体から出ていく水分とミネラルの関係:不足しがちなカリウムを補う

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2017/06/20 Vol.229 尿とナトリウムとカリウム

くられ
くられ

・・・・・・(ブイーン)

Joker
Joker

おや先生、バナナミルクですか?

くられ
くられ

今日はちょっと暑かったし、水分を取るついでにちょっとカリウムを補給しておこうかと思ってね。

Joker
Joker

ああ、塩分はともかく、カリウムは不足しやすいんでしたっけ。

くられ
くられ

うむ。みんな大好きなラーメンとか塩分たっぷりだし。ナトリウムの排出にカリウムが使われるので、補給は大事なのだ。

Joker
Joker

あー、なるほど・・・とりあえず家でラーメン食べる時は乾燥ワカメとか使っておきます。

くられ
くられ

ところで、バナナみるみる出来たんだけど、飲む?

Joker
Joker

いただきます!

体外への水分排出の仕組み

春が過ぎて、夏がやってくると、高温多湿の猛暑がやってきますね。暑くなってくると、頻繁に水を飲むようになります。

これは熱中症対策としても必要な事ではあるんですが、水分を多く取ると、その分トイレも増える、なんて人も多いと思います。

そこで今回は、体外への水分の排出について、ちょっとした豆知識をご紹介しましょう。

水分の排出経路は、汗や尿な訳ですが、呼吸によっても出て行きます。

1日あたり、汗や呼気から1〜2リットル、そして尿から1.5〜2リットル程度の水分が体から出ていきます。これはもちろん基準値なので、置かれた環境によっても変動するのは言わずもがな。

こうして見ると、意外に皮膚や呼気から失われる水分量が多いのがわかります。砂漠で遭難して、尿を飲んで水分を回収したとしても、すぐに死ぬのはそういう理由です。

ともあれ、1日で2.5リットル以上も水分が出て行くので、最低でも2リットルは水分を取りましょう、みたいな風に言われる訳ですね。

スポンサーリンク

尿の作られ方

さて、ではこの尿はいったいどうやって出来ているのでしょうか。

尿とは、腎臓で血液をろ過して作られている訳ですが、まず「原尿」と言われるものができて、そのうちの99%の成分が体に再吸収されます。この過程で残った老廃物と水分が排出されて、膀胱に溜められたものが尿です。

とてもざっくりとした説明ですが、こういった働きを持つので、腎臓を壊してしまうと摂取する水分や塩分を制限され、重傷だと人工透析が必要になる次第。乱暴な言い方すると、体の浄水フィルターが目詰まりを起こして機能しなくなっちゃったので、血液を体外に出して綺麗にしてやらなければならない、という感じです。

さて、それはそうとして、健康であれば、相当量の水を飲まない限りは、尿を作る負担で腎臓が痛むということはないので大丈夫です。

むしろ腎臓へのダメージが大きいのは塩分過多などの方なので、たびたび「塩分の取りすぎに注意」なんて話になります。

スポンサーリンク

尿とナトリウムとカリウム

さて、尿はナトリウムの排出の調整にも使われています。なので、水分を大量に取った場合、ナトリウムも不足する事があります。

とはいえ、日本人はもともとナトリウム過剰摂取(要するに塩分過多)に近いので、そうそうナトリウムは不足しません。

気にしなければならないのは、一緒に排出されるカリウムの方で、こちらは不足しがちです。

そもそも、このカリウム、ナトリウムの排出に使われる形で一緒に排出されるので、塩分の多い食生活をしている人は、カリウム分も多めに取るようにした方がいい、とされています。

カリウムは海藻や果物といったもので摂取できます。この辺の事情もあるので、以前、忙しくてもバナナを食べたり、乾燥した奴でいいのでワカメの酢の物でも作って食べよう、などと紹介した事があります。

とりあえず、バナナはカリウム多めの万能食材なので、暑い時期のスタミナ回復には大変向いていると思います。

みんなでバナナみるみるを飲もう!(笑)

スポンサーリンク

関連記事

毎日でも飽きない美味しい「バナナみるみる」でカリウム補給

ヘルドクターくられの「毎日でも飽きない!バナナみるみるの作り方」
今回はアリエナイ理科ポータルのオリジナル突発企画として、科学動画で紹介したバナナみるみるの作り方の詳細をお送りしよう。丸投げされた事だし、どこで材料買うのが良いかも紹介していきます。

お手軽に野菜の栄養を取るには、乾燥ワカメとバナナが良い

お手軽栄養バランス講座:中身が○○の青汁よりずっと良い方法がある
青汁自体は、素材がまちまちで、いろいろな植物をすりつぶして乾燥させた粉なのですが・・・「新鮮な大麦若葉」という商品はまごうととなき猫草です(笑)。食べて悪い事はないのですが、まずいものをわざわざ食べるより良い方法があります。

熱中症と体温調節の仕組み

意外と知らない熱中症の危機管理:体温調節の仕組みを知ろう
連日のように酷暑が続きます。熱中症にはお気を付けて・・・というのはお天気ニュースの常套句だが、この熱中症とは何が起こってるのか、それを知っていると知っていないでは、危機感が全然変わります。短時間サウナより長時間猛暑の方がヤバいのです。

実はすごい日本の水道水の話

ミネラルウォーターと実はそれよりずっと凄い日本の水道水の話
用途別の水の分類の話をお送りします。まず飲料水とそれ以外があります。常水(水道水)、精製水、蒸留精製水、注射用水、脱イオン水、純水、超純水などなどいろいろあります。今回は一般的なミネラルウォーターの類いと水道水の話です。

暑くなると楽しい水遊び・目に見えない身近な危険にはご用心

【身近な危険】ちょっとした水遊びから大惨事に?池や川にご用心!
春から夏、少しずつ気温が上がっていくと、水遊びが楽しいシーズンですが、しかし、池など、顔や口にそうしたよどみの水が入るような状況は年齢を問わずあんまりよくありません。理由は汚いからですが、今回はこれを、もっと明確にご紹介していきます。

「サプリメント」記事一覧はこちら

サプリメント
「サプリメント」の記事一覧です。

宣伝

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました