肉と卵とチーズの饗宴「ミートカルボナーラ」【じょかセレクション】

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2020/11/18

Joker
Joker

本日はレシピ記事をお届け。余り物のミートソースとかハンバーグの活用です。

くられ
くられ

Jokerはそういう、妙に所帯じみたレシピ多いよね。

Joker
Joker

いやあ、昔から遅く帰宅した時なんかに、冷蔵庫にある物とか残り物でご飯でっちあげることが多かったので・・・

POKA
POKA

はっはっは。なんというか、絵に描いたようにちょっと物悲しい構図だな!

Joker
Joker

まあ昔は明日休みだしって週末とかに終電ギリギリまで仕事してはタクシーで気軽に帰れる距離にある居酒屋に滑り込んで、とりあえずビール飲みながらメールチェックしたら深夜なのに普通に返事が来てて、飲みながら取り急ぎの返事を書きつつ(ブツブツ)

くられ
くられ

あーあー、めんどくさいスイッチが・・・

赤ワインによく合うパスタ「ミートカルボナーラ」

どうも。Jokerです。料理を作る人ならわかってもらえると思うんですが、どうしても余り物が出る時があります。

そうした余り物を、ちゃちゃっとアレンジして別の一品に仕立てられると、食生活が豊かになるわけでして。

今回は、余ったハンバーグやミートソースをアレンジしてお手軽に作れる「ミートカルボナーラ」のレシピをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

ミートソースは市販のレトルトでもOK

アレンジ元になるハンバーグとかミートソースのレシピにも触れるべきかもしれませんが、山ほどレシピがある料理ですし、今回は割愛。

ハンバーグもミートソースもこだわり出すと非常に奥深いんですが、今回は簡単にいきます。

それこそ、市販のレトルトのミートソースを使ったって別に構わないと思います。

そのままの味に飽きたなという時のアレンジレシピでもあるので、この辺は自由にどうぞ。よく手抜きだなんだと言い出す人もいますが、美味しく食べられりゃそれで良いのです。

パスタを既定時間通り茹でて、ミートソースはフライパンで温めておきましょう。ハンバーグを使う場合は、軽く油を引いたフライパンに乗せて、火を入れながら木べらなどで潰し、パスタの茹で汁を加えつつ、ケチャップとウスターソースで味を整えます。あればトマトを刻んで入れたりしてもいいですね。

パスタは、フライパンで和える時にもたつくと火が入りすぎてしまうので、そういう場合は少し固めに茹でておいてもいいです。

スポンサーリンク

肉+卵+チーズ=酒に合う

あとは、茹で上がったパスタを手早くフライパンの上でミートソースと絡めます。ミートソースがしっかり温まっているなら、パスタを入れる前に火を止めてしまってもOK。

絡め終わったところでミートソースのパスタ完成、でもいいんですが、今回はここで「カルボナーラ」をドッキングさせる作業に入ります。

フライパンにあるパスタがアツアツのうちに、必ず火を止めた状態で、たっぷりのパルメザンチーズを振りかけます。量はお好み。好きなだけどうぞ。

そして、その上から卵を割って落とします。濃厚なカルボナーラが好きな人は、卵黄だけにして2個3個と入れてもOK。

卵を入れたら、手早くかき混ぜましょう。ここでもたつくと卵が中途半端に固まってしまって失敗するので、なるべく急ぎで。火を止めてから作業をするのも、卵に火が入りすぎないようにするためです。

スポンサーリンク

完成「ミートカルボナーラ」

お皿に盛ったら、黒コショウを振って、追いパルメザンチーズを振りかけ、あればお好みで乾燥バジルなんかを散らしてやりましょう。

「ミートカルボナーラ」の完成です。肉と卵とチーズの組み合わせなので、赤ワインとの相性もバッチリ。

マイルドな風味にしたい時は、生クリームとか牛乳をちょっと加えてやっても良いですし、辛いのが好きな人は一味唐辛子を振ってもよし。お好みですが、タバスコとの相性も良いです。

このレシピ、私はよく、多めに作って余らせておいたミートソースとか、残したハンバーグがある時に冷蔵庫に突っ込んでおいて、翌日に作って食べたりします。

野菜などの具材を追加しても美味しいですし、キノコを入れても良い。ベーコンやソーセージで肉マシにしても美味しいので、ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク

関連記事

ハーブソーセージを使ったトマトソースのパスタ

絶品・チーズと卵が濃厚なカルボナーラ

娼婦風パスタのアレンジサラダ

意外? イカの塩辛で作るパスタ

タイトルとURLをコピーしました