ヘルドクターくられの自分への投資術その4:自分自身を幸せにする

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2020/09/22 Vol.399 お金の使い方 第4回

くられ
くられ

というわけで、さんざんお金の使い方の話をしてきたわけだが、今回は「自分で自分を幸せにする方法」についてだ。

Joker
Joker

よく「幸せはお金では買えない」とか、そこまでじゃなくても「すべてではない」って言いますね、そういえば。

くられ
くられ

うむ。が、お金があれば避けられる不幸があるので、ある程度の経済的余裕は大事だよ。その具体的金額は人それぞれだけどね。

Joker
Joker

なるほど。それはその通りですね。そういう意味では、一度失うとお金で買えない「健康」は大事ですね。

くられ
くられ

失わないとわからないって部分もあるけど・・・まあ、体には気をつけないとね。

Joker
Joker

・・・いや本当に。ブラック労働とか本当に体を蝕むので。あれはHP上限を削る攻撃ですよ。LPも減るんですよ。効率よくやろうとしても現場を引っ掻き回されることはしばしばで、やっとやり方が定まって落ち着いてきたら今度は異動ですかそうですか。で、蓄積したノウハウを短時間で引き継げと? 今度の部署は、退職された方ちゃんと引き継ぎ資料とか用意されてるんですかね? だいたい例のプロジェクトは上の都合で無理やり圧縮された上に他のと統合したせいで当初の前提が崩れてとても悲惨なことになってて、火消しやった人が何人辞めていったと・・・(ブツブツ)

POKA
POKA

はっはっは。目が死んでいるな。こういうのが一番、非生産的と言うべきだろう。きちんと前を向いて、今やるべきことをしっかりやらないとイカンのである! とりあえず電気ショックで現世に戻ってこい(バリバリバリバリ!)

Joker
Joker

うぎょほぇあっ! ハッ、私は一体なにを・・・

くられ
くられ

さぁ〜〜、なんかイヤなことでも思い出してたんじゃない?

※ジョークです。実話じゃないです。フィクションです。

お金の使い方の話 その4

ここしばらく、連載で「お金の使い方」について触れてきました。

自分への投資は大事だよ、とか、スキルアップは大切だよ、とか。

言うて自分もぜんぜんダメだったけど、現実逃避せず「今」前に進むようにあるべきだよ、と、そういう話です。

今回は「自分で自分を幸せにする方法」についてお送りしましょう。

スポンサーリンク

「幸せ」とはなんでしょう?

漠然とした質問をしましょう。

「幸せになりたいですか?」

これ、大半の人がYESと答えると思います。たまに自罰的な人で自分を幸せにしてはいけないと思ってる人もいますが、それはまぁその人の生き方なので否定はしません。

しかし、自罰的な人は他人の幸せも引っ張ろうとすることがあるので、それは絶対にダメ。自分を不幸にキープするのはまったく個人の自由ですが他人の権利を侵害する権利は1ミリもないからです。逆にそういう人が身近に居る場合は早めに始末しておきましょう(笑)

さて。大半の人が考える「幸せ」ですが、なんでしょうか?

スポンサーリンク

自分で自分を幸せにする

「幸せ」とは個人の主観によるものなので、脳内モノアミンの総和でしかないわけです。

究極、麻薬で脳をバグらせれば幸せなわけですが、それは「幸せに感じている」だけで、持続性のない幸せです。

しかもその後に来る副作用や社会的制裁を考えると完全な不幸物件です。故に麻薬はあかんわけです。それ以外にもダメな理由は山ほどあるけど、それは拙著「アリエナイ理科」シリーズを読んでくれ(笑)

さておき、こんなひねくれた解答をせずとも、非常にわかりやすい答えがあります。

それは、幸せになりたかったら、自分で自分を幸せにする努力をすること。

これに尽きるわけですが、このめちゃくちゃ当たり前のことが、めちゃめちゃ多くの人が出来ていないことな気がします。

スポンサーリンク

幸せとお金

まず幸せについて、お金がすべてではない・・・とは良く言いますが、お金があることで避けられる不幸はめちゃめちゃあります。

故にある程度の経済的余裕は、幸せに暮らす上でまず必須と考えて間違いないでしょう。

その金額がいくらくらいなのか・・・?? はその人次第。光熱費や趣味のお金などを含めて全然違うからです。

ただ人生を生きていると、突然大病や大けがをすることはありますから、そういうときに詰まないように、ある程度の蓄え(2、3ヶ月は大丈夫なように)しておくあたりから、収支のバランスを考えて、そこに見合った仕事を選ぶようにします。

