ニセ科学に騙されない!最低限の科学リテラシーを身につけよう!

リテラシー
スポンサーリンク

初出:2018/05/08 Vol.275 酵素と酸素は違う(笑)

リテラシーの分岐点:酵素と酸素の違い

当たり前の事ですが「酵素」と「酸素」はまったくの別物です。小中学校の理科の内容ですが、ここがリテラシーの分岐点だと思うのであえて書いておきます。

酵素とは、多くの生物が作り出すタンパク質のことです。いろいろな酵素があり、いろいろな場所でいろいろな酵素が生命活動を支えています。

言葉的には「動物」くらい広い意味の言葉で、その中身はというと、大半がタンパク質で、例えば唾液の中の酵素「アミラーゼ」はデンプンの消化を助けるため、デンプンという糖の繋がりを切る働きがあります。なのでご飯を口の中でずっと噛んでいると、アミラーゼの働きによって甘く感じるわけです。そのあとも胃液の中のペプシンという酵素、トリプシンやらリパーゼやらいろいろな酵素の働きがあるように、「酵素」というのは非常に広い意味がある言葉であるわけです。

一方で、酸素は、水素、酸素、塩素と、この世界を構成する「元素」の一種であり、逆に言えばこの元素さえ取り入れれば健康になる(美肌になる)なんてものは存在しません。

このように理学用語における「素」というのは、いわゆる総称に付ける言葉と、元素にまつわる言葉でよく見られます。これが、小学校とか中学校の理科くらいの内容さえ忘れてくると、この区別もつかなくなってきて、その結果、ニセ科学の怪しい商売にひっかかることに繋がるわけです。

スポンサーリンク

逆に言えば、ニセ科学ビジネスを行ってる連中の考えは「その程度の区別もできない人を食い物にする」「バカ一本釣り」と中の人が言ってるように、広く浅く広告を打って、リテラシーの無い人や、藁をもすがる人を釣り上げて、確実に利益を回収したいというのが「詐欺師の本音」であるわけです。

以前、スパム業者の人に話を聞く機会があったのですが、「俺俺、木村拓哉だけど、こんど合コン来ない?」レベルのあからさまな出会い系サイトへの誘導ウソスパムでさえ、10万通送ると、数十人返事が来て、20人はガッツリハマる・・・というこの世の闇を聞きました。

教養・・・リテラシーは自分の財産を守る武器なのです。

さて、最後に宣伝で恐縮ですが、ここまで極端な話はともかく、生活していく上で押さえておくと便利な知識を身につけるには、という観点で、拙著を紹介します。

まずは食品添加物について。食品添加物とか怖くない?無添加が正義!みたいなアホな話がまかり通っていたりします。その辺を科学的な見地からズバッと解説したのが「本当にコワい? 食べものの正体」です。

本当にコワい? 食べものの正体
食品添加物を食べるとがんになる。無添加を食べていれば安心! それって本当にそうなの? 本書では、皆さんが気になっているアノ食べもの、そして食品添加物について、科学的な見地からズバッと解説しています。

添加物回りの話は危険を煽る物言いも多いですが、これも知識を身につければ正しい選択ができるようになるはずです。

タイトルとURLをコピーしました