サプリメントのボッタクリ商売の実情:名前が違うだけで倍の価格!

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2017/04/11 Vol.219 サプリの原価

Joker
Joker

今日はサプリメントの話ですか、先生。

くられ
くられ

サプリメントビジネスはボッタクリ商売だから、原価の話でもしようかと思ってね。

Joker
Joker

ああ・・・たまにヒドいのあるって話ですね。

くられ
くられ

医薬品じゃなくて食品扱いだから、割といい加減にやっても怒られておしまい、稼ぐだけ稼いで売り逃げとかねー。

Joker
Joker

なんともまあアコギな話で・・・ところで先生、今日は白衣じゃなくて真っ赤なエプロンをしているんですね。

くられ
くられ

いや何、ちょっと豚の解体をしていたんだよ・・・コラーゲンたっぷりだぞ。

Joker
Joker

無礼な?

くられ
くられ

豚は豚。怪しいサプリメントビジネスの売り込みに来た馬鹿がいたとか、そんな事はない。いいね?

サプリメントの原価

サプリメントについては、あれこれと今までも解説してきたのですが、今回は「原価」をテーマに少々言及しようかと思います。

というのも、ものによっては中々のボッタクリをしておりまして・・・もともとサプリメントビジネスは、法の抜け穴を付くようなご商売を展開しているので、これがなんともなんともなのです。

今回ご紹介するのも一端に過ぎないのですが、アコギなやり口にやられないように自衛するためにも、知っておくと良い事はあると思います。

スポンサーリンク

コラーゲンとゼラチン

サプリメントの原価。例えば一番ボロいのがコラーゲン。

コラーゲンというのは、熱変性コラーゲンの略称というか通称みたいなもんで、その正体はゼラチンです。正体もなにも、名前こそ違ってもゼラチンそのものです。

実際にゼラチンとコラーゲンで1kgの価格を見ると、ゼラチンだと3000円ほど、コラーゲンだと5000円とか6000円とか、名前の違いだけで倍の値段が付いています。

量が少ない小売りだともっとひどい差が付いている事もありますが・・・とはいえ、粉末で売ってるのはまだ良心的な方で、大半のコラーゲン商品はゼリー状で売られています。つまり水の抱き合わせ商品。原価はほぼタダに近いくらいに薄まります。

そもそも、コラーゲンを食べたからといって肌がぷるぷるになるなんてことはないわけですが・・・もちろん肌に塗るのも論外。

ただ、食生活が乱れて良質なタンパク質が欠乏している人には、覿面に効果があるので、結果として健康的になるという側面はあります。

その場合も、普通に「ゼラチン 1kg」などと検索して出てくるものを買えばいいでしょう。

スポンサーリンク

実は入ってない? コエンザイムQ10

一方で、有効成分がそれなりに高額なコエンザイムQ10や、ビタミンB群とかの場合は、何mg配合といった表記がない場合が多く、商品名に堂々と「コエンザイムQ10」などと冠を付けている癖に、配合量が非公開なものもあります。

要するに入っていないか、入っていたとしてもごく微量だったりするものも多くあります。

仮に「〜〜mg」配合と書かれていても、サプリメントは医薬品ではなく「食品」のカテゴリーなので、それが嘘であっても、景品表示法違反で注意を受ける程度で、罰則らしい罰則はほとんどありません。

端的に言えば、悪質なとこは売り逃げ上等でやっているという事になります。

サプリメントは健康補助食品という曖昧な立ち位置で、「薬」のように売り、ヤバくなったら「食品」なのでと言い逃れをする、アレなビジネスの筆頭商品な訳です。

今回は目立つものに限りましたが、他にも原価が云々という事例はあるので、評判が良ければまた解説する機会もあるでしょう(笑)

スポンサーリンク

関連記事

コラーゲンの話はこの記事でも

高額なサプリメントを買う必要なし!コラーゲンの正体とお得な購入法
コラーゲンとは何か?完全にイコールと言ってしまうと語弊はあるのですが、少なくとも、怪しいサプリメントがアホみたいに宣伝してるコラーゲンとは、ゼリーに使う、ゼラチン粉末をコラーゲンと言い換えて売っているだけです。

アミノ酸サプリメントは効果なし

ヘルドクターくられのサプリ講座・アミノ酸サプリメントは効果なし!
今回はアミノ酸の話。なんかすごいものと思われているようだが、実際はそうでもないわけで、しかしそのイメージを利用したサプリメントのCMなんかがあふれている始末。効果などないことを今回は紹介します。

クロレラとアガリクスは危険

【危険な健康食品】健康サプリの火付け役:クロレラとアガリクス
健康食品や健康サプリといったものを、まるで万病に効く霊薬がごとくありがたがっている人達がいます。毒にも薬にもならないようなものならば、ともかく、中には明白な健康被害が出ることもあります。今回はその辺について触れていこうと思います。

ダイエットドーピング in 薬局

ダイエットドーピング in 薬局:ナイシトールの成分と漢方薬
薬局で痩せる薬は手に入りますか?と聞かれる事があります。薬局売りの薬でダイエットなんて出来るんでしょうか?実のところ効果は限定的なものの、ある程度痩せる薬は存在します。それが小林製薬の稼ぎ頭「ナイシトール」です。今回はこの薬についてご紹介。

「サプリメント」記事一覧はこちら

サプリメント
「サプリメント」の記事一覧です。

宣伝

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました