【ペットの臭い対策】トイレをシステム化して臭いゼロを目指す!

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2018/02/20 Vol.264 臭わないペットのトイレ対策

ペットのトイレ対策

我が家は様々な動物がいるのですが、その中でも猫がいます。この前、宅配の人に言われたくらいに「動物の気配が無い」と言われます。

気配とは。要するに臭いのことです(笑)

たしかにペットを飼っている家は、猫の場合はアンモニア臭く、犬の場合はイヌ臭い+アンモニアという感じになりがちです。猫の尿は尿酸の量が多く、それらが時間を経て分解しアンモニアが大量に生成されるので、かなり臭くなりがちです。

最近は良いペットシートやトイレ砂も発売されていますが、臭気ゼロというのはやはり物理的に不可能です。

では我が家はどうしているのかというと、なんてことはありません、猫専用のトイレ個室を作ってるからです。複数あるトイレの1つを猫専用にしています。

ドアに大きめのキャットドアを付け、自由に出入りできるようにして、さらにトイレ内に強力な空気清浄機を設置。換気扇も常時付けっぱなしのため、ハイパワーで静音のものに交換。

これによって完全にトイレの臭気を猫用トイレにまとめることができるわけです。この辺は、以前にもご紹介した通りですね。

【トイレを隔離】ペットと気持ち良く過ごすための臭い対策
我が家はネコがいっぱいいますが、ネコ臭くない(しっこ臭さが無い)と良く言われます。それはネコのトイレの躾はもちろん、トイレの場所、トイレ選び、諸々の努力の結果です。

さて、今回はそれを踏まえた上で、もう一歩、具体的に踏み込んだ話をしようかと思います。ぶっちゃけるとメルマガ配信時基準で二年半ほどの間に、さらに工夫を追加したのです。

スポンサーリンク

オススメの猫トイレと掃除のコツ

猫用トイレは、ユニチャームのデオトイレか、花王のニャンとも清潔トイレがオススメです。

個人的には、ニャンとも清潔トイレにデオサンドのゼオライト砂を使う合わせ技が最高かなと思っています。いずれも猫の尿を素通りさせて、下のマットで吸着するという仕組みですが、猫の数が多いと正直飽和しがちです。故に、我が家では犬用のおしっこシートを折りたたんで入れて毎日取り替えるというシステムにしたところさらに臭いが減りました。

また、トイレの周りにこぼれたりしたものはブラックライトで照らして探して掃除します。
猫の尿は375nmの紫外線でよく光るので、ネットで売っているブラックライトで汚れをみつけて掃除をすると良い感じです。

また使う洗剤は酸性洗剤が非常にオススメです。逆性石けんとして売られているベンザルコニウムなどを薬局で買ってきて適当に薄めてスプレーにいれておき、それで掃除すると臭いはほぼ消せます。

猫のトイレ1つも工夫次第で臭わないようにできるので、よろしければ是非参考にしてみてください。