くられ先生のダイエットコーヒー:キモは「レプチン」の働き 後編

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2017/11/28 Vol.252 レプチン 後編

Joker
Joker

先生、前回の記事読んでちらっと思ったんですが、レプチン注射しまくれば痩せるんじゃないですか?

くられ
くられ

痩せるとは思うよ。その場しのぎにしかならんとも思うけど。

Joker
Joker

ああ、いつも言ってる、ダイエットとは体質・生活習慣の改善である、と・・・

くられ
くられ

その手助けにMCTオイル使ったレプチンハックは役立つだろうけどね。糖・脂質の分解も促進するんじゃないかなーって感じもあるしね。

Joker
Joker

しかしそのエネルギーを消費しないと、ということで、つまりはいつもの・・・

くられ
くられ

運動は全てを解決する!

レプチンの働き

さて、前回では、レプチンとはどういうものなのか、という話を簡単にしました。何度も話していることですが、そもそもダイエットとは、体重を減らす事が目的なのではなく、体質・生活の改善によって、健康を増進するのが目的です。

それを踏まえた上で、今回は、より具体的にレプチンの働きについて、ひいては、肥満とダイエット、健康についても触れていきましょう。

さて、レプチンの働きを簡単にまとめてみます。

白色脂肪細胞でレプチンが作られる

視床下部にあるレプチンレセプターにレプチンが届く

満腹感、満足感が発生

食欲低下

だいたいこんな感じです。

スポンサーリンク

ダイエットコーヒーのレプチンハック

話題のダイエットコーヒーは、このレプチンの働きに目を付けています。中鎖脂肪酸を摂る事でレプチンを多く分泌させて「もうお腹いっぱい」と脳みそに誤認させる訳ですね。

なので、ダイエットコーヒーのキモはこのレプチンの働きであり、そのために必要なキーとなるのが中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglyceride)、MCTオイルなのです。簡略化されたレシピでグラスフェッドバターを省いたり、夜用にカフェインレスということでカルピスをベースにしてても、MCTオイルだけは絶対に入れてるのは、それがキーとなる物質だからなのです。

レプチンと満腹感の個人差

前回では、レプチンの注射による臨床実験の話をしました。実際に人間のレプチン濃度がBMIとも大きく関係していることも分かってきてます。

血中レプチン濃度と体型が比例グラフに近い偏差で出ていることも知られています。

だったら、なおさらに「レプチンを注射しまくってガンガン痩せたい!」と考える人もいるかもしれませんが、さにあらず。人間は大脳が非常に大きいので、脳に働く成分の効き目はかなり動物より変わった感じになります。

レプチンは脳内に入って始めて効果のあるものなので、実際にレプチンを注射してもそれが脳に行かなければまったくもって効果を発揮しません。

このことは、すぐにお腹がいっぱいになる人、そうでない人という個性にも表れています。

これらレプチンのようなホルモンが、正常に、脳に素早く伝わる人であれば、満腹感が得られやすく、緩慢な人は、いくら食べてもなかなか満足感を得られない、という図式になります。

スポンサーリンク

レプチン維持に必要な最低限の脂肪細胞

また脳に入り、レセプターと結合したレプチンからは、食欲抑制だけでなく、交感神経を活性化し、活力を生み出し、代謝が後手後手にまわりがちな糖脂質の分解も促進し始めるようです。

さらに血圧を高めたり、生殖ホルモンのマスターホルモンとして機能していることもわかってきました。マラソン選手などの極度にBMIが低い女性では、無月経や不妊症になる場合があるのはレプチン不足だからと言われています。

なので健康的な体型維持には最低限の脂肪細胞もまたレプチンのために必要であるとも言えます。

特に一部の女性が求める棒人間のような体型に拒食症で至る例では、体脂肪が少なすぎて、いわば正常な満腹感の取り扱いマニュアルを紛失している状態です。

拒食症がなかなか治らなかったり、直っても今度は異常に太りやすくなったりと、ロクなことが起こらないのも、こうした本来のバランスを崩してしまった結果とも言えるわけです。

つまり、もしレプチンを安く大量生産できたとしても、レプチンを注射しても、その場しのぎの減量にしかならないということです。

最初の方に述べた通り、このレプチンの代謝をうまくハックしたのが中鎖脂肪酸を使った方法で、それがダイエットコーヒーな訳ですが、体の「健康的な」バランスを保つことが最も大事な要素と言えます。

ようするにまた運動すればいい というオチじゃねえか というのは気のせいです(笑)。

関連記事

前回の記事はこちら

くられ先生のダイエットコーヒー:キモは「レプチン」の働き 前編
ダイエットに良い、ということで話題になったバターミルクコーヒー。その効果のキモとなるのが、「レプチン」です。レプチンの働きに気が付き、レプチンをハックすることこそ、ダイエットの本道である、というのが、もともとの提唱者の主張です。

また、具体的なバターミルクコーヒーのレシピは以下です。

くられ先生の簡単ダイエットコーヒー:楽々レンチン手抜きレシピも!
かつてメルマガで、ダイエットに良いというバターミルクコーヒーのレシピを紹介したところなかなかの反響がありました。科学動画で公開したダイエットコーヒーについて、今回は改めて振り返ってみるとともに、補足などを加えていければと思います。

記事でも触れた通り、レシピの中で重要かつ手に入りにくいのはMCTオイルですが、これは通販が手軽かと思います。

ダイエットコーヒーの効果はレプチンをハックして食欲を低下させ、ドカ食いを防ぐ、という点にあるわけですが、食欲の仕組みに関しては以下をご参考にどうぞ。

【ダイエット】健康的に痩せるには、食欲の仕組みを知るのが大事!
ダイエットの敵。食欲。健康的な食生活をして適度な運動をしていて、飲酒喫煙を控えめにすれば、相応に太ることはありません。そんなことは誰でも知っているけど、それができないのは「食欲」があるからです。今回はこの食欲とダイエットについてです。

また、「ダイエット」に関しての記事一覧は以下です。

ダイエット | アリエナイ理科ポータル
「ダイエット」の記事一覧です。

宣伝

大好評につき早くも第3刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。