【じょかセレクション】飲んだ後に食べたくなる「悪魔のシメごはん」

生活と科学
ちょっとネギとか添えるとより良し
スポンサーリンク

初出:2020/06/09 Vol.384 飲んだ後に食べたくなる「悪魔のシメごはん」

Joker
Joker

本日は、お酒を飲んだ後に激しく誘惑してくる「シメ」の話をお送りします。

くられ
くられ

気持ちはわからんでもないが、太るぞ。

Joker
Joker

うっ・・・いえ、むしろ自分で作った方が、まだしも加減がですね、そのー。

くられ
くられ

まあ、コンビニであれこれ買い込むよりはいいのかもしれんが・・・

POKA
POKA

はっはっは。深夜のメシは罪深さがまたうまさにつながるからな! 何、食い過ぎたと思ったら工作して汗を流せばいいのだ!

くられ
くられ

まあ、一週間くらいのトータルでカロリーを計算すればそれでいいと思うけどね。

Joker
Joker

・・・先生、ごはんとお酒が好きなんです。気がついたらカロリーオーバーしちゃうんです。

くられ
くられ

そりゃあその腹を見ればわかるよ(笑)

お酒の後の「シメごはん」

どうも。Jokerです。このところ、お酒の話というよりおつまみや料理の話に偏りがちですが、本日も料理回になります。

それというのも、この前Twitterで、お酒の後の「シメ」はと聞いたら結構リアクションがあったので、確実に太るけど美味しいものから比較的罪悪感低めのものまでご紹介しようかな、と思った次第でして。

「こんなの見たら今度飲んだ時に絶対食べたくなるじゃないか!」みたいな苦情は受け付けませんので悪しからず(笑)。

「この悪魔!」は褒め言葉です。

スポンサーリンク

シメのラーメンの暴力的な誘惑と「シメのシメ」

さて、お酒のシメといえば、いわずもがな、ラーメンです。

太るとわかっていても飲んだ後に食べたくなるもの代表かと思います。

・・・で、罪の上に罪を重ねる感じで背徳的にうまいのが、ラーメン食べた後のスープで作る「ラーメン雑炊」。

お店次第ですが、半ライスとか頼んでおいて作るのが美味しい。ちょっとゴマを追加してやって、卓上のトッピングに高菜や紅ショウガがあるならちょっと載せて食べるわけです。

ラーメンのスープとかカロリーと塩分の固まりみたいなものなのでいささかならず健康に良くないのですが・・・まあ、たまにならいいんじゃないかな、と。

スポンサーリンク

あと、酔っ払ってて替え玉とか大盛り頼んじゃったりご飯物を別注文するくらいなら、その分を半ライスで抑えるつもりで・・・というのはアリでしょう。

・・・いや、そう思いつつ結局替え玉も頼んでご飯までしっかり食っちゃったりするのが酔っ払いですが(笑)。

ちなみにこのラーメン雑炊、市販のラーメンスープを買っておけば、家でも可能です。個人的には味噌ラーメンのスープが好きだけど、お好みで。

普通に規定通りのお湯で伸ばしてご飯を突っ込むだけでもよし、少し煮立てて、卵を落としてネギとゴマを添えればなおよし。お好みでゴマ油とかラー油とかをつけても良いです。

ご飯の分量によっては味が濃くなりすぎるのでその辺は適宜調整してください。

たまに「麺はいらないからラーメン雑炊だけが食べたい」みたいな時には罪悪感も低くなる上に満足できるので悪くありません。

もちろん、普通に余った味噌汁なんかを使っておじやを作っても美味しいんですけどね。この辺はその時の気分ということで。

スポンサーリンク

リゾット風の「カルボナーラ雑炊」

一口に「飲んだ後のシメ」といっても、居酒屋の後ならラーメンがバッチリですが、例えばバルでワインとか飲んだ後だと、ちょっと気分に合わないことがあります。

そういう時は、お店の方でシメまでしっかり堪能すれば良いわけですが、まあ、家帰った後とかに小腹が空いてしまって、そうなってしまうと気分が迷子になることもあります。

普段ならお茶漬けとかで済ませるところでも、「なんか違う」とコンビニに突撃して、いらんものまで買い込んでしまったこととかないでしょうか?

