季節の変わり目の頭皮トラブル:その腫れ物、洗いすぎが原因?

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2015/11/10 Vol.145 冬場のシャンプー

Joker
Joker

先生、最近なんか頭に腫れ物ができやすいんですよね。もっと良く洗った方がいいのかな?

くられ
くられ

洗いすぎも良くないのよねー。一概には言えないけど!

冬場のシャンプーと頭皮のケア

日本の冬は気温が下がり、空気が乾燥していきます。従って、それにあわせたスキンケアをしてやらねばなりません。今回はシャンプー、そして頭皮の健康についてクローズアップしていこうかと思います。

ちなみに冬場のボディケアの方は、以下の記事で触れました。

スキンケアは睡眠も大事!睡眠の質を高めて体の回復力アップ!
体の再生は睡眠中に行われます。故に睡眠不足が続くと、肌が荒れてくる他、臓器や神経のダメージも蓄積していくわけです。今回は睡眠の質を高めるお風呂のタイミングと、風呂上がりのスキンケアなどについて触れていきます。

さておき、頭皮も肌も、基本的には千差万別。それぞれが自分の体質体調を把握し、新しいことをする(ものを使う)場合は、注意深く自分の体の変化を観察することが大事です。

特に季節の変わり目に多いトラブルとしては頭皮のニキビ様の腫れ物の類い。

もちろん、不衛生が原因でおかしくなるということもあるのですが、何日も風呂に入らない、頭も洗わないとか、そういう論外の状況でなければ、他に原因があります。

これらの原因は、白癬菌であったり、アクネ菌だったり、毛包虫の増えすぎだったりするのですが、その根幹は正常な免疫システムが崩れていることが原因と言えます。

その崩れたバランスを戻すために、アミノ酸系の刺激の弱いシャンプーにしたり、あえてしばらく湯シャンで過ごしたりする他、ニキビ用の薬を使ったりと諸々の解決策があり、どれが良いとは一概にいえません。

【ニキビを治す】処方薬が一番良く効く!ただしヤブ医者には注意!
実際にニキビで病院に行くとどうなるのでしょう?当然良い治療薬があります。特に近年めざましく良い薬が出ており、市販薬は比べるまでもありません。ニキビは処方薬が最も有効です。馬鹿高いサリチル酸入りの洗顔料なんか買うくらいなら、病院へ。

ただ、土木作業員やアスリートでもない限り、冬場は代謝物が少ない事もあって汚れも溜まりにくいです。なので、しばらくシャンプーをせず、お湯だけで頭を洗う、いわゆる「湯シャン」を2、3日してみて、様子を見てみるのも一つの方法だと言えます。お金もかかりませんしね(笑)。

翻って、仕事の関係上、冬場でも大汗をかくような仕事をされている方は、きちんとシャンプーした方が良いです。個人の体質の他、こういった環境的な条件もあるので、単純に「これが良い!」と一刀両断にはできません。していたら詐欺だと思っても良いほど。

なお、湯シャンは、シャンプーなどを使わず、髪の毛の油分が全部落ちるような洗浄をしない、というのが眼目になります。頭皮をシャワーで揉むように洗いましょう。

湯シャンの良くない点は、皮脂に溶けた煤煙や有機溶剤、その他アレルゲンなどを落としにくいというところもあるので、一概に湯シャンしておけばOKという極論にもならんのですが、冬場に関して、デスクワーカーであればなおさら、一度自分の頭皮の免疫力を信じてみるというのもありかもしれません。

スポンサーリンク

その他スキンケア関連記事

また、頭皮の乾燥については、別の記事もあるので、フケが増えたな、といったお悩みを持つ方は以下もご参考に。

頭皮の保湿にグリセリン:頭皮のケアにも自作化粧水が効果アリ!
スキンケアの仕方も、季節に合わせたものが必要になってきます。乾いた空気が吹きすさぶ秋・冬は、他の季節に比べてより保湿に気を配らねばなりません。それは頭皮についても同様で、フケが増えたように感じる人は特に注意した方がいいでしょう。

シャンプー、トリートメントの後に、残り湯にグリセリン少々を入れてかぶると、保湿力がアップします。

もちろん、スキンケアの定番、自作化粧水を頭皮に揉み込んでも良いです。

【スキンケア】ヘルドクターくられ推薦・自作化粧水の詳しい作り方
あちこちで話題に出しているので、すっかりお馴染みになってしまった自作化粧水。今回は、美容における化粧水の役割と、なぜ自作が良いのか、そして作り方を改めておさらいしていこうかと思います。

その他、スキンケアの話はあちこちでしております。以下のタグからも一連の記事は確認できます。

スキンケア | アリエナイ理科ポータル
「スキンケア」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました