【ニキビを治す】処方薬が一番良く効く!ただしヤブ医者には注意!

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2013/07/23 Vol.26 ニキビのはなし その2

家庭レベルではムトウハップが良かったんだけど・・・

前回より引き続いてニキビ対策の話です。
かつては、ニキビというかアセモや軽い感染症からくる皮膚の異常は、ムトウハップが非常に有効だったのですが(あくまでも家庭レベルという意味ですが)自殺に使う馬鹿が現れたせいで、製造が中止というか会社ごと廃業という形でなくなってしまいました。後続品も無いこともないのですが安定供給はとても望めないということで、夏場の肌トラブルには体質にさえあってしまえばイチオシの商品だっただけに消えてしまったのは悲しいことです。

では本筋に戻って、実際にニキビで病院に行くとどうなるのでしょう?
当然良い治療薬があります。特に近年めざましく良い薬が出ており、市販薬は比べるまでもありません。ニキビは処方薬が最も有効です。

スポンサーリンク

ニキビは処方薬で治そう

ニキビは医学用語では「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」といい、なんらかの原因で毛包上皮が角質化して皮脂が溜まり、そこにアクネ桿菌なんかが悪さをして・・・といったものが大半です。
そこでニキビの根本的原因である角質詰まりを阻害する薬、アダパレン(商品名:ディフェリンゲル)というものがでており、殆どの人に安全に使えます。
またニキビの原因菌である、アクネ桿菌によく効くクリンダマイシン(商品名:ダラシンTゲル)なんかが使われることが多くあります。要するに詰まりを抑えて殺菌をするわけです。

また内服薬や、ニキビのできすぎでデコボコになってしまった肌を治す方法などもあります。この辺の詳しい話は、またどこかの連載などで詳しくしますが、とにかく様々な治療法が確立されていることは確かです。

ただ、皮膚科は眼科に並んで不勉強な藪井竹庵が多いジャンル。前述の新しい薬であるディフェリンゲルやダラシンTゲル、アクアチムなんかの薬が1つも出てこない、聞いても知らないといった勉強不足の医者がわりと平然といたりします。なので、ここは駄目かな・・・とおもったら、セカンドオピニオンを求めて別の病院に行くのは皮膚科に関してはわりとありかもしれません。

また、続々と治療薬も開発されているホットな薬でもあり、最近のニュースでは

肌内部の保水機能を改善し、大人ニキビを防ぐ成分 - 富士フイルムが開発
富士フイルムは7月9日、ニキビ・肌荒れに有効な油溶性の抗炎症成分「グリチルレチン酸ステアリル」を、独自のナノマージ技術によって複数の保湿成分と組み合わせ、80nmクラスまで安定的にナノ化し、ニキビができる「毛穴」へ集中的に浸透する新成分「アクネシューター」を開発し、同成分を塗布することで、肌の水分量が増加し、肌内部の保...

といった新成分も続々と控えている。もはやニキビは市販薬ではなく処方薬で悪化する前に治す病気という風潮になる・・・かもしれません。

少なくとも、CMで散々見かける馬鹿高いサリチル酸入りの洗顔料なんか買うくらいなら、病院へ。同じ価格で遙かに良い薬が出ます。

また、こういった肌のトラブルは、正しいスキンケアを行う事で、予防できたり、症状が軽くなる事もあります。個人の肌質にもよるので絶対はないのですが・・・スキンケアについては、以下の記事などで詳しく触れています。

スキンケア
「スキンケア」の記事一覧です。
スキンケアの三本柱「衛生・保湿・紫外線」基本をまずチェック!
肌のケアについて誤解している人は意外と多い。そして化粧品の働きも勘違いしている人がこれまた多い。あまりに常識であり、あまりに当たり前の話なのに、様々な有象無象の海千山千のキャッチコピーに、うっかり騙されてしまいがちです。その基本とは何か?
【スキンケア】ヘルドクターくられ推薦・自作化粧水の詳しい作り方
あちこちで話題に出しているので、すっかりお馴染みになってしまった自作化粧水。今回は、美容における化粧水の役割と、なぜ自作が良いのか、そして作り方を改めておさらいしていこうかと思います。

前編 後編←今ココ

タイトルとURLをコピーしました