その上で、自分の目的や何をしたいか、なにが楽しいのか? をいろいろ見つけて、そのために、必要なモノは何か? と自分でルート開拓をしていく人生設計は幸せの1つではないかと思います。

スポンサーリンク

くられ式「幸せを維持するポイント」

さて、そうしてルート開拓をしていって、設計した人生におけるマイルストーンが、結婚であれ、起業であれ、それはなんでもいいです。

が、人生のゴールは「死」以外にありません。それらすべては、通過点です。

故に、その上で不幸を避けて幸せに暮らしていくためのセンサーを働かすのはすごく大事なことなのです。

最後に自分が気をつけている幸せを維持するためのオレポイントをまとめておきます。

あくまで自分の話なので、まったく役に立たない可能性大ですが(笑)

スポンサーリンク

その1 経済圏を意識する

まずはお金の管理から。といっても、経理的、事務的な部分はともかく、普段から意識することはもっとざっくりです。

端的に言えば、入ってくるお金をちゃんと把握して、その上でできる勝負をしていく、ということ。

自分をとりまくお金の全体像を把握して、できるだけ多くの人を巻き込んで、関係者が得を取れるようにする・・・という感じです。

コラボで白衣を作ったりグッズを作ったりするのはまさにそれで、これを後のオープンにするかクローズドにするかでは大きく変わります。

スポンサーリンク

その2 オープンな仕事とクローズドな仕事のバランス

オープンな仕事というのは多くの人に向けた広い仕事で、作家活動全般がそれにあたります。

一方で、クローズドな仕事というのは、例えばサロンや有料サービスを初めて、その有料会員向けのコンテンツを作ったりグッズを販売するという感じです。

多くの芸能人やブロガーがサロンをやっているのは、炎上でもなんでもとにかく人を集めて、その中から毎月1万円取れる信者を募ってそれを千人二千人と増やしていく商売です。

これは短期的には非常に利益が高いのですが、崩壊しやすい経済モデルなので自分はあまりやりたくない感じです。

ただそれほど高くない金額で有料サービスを始めれば、その収益はそれなりの金額になるので、そうしたお金を懐には入れずに、コンテンツ制作に回すことで、よりオープンな活動を広げていって、活動期間を持続させることができるかな?? とは思ってます。

スポンサーリンク

その3 健康に気をつける

そして、健康に気を付けること。これがぶっちゃけ一番大事です。

人間、ちょっと頭が痛いだけで機嫌が悪くなりますし、慢性的な痛みに苦しんでいる人が、人を喜ばせるコンテンツを作るのは超絶苦痛です。

あらゆる幸せにおいて、最も基本である「健康であればこそ」の部分は失ってから分かるものなので、健康をないがしろにしてる人は、そのうち死ぬほど苦しむので、そこで考えを改めましょう(笑)

自分も死ぬほど苦しみました。そして1回死ぬほど困らないと人間はやる気を出さないので、こればっかりはなんともなんとも(笑)

スポンサーリンク

ヘルドクターくられ、自分のこれからを考える

そんな感じで、自分のこれからをぼんやり考えていたのですが、自分の行く方向はまずは1つめは「作家として」のキャリアです。

作家としてはまだまだなので、もう少し知名度と実力を上げていかないといかんところです。

2つめはそのキャリアや知名度を軸に、いろいろな経済圏を作りたい・・・ということです。

若くて優秀な人のやりたいことを後押しできる経済圏を作れればなぁ・・・と、YouTube向けの動画の経費振り込みをしつつぼんやりと考えています(笑)

ちなみに薬理凶室動画の制作費は、動画編集者に費用は発生してますし、イラストレーターや声優さんにはちゃんと費用を支払いしてますが、演者であるメンバーには出演費は発生してません(笑)(若手で余裕があるとはいえないレイユール氏にはちゃんと払ってる)

もっとガンガンやるようになったら別ですが・・・ ガンガン作れるようになったらいいなぁ・・・

さてさて今後はどうなるかなぁ〜〜 ぼんやりと将来を考えます(笑)

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事

第一回:お金の使い方の側面二つ

第二回:消費と投資の比重

第三回:学んだことは武器になる

教育崩壊のゲンバ

教養と人付き合いスキル

過去の栄光に縋っても現実は待ってくれない

連載「出版業界のリアル」

ヘルドクターくられの「俺コラム」記事一覧

俺コラム
「俺コラム」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました