ヘルドクターくられの「俺コラム」:メディアはスポンサーを見るべし

リテラシー
スポンサーリンク

初出:2016/04/12 Vol.167 俺日記「スポンサーと記事」
改稿:2020/05/18

くられ
くられ

本日はスポンサーと記事の関係について触れていこう。

Joker
Joker

と、言いますと、いわゆる「提灯記事」とかですか? 「このサプリメントがイチオシ!」みたいな。

くられ
くられ

そういうクソみたいな記事ももちろんあるが、そうでなくても、お金出してるスポンサーに批判的な事は配慮を求められることがあるんだよね。

Joker
Joker

なんともわかりやすい「大人の事情」ですね・・・

くられ
くられ

まあ、ブッチして書く時もあるのだが、それはそれとして(笑)

Joker
Joker

やりすぎるとお仕事回してもらえなくなるのでは・・・

POKA
POKA

はっはっは。そういう時はとりあえず爆破してオチをつければ良いのである!

くられ
くられ

その露骨に怪しいスイッチは・・・押すなよ。フリじゃないぞ。押すな!

POKA
POKA

はっはっは。それ、そんなに気になるならこのスイッチは進呈しよう(ポイッ)

Joker
Joker

あわわわわわ・・・

POKA
POKA

それはどうせダミーで、時限式だしな!(BOMB!)

スポンサーを見て、世の中の裏面を見る

雑誌でも、メルマガでも、ウェブ記事でも。

その記事の中身を判断する時は、スポンサーを必ず確認するようにしましょう。

スポンサーを見ると、面白い側面が浮かび上がり、結果的に、世の中の裏面を垣間見ることができます。

今回はそんな、スポンサーと記事の関係の話をお送りします。

スポンサーリンク

スポンサーへの配慮で記事に駄目を出される

とりあえずは、構造をわかりやすくするための例え話から。

とある男性誌からの依頼で、健康に関する記事の仕事を受けたとしましょう。

「タバコは絶対止めて、酒は控えて、三食自炊でしっかり肉も野菜も食べる。過度なストレスを避け、運動をして、睡眠をたっぷり取る」

ごく当たり前の事ですが、常日頃から言ってるように、健康の基本の話です。特に運動はきちんとしろ、サプリとか補助的なものは後、と、ことあるごとに申し上げています。

スポンサーリンク

が、しかし、こうした内容も、スポンサー次第で駄目を出される事がままあるのです。

タバコ会社がスポンサーにいたら、「タバコは絶対止めろ」はNG。
見開きでブランデーの広告を載せてるから、酒に関する記述はもっと甘めに。
ファミレスやコンビニの広告もあるから、自炊を推薦するのもちょっと・・・

こんな感じで、スポンサーへの配慮を求められる事があるわけです。

例え話とは言いましたが、実際に似たような事例であーたらこーたら言われたことがある・・・というのは、まあ、生放送とか講演の話のタネにしたこともある通りでして。

割と誇張なくこういうことを言われますし、度が過ぎると、結果的には、ロクな内容が書けなくなります。自明の理ですね。

スポンサーリンク

中には「提灯記事」もある

もちろん、全部が全部という訳ではありません。ありませんが、しかし、中にはよりヒドい場合もあります。

よくわからんゴミのようなサプリ会社が広告を出してたりすると、それを爆推しするように、という指示が入る事だってあります。

いわゆる「提灯記事」という奴。

故に、女性誌なんかで健康特集とかが、クソを煮詰めたような訳の分からんオカルトじみたものになったり、謎の商品やブームを爆推ししてたりと、カオスな現象が起こる訳です。

これは雑誌に限った話でもなく、ウェブにもスポンサーべったりのサプリ体験レポートみたいなアフィブログがあったりするのは、見た事がある方も多い事でしょう。

スポンサーリンク

批判記事を透かし見る

また、特に批判記事の場合は、そのメディアとスポンサーをよくよく見てみると、本質が透けて見えます。

わかりやすい例がテレビ。

地上波のテレビでは「テレビを消せ」と「チャンネル変えて」は禁句中の禁句だそうですし、またYouTubeなどの動画サイトの名前を出すのも局によってはNGだったりします。

例えば、真夏に節電を訴えるテレビ番組がありますが、一般的なテレビは150Wくらいあるので、消費電力もすごいですが、その熱はひよこ電球3個分、数人の人が部屋にいるレベルでの温度上昇となるので、クーラーの効率も考えるとテレビ消せ・・・なわけですが、絶対に言えないですね(笑)

節電の話をするならテレビの電源を切るのが超効果的なわけですが、それにはテレビは触れられない・・・というわけです。

同様に、大手新聞の記事なんてものは、記者クラブで発表されたものを書いているに過ぎず、逸脱した記事を載せると記者クラブから追い出されるので・・・と、ジャーナリズムとはなんなのかというレベルなのが、マスメディアというものです。

なので世の中の本質を見るには、この辺の事情を透かし見るのが大事です。

日の強く当たっている部分を通して、本体を透かして見る事で、当たらずとも遠からずな本心や弱点を知る事ができます。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事

大きな事件が起きると、人間や会社の本性が見える

情報の取捨選択に便利な「番長制度」

地上波のニュースは情報収集としては非効率

ワイドショーはストレス源にしかならない

偏向報道にご用心

ネットの悪口はブーメランになる

ヘルドクターくられの「俺コラム」記事一覧

俺コラム
「俺コラム」の記事一覧です。

「リテラシー」カテゴリ一覧

アリエナイ科学メルマ:リテラシー
「アリエナイ科学メルマ」のリテラシー・・・ICTや科学など、普遍的な知識として押さえておきたい記事の一覧となります。
タイトルとURLをコピーしました