怪しい募金に気をつけよう・くられ先生の募金詐欺講座

リテラシー
スポンサーリンク

初出:2021/08/01

Joker
Joker

募金、ですか。あの、箱持って「恵まれない人達に〜〜」って奴ですよね。あと動物保護とか。

くられ
くられ

うん。まあ、その中に募金詐欺が紛れ込んでることがあるんだよね。

Joker
Joker

あー・・・人の善意に付け込むって奴ですか。タチ悪いですよね。

くられ
くられ

もちろん、全部が全部そうだと言ってる訳じゃないし、ちゃんとしたところもあるのだが、今日はその辺の見分け方をね。

POKA
POKA

はっはっは! 中にはグイグイ来る奴もいるようだが、この手袋を付けてちょっと握手をしてやるとだいたい素直になるぞ!!

Joker
Joker

POKA先生、なんですがその、アイアンマンみたいな手袋。リパルサーでも発射するんですか?

POKA
POKA

いや、残念ながらそういう機能は付けてない。ほら、こうして握手すると(バリバリバリバリ!)電撃が流れる仕組みだ!

くられ
くられ

あんぎゃーーーーーー!!!(プスプスプス)

町中で見かける募金・どれほど信用できるのか?

町を歩くと、貧しい子供達や被災者、そして動物保護などの寄付を募っている募金を見かけることがあります。

なんとなくスルーしてる人が多いかもしれませんが、東京や大阪、福岡などの都市部では、詐欺とも言えるインチキボランティア団体が募金を募っていることも多いので、地方から出てきた人をカモるために積極的に声を掛けてきたりします。

そんな人のために、その募金を行っている団体が信用に値するか、それを紹介しましょう。

スポンサーリンク

組織と活動報告をまずチェックする

まず、募金を行っている人に、どういう組織なのかをちゃんと聞くことが大事です。

だいたいが「NPOです」とか「なんとか法人です」なんですが、NPOはNPO法人なのかただのNPOなのかを聞いてみて、この区別もできないような人ならまず要注意です。

そして団体名を聞いたら、まずはWebサイトを確認しましょう。今ならスマホがあるので誰でもその場で確認できます。

そのときに「うちはホームページはないんです」みたいなことを言ってるなら怪しさ無限大。募金活動をしているのに活動報告の場がないのはかなり不審だと言えるでしょう。

もちろん出始めのちゃんとした団体かもしれませんが、申し訳ないけど怪しい団体と区別ができない時点でリスキーです。

スポンサーリンク

Webサイトの出来ではなく中身を見る

Webサイトは綺麗につくられているところもけっこうありますが、見るべき場所はサイトの出来ではありません。

重要なのは、活動報告のコーナーや代表者の挨拶などです。頻繁に更新されていて、代表者や中の支援者の名前が実名でしっかり入っているかどうかを見れるとすごくいいです。

募金している人がその写真に写り込んでいるなら信用度は高いといえます。だいたいちゃんとしたNPOは募金されたお金をちゃんと使っていることを報告するために収支報告をしています。

「収支報告がない」「活動報告がない」というのはちょっと怪しいと言えます。

スポンサーリンク

代表者やスタッフの名前で更に調べる

ここで、代表者やスタッフの名前を、さらに検索にかけてみると、本人の活動が出てくると信憑性高いです。

もちろんここまで詐欺として作り込むこともありえますが、詐欺師というのは労せずに金を得たいのが本質なので、深掘りしてもちゃんと出てくるなら信用に値します。 

また、募金をつのっている団体名もついでに検索しておけば、どういったメディアに出たのか、誰とどんな活動をしたのか などが出てくるので、そこに出てくる人も信用を見極めるのに役立つでしょう。

そして一番大事なのは、募金をしている人の風体、身なり、語り口調です。

調子が良く、困っている人を助けない貴方は悪みたいに、つっこんでくるヤツは高確率で詐欺です。こうしたしつこい募金勧誘は、詐欺というか、募金活動に時給の出ている怪しい団体で間違いありません。

スポンサーリンク

くられ先生の突撃取材・募金詐欺編

ちなみに過去にヤバい募金グループに取材したときがあるので、その辺の話を。かつて、自分もひっかかったことがあるので、その復讐もこめて、です(笑)。

某有名駅で、しつこい募金詐欺のあんちゃんを探すために大きな荷物を持って駅構内をうろつきます。お上りさんに見えるように、です。

すると早速、いかにもなあんちゃんが声をかけきたで、話をききながら「1万円やるから貴方の時給と金の流れ教えて」と切り出しました。

最初は引きつり笑いでしばらく誤魔化してたので「じゃあ、他のヤツに頼むわ」と言ったら、食い下がってきたので、あっさり取材が成立したことがあります。

話をするだけで1万円(しかも全額)とか彼らからすればかなり美味しいので、あっさり裏切りますw

スポンサーリンク

募金詐欺師の生の声

というわけで、募金詐欺師のあんちゃんから、喫茶店で話を聞くことにしました。

曰く、彼らは、基本的に普通に求人案内とかでチラシ配り(出来高制)などで募集されていて、募金額の2割が彼らの収益になるというものでした。集金ランクが上がると、これが3割4割にアップするらしい。

彼ら自体は募金団体の活動は一応は教えられているらしく、マニュアルをたたき込まれるとの話です。そのマニュアルを見せてくれと言ったのですが、外部流出を恐れているのか講習会で配られるけど回収されるとのこと。

残りの8割のお金はどうなるかは、知りようもないし、どうでもいいとのことでした。ちなみに募金箱は自分では開けられない構造で鍵は上司しか持ってないらしい。

もちろんこれは怪しい募金の1つの取材でしかないわけですが、こういうのも世の中にはいるので、最低限は調べた上で納得して募金すれば気持ちもスッキリするのではないでしょうか。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事

統計・グラフによる詐欺

陰謀論を使った詐欺の手口

健康被害を生む詐欺商法「銀コロイド水」

バカ一本釣りのニセ科学ビジネス

タイトルとURLをコピーしました