「ザーサイくらげ」と紹興酒とカクテル【じょかセレクション】

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2020/11/18

Joker
Joker

あのですね。夜中にちょっと一杯、お酒飲みたくなることってありませんか?

くられ
くられ

いや自分酒飲まないからしらんがな。また太るぞ。

Joker
Joker

うっ・・・いや、おっしゃる通りなんですが、今日は無性に紹興酒が飲みたくなりましてね。

くられ
くられ

中国のお酒だっけ。中華料理をお供にすると、さらに太るのでは?

Joker
Joker

はい・・・いえ、そこでですね、そんなに重たくないおつまみをと思いまして。

くられ
くられ

まあ、好きにすればいいと思うけど・・・そういえば胡麻団子があったな。

Joker
Joker

・・・紹興酒は烏龍茶割りにしても美味しいんですよ。私にも胡麻団子ください。

青島ビールや紹興酒のアテに「お手軽中華おつまみ」

どうも。Jokerです。たまに無性に、青島ビールや紹興酒が飲みたくなることがあります。

最善を言えば、中華を出す店に行って、ピータンなんかの前菜をつまみながら青島ビールで乾杯して、八宝菜やエビチリや麻婆豆腐なんかを頼んで紹興酒をしこたま飲み、炒飯を食べて満足したところで、最後に烏龍茶と胡麻団子でシメる。

と、こんな感じにいきたいわけですが、なかなかそうもいきません。

それに、脂っこい中華料理と紹興酒の相性は抜群ですが、それほどガッツリ食べたいわけじゃなく、ちょっと一杯飲みたい、と、そんな場合もあります。

そこで今回は、割とお手軽に作れる、中華風な簡単おつまみをご紹介しましょう。あとは、紹興酒で作るカクテルの話も少々。

スポンサーリンク

前菜かつ酒にあう「ザーサイくらげ」

中華の前菜の定番といえば、先に挙げたピータンなんかですが、そこらでほいほい売ってるものでもありません。割と入手性が良く、気軽に買えるもので定番といえば、やはりザーサイだと思います。

今回はこのザーサイと、くらげを使った「ザーサイくらげ」の作り方を。とてもシンプルなのにお酒が進みます。

材料はザーサイとくらげ、あとはキュウリだけです。

スポンサーリンク

作り方

まずはくらげを塩抜きします。これには時間がかかるので、事前に仕込んでおくと良いでしょう。調理済みのくらげが売ってたりもしますが、甘く味付けされたものは合わないのでご注意。

戻したくらげとキュウリの千切りで、シンプルに酢の物にしてもこれはこれで美味しいんですが、ここにやはり刻んだザーサイを加えると、ぐっと中華みがまして相性が良くなります。

塩加減はだいたいザーサイの塩分だけで十分。風味づけにごま油をかけ、ほんのちょっぴり醤油を垂らしてやる程度で、もう完成です。お好みでゴマを振ってやっても良いですね。

また、豆腐の上にこれを乗っけてやると、おつまみにもおかずにも良い感じになります。油っけはあるものの、割とヘルシーな部類に入るので、お腹周りが気になる人にもオススメ。

スポンサーリンク

紹興酒とカクテルの話

さて、続いては紹興酒の話。私的には好物の一つで、中華料理を一式頼むならビンで紹興酒を持ってこい、となるわけですが、特有のクセがあるので口に合わないという方もいるでしょう。

そのクセが中華料理との相性の良さに通じる部分なんですが、そこは好き好き。

私はそのまま常温ストレートで飲むのが一番好きですが、寒い時期なら軽く燗をしたり、あるいは飲みやすくロックに、ソーダ割りにしてレモンを絞って飲んだりしても顔の変わる酒です。

今まで好きじゃなかったんだけど、ソーダ割りにしたら美味しく飲めて、中華の時は飲むようになった、なんて知人もおりますれば、気になる方はお試しあれ。

また、紹興酒の烏龍茶割りである「ドラゴン・ウォーター」、同じくジャスミンティー(ホット)で割る「ロイヤル・ジャスミンティー」というカクテルもあります。

割合はお好みでOK。こちらはそれぞれのお茶の風味が強く出るので、やっぱり紹興酒持て余した・・・なんて時にもオススメのカクテルです。

というところで、今回はこの辺で。

スポンサーリンク

関連記事

烏龍茶で作るカクテル

紹興酒はちょっと・・・という方には梅酒のカクテルなんかも中華との相性良しな感じです。

その土地の食べ物と地ビールの相性はやはり良い

お燗とホットカクテルの話

タイトルとURLをコピーしました