そういう時に限って甘いものとか買い込んじゃってやはりカロリーがえらいことになるわけですが・・・

というわけで、口が洋風な時の「シメごはん」として、私がたまにやるのが「カルボナーラ雑炊」です。本格的なリゾットではなく、余りご飯や冷凍ご飯やレンチンご飯で簡単に作れるものにしてあります。

スポンサーリンク

まずはお湯を沸かして、固形でも顆粒でも良いのでコンソメスープを作り、そこにご飯を入れて煮込みます。

分量はキューブ一つで300mlが目安ですが、煮込んでいくうちに煮詰まるのでちょっと水分多めでも良い。ご飯の分量が少ない場合はちょっと水が多いので、水分が足りなくなってきたらお湯を足す形にしても良いです。

ご飯がコンソメスープを含んでもったりとしてきたら火を止め、パルメザンチーズを好きなだけかけ、最後に卵を落として手早くかき混ぜてやりましょう。

最後に塩と黒胡椒で味を整えれば完成です。お好みでオリーブオイルを一回ししたり、バターを落としても良し。

普通の雑炊よりリゾットっぽく水分少なめに仕上げるのがコツ。手間でなければ、パルメザンチーズと卵を合わせてカルボナーラソースを作っておいて和えても良いですが、手早く混ぜてやればまあ大丈夫。

具材は、あればベーコンを入れたり、キノコを入れたり、玉ねぎなんかを入れてやっても美味しいですよ。

また、ご飯がなければ、卵にチーズにコンソメ顆粒のソースを作っておいて、レンチンしたうどんを突っ込んでよく混ぜた「カルボナーラうどん」っていうのも良いです。

スポンサーリンク

罪悪感を抑えたいなら「豆腐ごはん」

と、ここまでカロリー高めの「シメごはん」が続いたわけですが(笑)、実はご飯の量さえ加減すれば、自分で作るものの場合はそれほどヤバいカロリーにはなりません。少なくともコンビニで甘い物を複数買ったりすることを考えるなら、しれたものでしょう。

ただ、それでも、やっぱり油分があると罪悪感を感じるものです。でも、ちょっとで良いから何か食べたい、というのも、お酒のシメの誘惑というもの。

そんな時にオススメなのが「豆腐ごはん」です。至ってシンプルに、ご飯に崩した豆腐を和えて、麺つゆや醤油で味付けをするだけのご飯。しかし、豆腐が入る分、ご飯の量を抑えられてヘルシーな割に結構満足感が得られます。

スポンサーリンク

本当にただ豆腐とご飯と麺つゆだけでもいいんですが、気分でネギやおろし生姜、鰹節やミョウガ、味付けも塩昆布や白だしとか、要するに冷奴のトッピングに載せるようなものでお好みにあわせてどうぞ。

ちなみに、飲んだ後なので味付けを濃くしがちですが、使う豆腐が良いものの場合、薄味に仕上げた方が美味しいです。

最後に、暖かいお茶でも飲んでおきましょう。後に響くのでカフェインが入ってないものの方が良いですが、真夏の暑い盛りでも、冷房の効いた部屋で冷たい飲み物を山ほど飲むのがお酒の席というもの。

暑くてもお腹が冷えていることがあるので、あえて最後に一杯、暖かいものを飲むとより「締まった」感が強くなるように思います。

水分を多めに取っておくのは、二日酔いの予防にも良いですしね。普段より長くなりましたが、今日はこの辺で。

スポンサーリンク

関連記事

カルボナーラのレシピ

前回の「ハーブソーセージのトマトパスタ」

おつまみとして美味しいナスの浅漬けは豆腐ご飯に添えて食べても美味しい

オクラを使ったヘルシーなおつまみ

くられ先生の「おうちラーメン」レシピ

「じょかセレクション」記事一覧

じょかセレクション
「じょかセレクション」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました