薬局売りのやせ薬!?お腹の脂肪に効くナイシトールとはなんなのか?

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2015/09/15 Vol.137 ナイシトールってどんな薬なのか?

ナイシトールってどんな薬なのか?

ナイシトールとは小林製薬のドル箱こと、お腹の脂肪を落とすという名目で薬局で売られている薬です。一体どんな成分が入っているのでしょうか?含まれている生薬成分は以下です。

トウキ、シャクヤク、センキュウ、サンシシ、レンギョウ、ハッカ、ショウキョウ、ケイガイ、ボウフウ、マオウ、ダイオウ、ボウショウ、ビャクジュツ、キキョウ、オウゴン、カンゾウ、セッコウ、カッセキ

分かるか!って感じですね(笑)。しかし大事なのは、これらの生薬から抽出したとされる「防風通聖散エキス」。

実は、なんてことはありません。公式サイトにもあるように防風通聖散という漢方をパッケージを変えて売っているに過ぎないものだったりします。

脂肪を燃やす!余分な脂を出す!|ナイシトール|小林製薬
ナイシトールは、40歳を過ぎて落ちにくくなったお腹の脂肪を燃やし、食事に含まれる余分な脂を便と一緒に出すことで、生活習慣病などによる肥満症を改善します。

防風通聖散は、もともと肥満に処方されることもある漢方ですが、麻黄をはじめとする交感神経刺激薬が含まれ、心臓が弱かったり、高血圧の人、脳卒中リスクのある人には使われません。

スポンサーリンク

空腹時に飲むことが大事という薬なので食前食後には飲まずに、食事と食事の間の時間、つまりは「食間」に飲むことが大切です。

たまに「食間」を食事中に飲めば良いと思っている人がいますが、間違いなのでお間違えのないよう。

そして防風通聖散は、ナイシトールで買うより、漢方で買う方がお得です。含まれている成分や内容量にもよって変わるのでその辺は購入前にチェックしましょう。

さらには、けっこう病院でも気軽に処方されるので、お腹の肉が(特に皮下脂肪)が気になっているなら、一度ホームドクターに相談してみてはいかがでしょうか?

安全なだけでなく、安く上がります。

タイトルとURLをコピーしました