【機械王の休日】高性能接着剤アラルダイトスタンダードの互換品

機械工作と科学装置
コニシ・Eセット
スポンサーリンク

初出:2018/09/18 Vol.294 高性能接着剤アラルダイトスタンダードの互換品

機械王の休日、第13回をお送りいたします。今回は、定番の接着剤「アラルダイトスタンダード」の入手不可に対抗する形で、代替となる製品のレポートになります。ちょっと前にPOKA先生がツイートしていた話の詳細です。

アラルダイトエポキシ接着剤

エポキシ系接着剤の定番として、古くから知られているアラルダイトというものがあります。アラルダイトにはスタンダードと、高速に硬化するラピッドが有名です。しかしこのアラルダイト、ラピッドの方はともかく、スタンダードの方が最近になって事実上調達できなくなってしまいました。含有成分が日本国内で劇物指定を受けたためです。

アラルダイトスタンダードは、接着性能に関しては他のメーカーのものと比べて、特段に優れているという訳ではありません。値段も決して安くはないです。ですが、長い間定番として使われてきた歴史があり、安心して使える側面もありました。実際、ここぞという失敗が許されないような箇所に、無難に使える、頼れる接着剤だったと思います。

とはいえ、入手が厳しくなってしまった以上は仕方ありません。今回は代用品となりそうな接着剤をご紹介しておきます。

スポンサーリンク

アラルダイトスタンダードに近い仕上がりはコニシ・Eセット

コニシのEセットが、アラルダイトスタンダードに近いものだと言えます。

アラルダイトスタンダード同様、時間をかけて固まるタイプの製品です。時間は結構長めで、およそ一時間ほど。それまでであれば作業可能です。

アラルダイトスタンダードの方が固め

混合する前は、見た目も臭いも、どちらも同じようなものです。おそらくは成分が近いためだと思います。

左「ア」がアラルダイト、右「E」がEセットです。説明書通りによく混合してみましょう。

この通り、アラルダイトスタンダードは固く気泡が入り、白濁してきましたが、Eセットは比較的柔らかくやや透明です。アラルダイトは質感が固めで垂れにくい印象ですが、Eセットは柔らかめで垂れやすい印象を受けました。

スポンサーリンク

硬化後はほとんど同じ

両方とも仕上がりはガチガチに固まり、石のようになります。アラルダイトはアルコールを含むものの封止にも比較的耐えましたが、Eセットも同様に耐久性があり、若干の化学的安定性が必要な場合にもEセットは向いていると考えられます。

タイトルとURLをコピーしました