【じょかセレクション】紅茶のリキュール「フォション」とカクテル

生活と科学
とりあえずグラスに注いでみる
スポンサーリンク

初出:2020/05/19 Vol.381 紅茶のリキュール「フォション」とカクテル

Joker
Joker

本日は紅茶のリキュール「フォション」とそのカクテルのご紹介です。

くられ
くられ

酒はまったく飲まないからわからんのだが、この前の緑茶といい本当になんでも酒になるんだな・・・

Joker
Joker

聞くところによるとウーロン茶のリキュールなんてのもあるみたいですよ。作ろうと思えば本当にいろいろなお酒は作れるみたいですね・・・私は基本、飲む専門なんですが。

POKA
POKA

はっはっは。まあ、果物に菓子が揃っているようだから、我々は普通にティータイムにすれば良かろう! それとも、紅茶の茶葉から特濃のエキスでも抽出するか?

くられ
くられ

・・・案外、量を加減すると面白いものができるかもしれんな。ちょっとラボで抽出作業をしてみるか。

Joker
Joker

風味もへったくれもなくなって、激辛エキスならぬ激苦エキスになりそうな気がしますが・・・

くられ
くられ

ま、デナトニウムほどにはならんだろう。

「フォション ティーリキュール」とカクテル

どうも。Jokerです。ここしばらくは、番外編だったり、おつまみだったりが多かったので、今回は久しぶりにお酒とカクテルの話をしていこうかと思います。

今回のメインとなるお酒は「フォション ティーリキュール」。フォション社認定のセイロン茶葉を使用した紅茶のリキュールです。

Amazonの欲しいものリスト経由でいただいてしまったので、レビューを兼ねて美味しい飲み方をご紹介できればと思います。

今回は紅茶のリキュールだけあって、お菓子や果物など、デザートとの相性も良い感じなので、ぜひ合わせてお楽しみください。

スポンサーリンク

紅茶のリキュールとは?

カクテルレシピとして紅茶を材料に指定するものもありますが、ティーリキュールは一般的に、紅茶の葉をスピリッツに浸潤させて作る、紅茶の風味の効いたお酒になります。

使う茶葉によって当然風味が違ってくるので、一口にティーリキュールといっても製品ごとに特徴があるそうでして・・・

ティーリキュールとして有名なのはダージリンを使った「ティフィン」でしょうか。

今回紹介するのはセイロンを使った「フォション」で、カクテルレシピとしては同じようなものでも、味わいは違ってくるとか。私自身は紅茶の茶葉の種類や風味には疎いのでその辺の細かい部分はなんともですが・・・

とりあえずフォションを味見してみたところ、しっかりと紅茶の香りがしました。一方でリキュールらしい甘みも強く、お茶の苦味やえぐみのようなものはありません。

アルコール度数は24%と高めなので、パッケージに書かれている通り「ミルクやソーダ、柑橘系のジュースなどと合わせてお楽しみください」というのが正解でしょう。

スポンサーリンク

フォション・オーレ

この手のリキュールの鉄板でまず外さないのがミルク割。ということでフォションのミルク割「フォション・オーレ」のご紹介です。

レシピはシンプルで、フォション30mlに牛乳90ml。氷入りのグラスにフォションを注いでから、牛乳で割って混ぜてやるだけです。

味わいは、これはもうそのまんま、大人のミルクティーという感じです。

カルーアミルクなんかと同じであまりアルコールを感じさせない割に、先ほども触れたように元々のアルコール度数は結構高いので、気をつけないと酔っ払いそうなカクテルです。間違いなくレディーキラーなのでご注意。

あれば生クリームなんかを加えるとか、ホットにしてシナモンなんかを振ってやっても美味しいと思います。また、この手のミルク割では毎度言ってますが、牛乳が苦手な方は豆乳でも良いでしょう。

そして、ミルクに合うリキュールといえば、バニラアイスにシロップとしてかけてやってもバッチリ美味しいです。

割合や他の材料との兼ね合いもありそうですが、アイスを使ったフローズンカクテルにしてやっても美味しそうですね。

スポンサーリンク

ティー・ソーダ/ティー・モヒート

続いて炭酸割。フォション30〜45mlを氷入りのグラスに入れて、レモンを絞り入れ、炭酸水で満たしてそっと混ぜれば、「ティー・ソーダ」の出来上がりです。

こちらは炭酸の聞いたレモンティーって感じですね。

これからの季節には爽やかで美味しいと思います。紅茶炭酸は飲料として微妙なイメージもありますが、こちらは公式にオススメされているだけあって良い感じです。

そして、氷をクラッシュドアイスにして、ミントの葉を軽く叩いてから飾ってやれば「ティー・モヒート」になります。モヒートといえばライムですが、紅茶リキュールを使う場合はレモンの方が良さそう。

個人的には、小さめのグラスを使い、ホワイトラムを足してフォションを減らし、ステアして溶けた分のクラッシュドアイスを継ぎ足していって作る、ガッツリとパンチの効いた奴が良さそうだな、と思うので、一度試してみようと思います。たぶん葉巻やシガリロにも合う。

スポンサーリンク

柑橘類との相性も抜群

このほかにも、柑橘類の果物やジュースとの相性は抜群です。

フォション30〜45mlに好きなだけ皮を取ったカットオレンジを入れで軽く潰し、炭酸水を入れてそっと混ぜた「オレンジ・ティー・ソーダ」

オレンジを風味づけに使うだけにするか、カットオレンジを山盛りにして食べるカクテルにしても良いです。

また、カンパリの代わりにこのフォションを使い、グレープフルーツジュースとトニックウォーターで「ティー・スプモーニ」も美味しい。

フォションとグレープフルーツジュース30〜45ml程度、トニックウォーターでフルアップしてさっと混ぜてやる感じです。

トニックウォーター抜きでグレープフルーツジュース多めの「フォション・グレープフルーツ」ももちろん美味しいでしょう。

そんなところで今回はここまで。

スポンサーリンク

関連記事

前回:お手軽おつまみ・ナスの味噌炒め

緑茶のリキュール

アイスクリームとカクテル

牛乳で作るカクテル

「じょかセレクション」記事一覧

じょかセレクション
「じょかセレクション」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました