメです。リキュールと牛乳の量のバランスはお好みで調整しましょう。

バレンタインシーズンであれば、牛乳をホットミルクにした、ホットカクテル仕様のカフェショコラミルクも良いですよ。

牛乳を多めにしてチョコレートを溶かし入れるとか、ココアパウダーを振ったり、それこそ最初からミルクココアにして、そこにリキュール類を足す・・・というアレンジも良いでしょう。

この辺、加減が効きやすいので、お酒に弱い方はアルコール少なめで調整すると良いでしょう。

と、長くなってきたので今回はこの辺で。

・・・散々語っておいてなんですが、私自身はそれほど甘いものが得意ではないので、チョコを嗜むのならウイスキーを傾けながら、というのが良いですね(笑)。

スポンサーリンク

関連記事

チョコカクテル続編

前回:ホットカクテルとアイス

レディーキラーカクテル

牛乳を使ったカクテル

チョコと相性のいいリキュール「コアントロー」

くられ先生のチョコレートの科学

「じょかセレクション」記事一覧

じょかセレクション
「じょかセレクション」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました