【じょかセレクション】おうちでお手軽!個人的おすすめカクテルの話

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2019/03/12 Vol.319 おうちでお手軽!個人的おすすめカクテルの話

Joker
Joker

(・・・Zzzz)

くられ
くられ

酒臭ッ!おおーい、Joker、何この惨状・・・

Joker
Joker

ううん・・・頭痛い・・・あ、くられ先生。

くられ
くられ

換気しないと匂いだけで酔っ払いそうなんだけど・・・この酒瓶の山は一体・・・

Joker
Joker

あーいえ、ジンとトニックの組み合わせはどれがいいのか検証しようってことで、牡蠣食いながら飲んで試してたんですが、途中から完全に宴会になっちゃいまして。

くられ
くられ

ん、これは書き置き?なになに・・・「牡蠣、うま」

Joker
Joker

ファービーの絵、上手ですよね・・・

どうも。Jokerです。たまには寄稿をということで、今回は個人的に良いと思っているカクテルの話でもしようかと思います。

科学まったく関係ないけど、そこはご愛敬ということでひとつ。

家飲み向けカクテル

カクテルというと、バーに行って飲むものというイメージがあるかもしれません。

実際、本格的で美味しいカクテルを飲みたいなら、それが一番。すごいシンプルなカクテルでも、ちゃんとしたところのものはテキトーに作ったものより何倍も美味しいです。

が、しかし、難しい技術とか抜きにして、多少雑に作っても美味しいのがカクテルです。奥は深いけど、懐も深いという奴でして。今回は、特殊な機材やグラスといったものがなくても作れるタイプのものから、個人的なオススメを紹介します。

ちなみに、家で飲む用のモノなので、ごくスタンダードかつシンプルなカクテルの紹介です。別に変わったお酒とかオシャレな感じではないので、あまり期待しすぎないでくださいね(笑)

スポンサーリンク

ジン・ベース

まずはジンベースのカクテルでも。まあ、薬臭いとか言われるお酒なので、どうしても苦手な方はいると思いますが、ハマるとやみつきになるのもジン。

一口にジンといっても山ほど種類がありますが、カクテルベースに使うのに一番無難なのはビーフィーター・ジンでしょうか。私はキレの良いタンカレーが好きですが、種類まで語り出すとキリがないのでこの辺で。

ジントニック

ジントニックは、ジンとトニックウォーターを1:4で作る、ド定番のカクテルです。

ライムかレモンがあれば絞り入れると良い感じ。爽やかな苦みと炭酸がとてもスッキリするので、夏場や油物を食べる時に特にオススメ。

家でなら、いちいち厳密に測らず、目分量で良いと思います。お酒の強さや好みに合わせられるのも家飲みの良いところ。

ジンバック

ジン45mlにレモンジュース20ml、ジンジャエールを適量、というのが標準レシピ。

要するにジンのジンジャーエール割です。ベースをウォッカにして、レモンジュースをライムジュース15mlにすると、モスコミュールになります。こっちもオススメ。

で、こちらも、家で飲む場合は「ジン(ウォッカ)をジンジャエールで割る」って感じで良し。ライムやレモンはなければないで省略しても良し。あった方が美味しいけど。

なお、お酒を作る時は、

  1. グラスを氷で冷やし、余計な水を捨てる
  2. ベースのお酒だけでくるくるっと回してお酒を冷やす
  3. 炭酸飲料の類を丁寧に注いで、酸が抜けない程度にそっと混ぜる(ティースプーンを底まで入れてくっと浮かす程度)

というのがコツです。

いや、飲んでると雑になってきますが(笑)

スポンサーリンク

ウォッカ

ジンに比べるとクセがないのがウォッカ。こちらもカクテルベースにするのは、スミノフ ブラックかアブソルートあたりが良いと思います。なお、ウォッカ好きの友人の影響で私が好きなのはストリチナヤ。ロシア三大ウォッカの一つです。

ちなみに、度数96%のポーランド産ウォッカ「スピリタス」なんてのもありますが、適当に作ったカクテルがウイスキーなみの度数とかになるので、大変アカンです(笑)。やめましょう。

ブルドッグ(テールレス・ドッグ)

ウォッカ20mlに対して、グレープフルーツジュースを40mlという、ウォッカのグレープフルーツ割です。

要するに「塩抜きソルティ・ドッグ」の事。もちろん、ソルティ・ドッグが好きなら、グラスの縁にレモンを塗って塩を付けても良いですが、ま、家でやるならそこまで手間をかけなくても。塩を振ったり付けたりするおかずをつまみにすると酒が進みます。

先ほどのモスコミュールも良いんですが、こちらは炭酸が苦手な人向け。

ブラッディ・メアリー

ウォッカ45mlにトマトジュースで作る、ウォッカのトマトジュース割です。これはレモンを搾った方が美味しい。お好みでウスターソースや塩、胡椒、タバスコなんかを加える事もあるとか・・・こちらは完全に好み。セロリを添える事もあるようで、野菜スティックとの相性が良いです。

ちなみに私はバリエーションである「ブラッディ・シーザー」の方が好きです。こちらはトマトジュースを「クラマト」というものに変えたものです。クラマトにはハマグリエキスが入っているので料理に使っても美味しい。

夏場にストリチナヤをフリーザーで冷やしておいて、クラマトで割ってレモンを搾って落とし、タバスコをちょっと振って飲むのが最高です。

・・・・・・と、他にもたっぷり紹介するものはあるんですが、ジンとウォッカで二つずつ紹介しただけで結構な量になってしまったので、今回はこの辺で。反響があれば続編を書くかも?

スポンサーリンク

関連記事

亜留間先生の寄稿、ドラム缶で醸造したビールが奇病の原因・・・という記事はこちら

【薬も過ぎれば毒となる】アフリカで発生した奇病の原因はドラム缶!
「風が吹けば桶屋が儲かる」という諺がありますが、医学の世界では何が原因で奇病が発生して人が死ぬか本当にわかりません。そして、謎の奇病の原因を特定するのは本当に困難で、原因不明のまま次々と人が死んでいく悲劇が起きています。

鬱、不眠とアルコールの関係の記事はこちら。お酒は楽しく飲みましょう。

鬱とアルコールの不穏な関係:寒くなると鬱になる「季節性情動障害」
季節性鬱・・・季節性情動障害(SAD)というものは、特定の季節のみ鬱が出る症状で、冬に起きるものは「冬期うつ病」などとも呼ばれます。今回はこれと、鬱や不眠とアルコールについてご紹介します。

二日酔いにウコンのサプリメントは効きません。

ウコンの成分「クルクミン」のサプリメントは本当に健康に良いのか?
古くから香辛料から漢方薬まで幅広く使われてきたウコン。それに目をつけたのがサプリメントメーカーであり、近年、ウコンに含まれているクルクミンが肝機能をサポートし・・・などというサプリメントがある。本当に効果があるのでしょうか?

二日酔いとクスリの話はこちら

二日酔いをクスリで誤魔化す!?酔いにまつわるクスリの話
アルコールで酔っ払っているときは楽しいものの、次の日になると二度と飲むまいと後悔する二日酔い。そんな「酔い」に関係するクスリをまとめてみた。とはいえ、そもそも二日酔いになるほどお酒は飲むべきではない、という当たり前はお忘れなく。

蒸留酒なら飲んでも太らない?の嘘と本当

飲んでも太らないお酒がある?「蒸留酒太らない理論」の嘘と本当
お酒の成分であるエタノール(エチルアルコール)は、人間の体内では分解時に熱が発生するため、発熱という形でのカロリー消費が速やかに行われ、むしろ代謝に種々の酵素などを使うので、糖質の含まれていない蒸留酒などは飲んでも太らないとされています。

ノンアルコールビールは何故安いのか?

ビールと酒税のイタチごっこ:ノンアルコールビールが安い理由
材料はなんと普通のビールで、そこからアルコールを抜く手間がかかっているのに、オリジナルより安いのはどうしてなんでしょう?理由は簡単。ノンアルコールビールは、酒税がかからないからです。今回はそんなビールと酒税の話をお送りします。

宣伝

大好評につき早くも第3刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

Joker
Joker

アリエナイ理科ポータル管理人にしてメルマガ編集、配信担当。
薬理凶室の裏方にいる四ツ目の悪魔。
https://twitter.com/JokerLunatic

タイトルとURLをコピーしました