【じょかセレクション】夏に嬉しいカクテル「モヒート」を家で飲む!

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2020/06/16 Vol.385 夏に嬉しいカクテル「モヒート」を家で飲む!

Joker
Joker

いやー、暑くなってくるとやっぱりミントとライムたっぷりの「モヒート」が最高に美味しいですね(ゴキュッ)

くられ
くられ

酒さえ飲めればいつでも幸せそうに見えるが・・・しかし、確かにそのカクテルは目にも涼しいね。自分酒飲めないけど。

Joker
Joker

お酒を入れず、シュガーシロップの量を調節すればノンアル仕様の「ヴァージン・モヒート」に出来ますよ。飲めない方や未成年の方にオススメです。お好みのフルーツをライムと一緒に潰して入れても美味しいかと。

くられ
くられ

へぇ、フルーツシロップを併用しても美味しいかもね。

POKA
POKA

はっはっは。どれ、ノンアル仕様で甘さマシマシのを一杯頼めないかね?

くられ
くられ

そういうことなら、確かジャムを煮るのに使った液糖がここに・・・あったあった。あと、酸味の調整で酒石酸あたりを少量加えると良いと思うぞ。

Joker
Joker

・・・なんかあっという間に科学実験になりましたね。毎度のことですが。

夏場に嬉しいカクテル

どうも。Jokerです。今回は久しぶりにガッツリとお酒の話をしていきます。

暑くなってくると、冷たくて爽やかなカクテルが美味しくなってきますね。そんな中でも好物なのは、ラムとフレッシュなライムとミントで作る「モヒート」なのですが・・・

先日、ラムといえばの「バカルディ ジャパン」から、「日頃からバカルディをご愛顧いただいている方に感謝を込めて」ということで、おうちでモヒートを作れるツールとバカルディのホワイトラムのボトルのセットをご提供いただきました。

いやまあ、例年、この時期になるとよく作るんですが、ここんとこ急激に暑くなってきたので本当に助かる(本音)。

というわけで、今回はおうちで作るモヒートと、他にも夏場に嬉しいカクテルをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

バカルディ・モヒート

バカルディからもらったセット一式は、バカルディのスペリオール(ホワイト)に、グラスとペストル、ストローとシュガーシロップとライムが入ったもの。氷と炭酸水とミントを用意すれば作れるようになっていました。

グラスはペストルで少々押しても問題のなさそうな厚みのあるしっかりした作りなのが嬉しい。というわけで早速作ってみましょう。

同梱の用紙に書いてあったバカルディ公式の「バカルディ・モヒート」のレシピは以下のような感じ。

  • スペアミント 多め
  • ライム 1/8カット×2
  • シュガーシロップ 13g
  • バカルディラム 45ml

これをグラスに入れてペストルでほどよく潰して、クラッシュドアイスを入れてよく混ぜ、最後に炭酸水を注いでそっと一回しして完成。

スポンサーリンク

んんー。やはりモヒートを飲むと夏が来たって感じがしていいですね。いや、毎年飲んでるけど、今年はバカルディから奢ってもらえるとは(笑)。

家でモヒートを飲む時は、甘さや酸味、お酒の強さを好きに加減できるのと、お行儀は悪いけど「追いライム」とか「追いミント」を好きにできるところですね。

今のご時世、外に飲みに行きづらいですし、こういうセットはお世辞抜きで嬉しい。

ちなみにクラッシュドアイスは袋ごとタオルに包んで棒か何かでぶっ叩けば家でも作れますが、面倒だなあ、という場合、コンビニでカップ入りのクラッシュドアイスが売ってたりするので探してみると良いでしょう。

また、電動だと結構お高いのも多いんですが、かき氷よろしく手回しでゴリゴリやってクラッシュドアイスが作れる「アイスクラッシャー」は、2000円程度で買えます。

なお、一般向けには、2020/6/30にAmazon限定で「バカルディ モヒートキット」というものが発売されるようです。

こちらは、ラムのボトルとメジャーカップ、ペストルの組み合わせになっている様子。

スポンサーリンク

「ミント・ジュレップ」に「カイピリーニャ」も美味しい

モヒートはライムとミントを使った定番中の定番カクテルですが、他にも夏場向けのミントやライムを使ったカクテルがあります。

いずれも以前紹介したことがあるカクテルですが、例えばバーボンウイスキーとミントで「ミント・ジュレップ」。

レシピは、最初にミントを潰して香りを出したところでバーボンを45ml〜60ml注ぎ、シュガーシロップ少々を入れてクラッシュドアイスを入れてよく混ぜ、溶けた分は氷を継ぎ足し、最後に炭酸水を少々。

使うバーボンウイスキーは何でも良いでしょうが、私の好みで言えば、ミント・ジュレップにするならやはり「メーカーズマーク」を使いたい。

スポンサーリンク

他にはライムと「カシャーサ」というラムに似た蒸留酒を使った「カイピリーニャ」。

暑くなってくるとラム同様、とりあえず一本確保しておくのが我が家であります。

こちらのレシピは、カシャーサを45ml、ライムを1/4〜1/2個にシュガーシロップをペストルでよく潰して、クラッシュドアイスを入れて溶かしながら混ぜていきます。

そのままクラッシュドアイスでフルアップしても良いですし、炭酸水を入れて「カイピリーニャ・ソーダ」にしても美味しい。

スポンサーリンク

モヒートを作って、ライムやミントなどの余した材料があったら気分を変えてこの辺を楽しむのも良いものです。

ちなみに「ミント・ジュレップ」のベースをラムにすると「ラム・ジュレップ」、同様にカシャーサをラムに変えると「ラム・カイピリーニャ」になります。

ぶっちゃけ「モヒートのライム抜き」とか「モヒートのミント抜き」なわけですが、それはそれで美味しくいただけます。

先ほども触れた、炭酸水を加えず、クラッシュドアイスをステアし続けては溶かして足すスタイルも美味しいですし、これから夏場に楽しむカクテルとしては最高ですよ。

そんなわけで今回はここまで。

スポンサーリンク

関連記事

前回:悪魔のシメごはん

ミントのカクテル

カイピリーニャというカクテル

ラムで作るカクテル

冒頭茶番・くられ先生の砂糖の使い分け講座

同じく酸味料講座

「じょかセレクション」記事一覧

じょかセレクション
「じょかセレクション」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました