【じょかセレクション】風邪を引いた時にお酒を飲んでも良いのか?

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2020/08/11 Vol.393 風邪を引いた時にお酒を飲んでも良いのか?

Joker
Joker

・・・どうしよう。お酒の記事を書こうと思ったのに、今日は一滴も酒が飲みたくない。

くられ
くられ

なんということだ。明日は槍が降るかもしれんな。あ、それともあれか? 痛風? 糖尿?

Joker
Joker

ひどい言われようですね・・・いえ、ちょっと体調を崩し気味で、酒どころか普通のご飯も喉を通りそうになくてですね。

くられ
くられ

あー、そういう時は、葛根湯でも飲んでさっさと寝てしまう方がいいよ。どうせだから、今日のお昼は鶏卵うどんでも作って食べることにしようか。

Joker
Joker

ああ、いいですね。ショウガのすり下ろしは皮付きでたっぷりお願いします。

くられ
くられ

OKOK。ちょっとそれだけじゃ寂しいから、チクワの天ぷらでも添えようかな・・・

POKA
POKA

はっはっは。とりあえず明日、槍を降らせるために、工作班に槍を発注しておいたぞ!

Joker
Joker

このあと寝たら、降ってくる槍に追いかけられる夢でも見そうです・・・勘弁してください。

風邪とお酒の関係

どうも。Jokerです。今回は風邪とお酒の関係について徒然とお送りしていこうかと思います。

酒飲みあるあるみたいなしょうもない話ですが、なんか今日はやけに酒が回るのが早い、とか、二日酔いがなかなか抜けない・・・と思っていたら、実は風邪を引いていたなんてことがあります。

そもそも、お酒に強い人間であっても、体調不良と重なると、日頃ガブガブ飲む人がビール一本でダウンみたいなこともあるわけでして、お酒を楽しむのにも健康体でなければならない訳ですね。

またこの話、別に大酒飲みに限った話ではなく、量は少なくても風呂上がりのビールが日々の癒し、なんて人なら、思い当たる節があるんじゃないでしょうか。

ただでさえ風邪気味のところに、普段より酔いが回るのが早くて、うたた寝をしてしまってそのまま拗らせる、というのは聞かなくもない話です。

スポンサーリンク

飲兵衛は酒を飲むために言い訳をする生き物

さておき、こういった自覚しない体調不良と飲酒はともかくとして、自覚が(多少は)あるのに、「ま、いいか」で飲んでしまう人も世の中結構いるわけでして。

いわゆる「飲兵衛の言い訳」という奴で「風邪っぽいから喉をアルコール消毒しよう」とかほざいて飲みだす訳です。

・・・まあ、その、若い頃にやったことがないかと言われれば、目を逸らす感じですが(笑)

言うまでもなく普通のお酒の度数で喉の殺菌なんかできる訳がありません。冗談にしても顰蹙を買うことがあるので気をつけましょう。

ともあれ、では、風邪っぴきの時にお酒って飲んで良いものなのでしょうか?

「卵酒とか風邪の時に飲むものだよね?」「少量なら体を温める効果があるのでは?」「体調不良気味だけど外せない飲み会がある」

と、色々とありますが、答えは明白です。ダメに決まってるじゃん。

酒飲みは酒飲むためなら言い訳を捻り出してくる訳ですが、ダメなものはダメなのです(笑)

スポンサーリンク

卵酒はダメなのか?

例えば卵酒。意外にこれは洋の東西を問わず、日本酒で作る日本の卵酒から、エッグノッグみたいな洋酒を使ったものまで昔から親しまれてきたものです。

が、そもそもにして、それは「卵」という栄養食が貴重だった時代の話。体の調子が悪いなら、栄養のあるものを食べて、暖かくして寝る、という効果を狙ったものだったのでしょう。

いわゆる民間療法という奴なので効果は期待できません。よしんば効果があるとしても、弱った体にアルコールを入れるくらいなら、ホットのミルクセーキでも作るか、鶏卵うどんでも作って食べた方が良いんじゃないでしょうか。ショウガの摺り下ろしをたっぷり入れると良い感じです。

スポンサーリンク

アルコールによる不調の緩和はただの麻痺

また、二日酔いの話の時にも触れましたが、頭痛や胃腸の不快感などの症状は、アルコールを摂取すると麻痺して良くなったように感じられることがあります。

これは風邪の症状でも似たようなことが起きる場合があり、良くなったと錯覚して拗らせてしまう危険まであります。

もちろん、悪化する時は普通に悪化しますし、風邪引いた時は大人しく横になっているのが一番でしょう。

外せない飲み会? いやいや、体調不良でやってこられて倒れられたりすると迷惑ですし、ウイルスを撒き散らされては迷惑なんて話じゃありません。まして今のご時世ですから余計にですね。

体調不良の時は、栄養のあるものを取って薬を飲み、大人しく寝ているのが一番です。調子が良くなってから、改めてお酒を楽しみましょう。

風邪のひき始め、ちょっと体調不良な感じがするなと思ったら、葛根湯を2、3倍量飲み、ビタミン類を多めに摂るというのがオススメ。

これはかつて、くられ先生に教わって以来、やっていることだったりします。この辺の詳細はオススメ市販薬の記事にあるのでそちらも合わせてどうぞ。

スポンサーリンク

関連記事

エッグノッグの話

二日酔いと迎え酒

二日酔い対策講座

「じょかセレクション」記事一覧

じょかセレクション
「じょかセレクション」の記事一覧です。

記事の最後で触れた、くられ先生の市販風邪薬ランキング

漢方薬という選択肢

抗生物質・サルファ剤の歴史と裏話

タイトルとURLをコピーしました