撮影前に最適!むくみを取って小顔になるリンパマッサージ!

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2015/09/22 Vol.138 小顔になるマッサージ

顔のむくみの仕組み

体を構成する循環器の中でも、高校の生物でもほとんど触れられず、解剖図でもハブられることが多く、地味な扱いを受けているリンパ系ですが、免疫をはじめ老廃物の排泄などに非常に役立っている系です。

このリンパ系はあちこちに関所があるものの、自立して流す能力は低く、運動不足や筋緊張があると簡単に流れが悪くなります。

その結果が、むくみであって、朝起きたばかりは顔がむくんで別人のよう・・・というのもよくある話です。

リンパ系は本来運動によって流れていくように出来ているので、運動不足になったりデスクワークが中心だとすぐに詰まってまわりに水があふれ出して、その結果、その付近の組織がはれぼったい感じになるわけです。

とくにフェイスラインは露骨で顎下リンパ、顎リンパ、耳下腺、と、耳のうらから鎖骨の上あたりにかけてリンパ節が多く分布しており、むくみが起こりやすい部位ともいえます。故に朝起きるとフェイスラインがぼけてブス顔になるわけです。

スポンサーリンク

リンパマッサージでむくみ取り

このむくみは、強制的に揉み出すことで押し流しスッキリさせるのがリンパマッサージというもの。リンパマッサージは流派がいっぱいあって(笑)、痛いのはだめとか、少し痛い方がよいとか、おもいっきりやっても大丈夫とかいろいろです。

とりあえずそういうのは無視して、小顔になるという目的で考えると、オイルやワセリンを手に付けて親指や人差し指でおもいっきり、耳の後ろのくぼみから顎の後ろのくぼみにかけてぐりぐりと押し込んで、そのまま鎖骨の中心までグリングリンマッサージすることで、強制的にむくみをとることができます。

とくに記念撮影なんかをする場合は、撮影1、2時間前にやっておくと、フェイスラインがはっきりして写りがよくなります。

マッサージに使うオイルなどは、以下の記事もご参考までに。

マッサージオイルは高すぎる!?自作にチャレンジしてみよう!
エステなんかでよくあるオイルマッサージですが、やろうと思えば普通にご家庭でできるもの。しかし気になるのはマッサージオイルがなかなかお高い事です。成分を見ると、実はそれほど大した事はないので、今回は自作する方法をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました