撮影前に最適!むくみを取って小顔になるリンパマッサージ!

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2015/09/22 Vol.138 小顔になるマッサージ
改稿:2019/09/17

Joker
Joker

先生、最近、顔のむくみが気になるんです・・・

くられ
くられ

むくみ取りにはリンパマッサージが良いぞ。小顔になるのでグリグリとマッサージしてやるといいが・・・君の場合は、酒の飲み過ぎじゃないかね?(笑)

Joker
Joker

や・・・返す言葉もないですが、お酒を控えてちょっとマッサージをしてみますね。

POKA
POKA

はっはっは。リンパマッサージか! ここに試作のマッサージ器があってな! どんなリンパ詰まりも超高出力でドバドバ流れること間違いないぞ!

Joker
Joker

いや、手でマッサージしますから・・・なんですかその全身こなごなに粉砕されそうな機械は・・・

POKA
POKA

遠慮するな! ちょっとマッサージオイルを切らしているが・・・まあ機械油で良かろう。ではスイッチオン!

起き抜けに気になる顔のむくみ

むくみ。

朝、起きたばかりの時、鏡を見ると、顔がパンパンにむくんでしまって、別人のよう・・・

よくある話でして、お悩みの方も多いと思います。

顔のむくみの原因は、リンパ系にあります。今回は、顔のむくみの仕組みから、このむくみを解決する「小顔マッサージ」について解説していきましょう。

スポンサーリンク

顔のむくみの仕組み

体を構成する循環器の中でも、高校の生物でもほとんど触れられず、解剖図でもハブられることが多く、地味な扱いを受けているリンパ系ですが、免疫をはじめ老廃物の排泄などに非常に役立っている系です。

このリンパ系はあちこちに関所があるものの、自立して流す能力は低く、運動不足や筋緊張があると簡単に流れが悪くなります。

その結果として起きるのが「むくみ」です。

リンパ系は本来運動によって流れていくように出来ているので、運動不足になったりデスクワークが中心だとすぐに詰まってまわりに水があふれ出して、その結果、その付近の組織がはれぼったい感じになるわけです。

とくにフェイスラインは露骨で顎下リンパ、顎リンパ、耳下腺、と、耳のうらから鎖骨の上あたりにかけてリンパ節が多く分布しており、むくみが起こりやすい部位ともいえます。

故に朝起きるとフェイスラインがぼけてブス顔になるわけです。

スポンサーリンク

リンパマッサージでむくみ取り

では、このむくみを取るにはどうしたらいいのか、というと、マッサージが良いです。

いわゆるリンパマッサージというものですね。詰まってしまって流れが悪くなっているのなら、揉みほぐして強制的に押し流してスッキリさせてしまおう、ということになります。

リンパマッサージは流派がいっぱいあって(笑)、痛いのはだめとか、少し痛い方がよいとか、おもいっきりやっても大丈夫とかいろいろです。

とりあえず、今回はそういうお作法については置いておきます。

今回は「むくみを解決して小顔になる」という目的で考えましょう。

まず、オイルやワセリンを手につけて、親指や人差し指でおもいっきり、耳の後ろのくぼみから顎の後ろのくぼみにかけてぐりぐりと押し込んで、そのまま鎖骨の中心までグリングリンマッサージすることで、強制的にむくみをとることができます。

とくに記念撮影なんかをする場合は、撮影1、2時間前にやっておくと、フェイスラインがはっきりして写りがよくなります。

スポンサーリンク

関連記事

マッサージに使うオイルなどは、以下の記事もご参考までに。

頭皮のマッサージ

フェイスケア、スキンケアには自作化粧水がオススメ

宣伝

「アリエナイ理科ノ大事典」改訂版が発売されました!

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました