【喉に詰まる】餅で人が死ぬのは神経機能の低下によるエラーが原因

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2016/01/05 Vol.153 のどに詰まる
改稿:2020/12/28

 

Joker
Joker

先生、餅を焼いて食べませんか?

くられ
くられ

うむ。新しいターボ花子は用意してあるぞ!

POKA
POKA

発電機にブロワーの準備は完璧だ!

Joker
Joker

いや、黒焦げになるパターンじゃないですかそれ・・・

POKA
POKA

何、火力が強ければごく短時間であっという間に焼き上がるぞ! 加熱時間さえ間違わなければ大丈夫!

Joker
Joker

それ典型的な料理できない人の強火理論ですよ。

くられ
くられ

いや、本当にそんなパワフルな出力にはしないから・・・あちっ、火の粉が!

※七輪は用法を守って使いましょう。パワーみを増しすぎると簡単に壊れます。

喉に詰まる「餅」

毎年この時期になると話題になる「餅での窒息死」

いい加減うんざりしてる人も多いと思うので、さらにうんざりしてもらうためにメカニズムとそのカラクリを説明しましょう(笑)。

食べ物を飲み込むことを嚥下といって、それが失敗すると嚥下障害となるわけです。

スポンサーリンク

餅で人が死ぬメカニズム

口から喉と、入口は一つなのに、呼吸する時は空気が肺に入り、食べ物はや飲み物は胃に入り、と、それぞれ違う場所へと送られます。よくよく考えると結構、ややこしいことをしていますよね。

嚥下というのは、食べ物を咀嚼してある程度の大きさにしたら、咽喉の奥にある喉頭蓋が下がって、それが気管の入り口を塞ぎます。それがシグナルとなって食道の入り口が開いて胃にストン・・・これが嚥下のおおまかな流れです。

実に数々の反射が組み合わさって出来上がっている上に、脳でもかなり制御されています。

老人が餅を喉に詰まらせて死にやすいのは、老化によって、この数々のプログラムがエラーを起こし、一連の流れが止まってしまいがちな事から起因しています。

スポンサーリンク

老人の死因に結構多い「誤嚥性肺炎」

また、口から食道に入るべきものが間違って気道に入ってしまうことを「誤嚥」と言います。老人が食事中にむせてゲホゲホ言ってたりするのがまさにそれ。この誤嚥がきっかけで起きる「誤嚥性肺炎」というものもあります。

日本人の死因トップはぶっちぎりでガンですが、なにげに肺炎もかなり高い順位にいます。

厚生労働省:死因順位(第5位まで)別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合

誤嚥性肺炎は嚥下障害を起こしていると繰り返しやすい、というのもあるでしょう。

話がそれましたが、この辺の事は老人ばかりに起きやすいようにも思えますが、原因は神経機能の低下にあり、若い人でも過度のストレスや脳障害によって嚥下障害が起きる事もあります。

餅やこんにゃくゼリー的なもの、新鮮なぷりぷり刺身や、筋っぽい青野菜なんかは特にこのエラーを引き起こしやすいので気管にスポっと間違えて詰まって呼吸が止まるわけです。

スポンサーリンク

喉に詰まった時の対処

さて、ここからはいざという時の対処方法の話。

もし喉に餅が詰まってしまったら、まず一番最初に行うことは、何はともあれ119番です。

救急車を呼ぶことが最優先。人手があるなら、救急車を呼びながら応急処置といった具合です。

また、応急処置には、腹部を突き上げるハイムリック法と、背中を叩く背部叩打法などがあります。

具体的なやり方は、日本医師会のページあたりを読むと良いでしょう。

気道異物除去の手順|日本医師会 救急蘇生法
食べ物がのどにつまった!子どもが異物を口...

両親や祖父母など、高齢者が気になる場合、ここで印刷用のPDFも配布しているので、印刷して持っていってあげても良いかもしれません。縁起でもないと怒られても知りませんが(笑)。

お亡くなりになられた方には怒ってももらえないですしね。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事

年賀状の危険性

七輪を超火力化した「ターボ花子」の解説

寒くなるとピキっと行きがちな「ぎっくり腰」の話

Jokerの日本酒とおつまみの記事。あまりがちな蒲鉾を美味しく。

タイトルとURLをコピーしました