天然・自然だから安全安心とは限らない:安全性の高い合成成分

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2018/12/25 Vol.308 安全性の低い天然成分と安全性の高い合成成分
改稿:2020/11/21

Joker
Joker

先生、今回はオーガニック(笑)の話ですか?

くられ
くられ

こらこら、(笑)とか付けない。天然とか合成とかってよりも自分に合うかどうかが大事なのだよ。

Joker
Joker

つまり、「人の言うことを鵜呑みにするな」「自分で考えろ」って事ですね。

くられ
くられ

その通りである!・・・(キョロキョロ)

Joker
Joker

・・・? どうしたんですか?

くられ
くられ

そろそろオチの時間なので警戒態勢Pで・・・

POKA
POKA

・・・チッ!

「無添加」「天然成分」だから安心?

あれやこれやの商品の宣伝でよく使われるフレーズってありますよね。

たびたび見かけるのが「天然成分だから体に良い」「合成品を使っていません」「無添加!(何が無添加なのか不明)」なんてうたい文句です。

化粧品をはじめ、謎に寿司までいろいろなところで、こうした言葉が使われている次第。

当たり前のことなんですが、天然だから自然だから安全安心かというとそんなことはまったくないわけです。

ウルシとかトリカブトとか知ってる? って話なのですが(笑)、そういう煽りはさておいて。

今回はその辺を、科学的に見ていこうと思います。

スポンサーリンク

合成品は悪ではない

この手の宣伝文句は、まず「合成品が悪」と言わんばかりで、「天然由来の成分のほうが安心できる」という心情から来ています。気持ちはわからなくもないです。

例えば、天然の植物ホホバ科(シモンジア科)の実からとったホホバオイル石油から精製して得られた流動パラフィンでは同じ無色透明な油で触った感じも同じです。

この状態で、どちらが入っている化粧品を選ぶか、と言われたら、文系だろうが理系だろうが、天然素材であるホホバオイルの方を選んでしまいそうな気はしますね(笑)。

こういう場合にまで分子構造までイチイチ考えている人ばかりではないでしょうし。

実際、ホホバオイルのほうが角質への浸透は多少高いらしいです。

しかし、そもそも角質が油脂不足になっている状況、乳液をつけないといけない状況というのは肌のバランスが崩れているので、皮膚科にいって適切な薬をもらって改善した方が良いというのは以前から何度も話をしているところです。

スポンサーリンク

天然=体に良いとは限らない

分子構造的にみれば、完全に精製された流動パラフィンはグレードによってはベビーオイルとして赤ちゃんの肌に使っても安心なぐらい精製されています。

また保湿剤として使われるカルボマーやワセリンも同じ石油由来です。

実際、乳児の食物アレルギーを防ぐために、離乳食やおやつを食べさせる前に口元にたっぷりとワセリン(プロペト)を塗ると良いそうです。

スポンサーリンク

外部の記事となりますが、以下の乳児の卵アレルギーとワセリンについての話が参考になるかと思います。

卵アレルギー!?~卵ボーロや卵系お菓子で口の周りが赤くなったお話~ : 鹿ログ
漫画家の青鹿ユウ(@buruban)です(´▽`)はじめましての方はこちらの人物紹介どうぞ前回の記事はこちら↓明けましておめでとうございます~!本年も鹿ログ、ふうふう育児宜しくお願いいたします(´▽`)新年お年玉ゲストにお越しいただけました…!と、いうことでビックゲ

※リンク先でも触れられていますが、小児アレルギーに関しては、「掛かりつけの小児科にまずは相談してから」が鉄則。個別の事例については医師の判断をまず仰ぐべきです。

一方で天然物はというと、例えばホホバオイルもオリーブオイルも二重結合を多く持つので、日光などでそこから分子構造が変わったりちぎれて変な脂肪酸が出来上がったりと、必ずしも安定した素材ではないと言え、肌にめっちゃ合う人もいるし、めっちゃ合わない人もいます。

また複雑な成分になると、天然由来の抽出工程で余分な成分を含有してしまったり、アレルゲンを排除しきれないことなどもあり、天然=なんでも体に良いというのはやはり信じるべき言葉ではありません。

スポンサーリンク

鵜呑みにせずに「自分に合うか」を考える

結局は、精製度や使い方の問題で、天然か合成かはどうでもよくて、商品自体を実際に使ってみて、その変化をよく自分で観察して「自分には合っているか?」ということを自分で考えることが大事です。

「あの人が言ってるから良い」「あの会社なので良い」というのはあくまで参考にする程度で、短絡して考える事をやめてしまうと、思わぬ穴に落ちることになるわけです。

例えば初めて使う化粧品やシャンプーなどは、3日〜2週間くらいで影響は見えてきます。

故に、初めて使う商品には使い始めた日をマジックで書いておくだけでいいのです。そうすれば、もし謎の肌荒れが起こったらそれの原因を究明するのが「見える」ので、絞りやすくなっていきます。

人の体質、肌質は人によって全然異なります。それ故、日用品選びというのは自分との対話がめっちゃ大事なのです。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事・書籍

天然成分と合成成分、という話は、食品添加物に関しても同様の事が言えます。ソーセージに使われる防腐剤の話などがわかりやすいでしょう。何かと槍玉に挙げられる防腐剤ですが、岩塩をたっぷり使った場合、成分的には添加物の基準値を上回る事だってあるのです。

その辺は「本当にコワい? 食べものの正体」と、その抜粋を載せた記事でご紹介しています。

乳液は原則不要

化粧水の自作の話

タイトルとURLをコピーしました