風邪を引いたらコレ!ヘルドクターくられの市販風邪薬ランキング

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2014/12/02 Vol.96 風邪薬 個人的ランキング

市販の風邪薬・超個人的ランキング

風邪薬。ぶっちゃけてしまうと、医者行って薬を処方してもらうのが一番という、いつもの「医者行け」で終わってしまうのですが、なかなかそうもいきません。今回は、割と気軽に手に入る、市販の風邪薬の中で良いものは・・・という主旨で、独断と偏見で選んでみました。

パブロン50

パブロンなどの大手メーカーの商品は名前がどれも似ており、むやみに商品展開をしているので、どれがどれだか分かりにくいのだが、余計な成分が少なくて、安全な安パイ成分で構成されているのがパブロン50。

鎮咳剤のグアヤコールに鎮痛抗炎症剤のアセトアミノフェン、強力な咳止めデキストロメトルファンを少量含む、身体に負担の少ない成分を中心に必要最低限の成分をしっかり含んだ風邪薬として評価できる。さらに漢方の麦門冬湯が入っており、咳を鎮めやすく低下した体力を下げないような配合になっている点も評価できます。

サリドンWi

風邪薬として売られておらず頭痛薬コーナーに置いてあるが風邪の諸症状にも当然効きます。頭痛や全身性の鈍痛などの痛みや炎症を伴う風邪には市販薬では最もシンプルかつ強力な組み合わせのサリドンWiがオススメ。ピリン系(イソプロピルアンチピリン)と非ピリン系(イブプロフェン)を最大量含むため、かなり強力に諸症状を抑えます。セルベールなどの胃粘膜保護剤と併用が望ましい。

新コンタック かぜ総合

せきを鎮める成分として処方薬でもよく使われるデキストロメトルファンに気管支拡張のメチルエフェドリンを含む配合に、抗ヒスタミン剤が少ないため眠気も概ね無い風邪薬として、とりあえず市販薬で症状を抑えて何とかしなければ行けないときには有効。

スポンサーリンク

風邪に適応のある漢方

葛根湯

風邪は結局ひいてしまうと1週間はなんだかんだで具合は戻らないもの。やはりここは具合が悪くなりそうだな・・・というときに予防することこそベストということで漢方薬の葛根湯をイチオシしたい。そもそも漢方薬として様々な生薬の配合により免疫を賦活する働きが強く、治療薬というより予防薬、罹患しはじめに重宝されてきた。ちょっと今日は身体を冷やしてしまったなぁ・・・と不安を感じたら2、3倍量を飲んで、ついでにビタミン類を多く摂って休めば体温をぐっとあげて免疫を総動員、弱いウイルスを一網打尽に。

メーカーはどこのものでも構わず、名称が葛根湯であれば配合は同じなので薬剤師にどれがお得かを聞いておくと良いでしょう。

桔梗湯

扁桃腺が強く腫れていたり、膿性のたんが出る場合などに処方されることもある漢方薬。喉の諸症状改善のために、ぬるま湯に溶かしたものでうがいする(そのまま飲む)とイガイガした喉が相当収まることも。

麻黄湯

風邪かな???と思った引き始めに効果が高く、多くのウイルス性疾患に強い。麻黄にはエフェドリンも含まれており、賦活作用もあって元気が出るが、あまり使うとかえって免疫力を落とすことにもなりかねないので、説明書をよく読んで用法以上使わないように注意のこと。

科学動画と漢方

【科学】風邪治したそうなので栄養ドリンク作ってみた

科学動画では、漢方としてさらに小青竜湯も紹介しました。

小青竜湯

鼻の諸症状や気管支炎に効果があります。

タイトルとURLをコピーしました