明日のためのネットリテラシー:TwitterのパクツイBOT

リテラシー
スポンサーリンク

初出:2014/02/11 Vol.55 明日のためのネットリテラシー その1

Joker
Joker

あ・・・しまった。パクツイをリツイートしてしまった。

くられ
くられ

最近は巧妙なのも多いよね。リプライ欄を見ると荒れまくってたりするけど。

Joker
Joker

ですねー。動物の画像とか動画なんかは、ついつい見てしまう気持ちもわかります。

くられ
くられ

しかし、無断転載はいかん。悪質業者の片棒を担ぐ事になるし。

SNSのフォロワー・いいねを売る

「Twitterのフォロワー売ります」「Facebookで1万いいね!を提供」

こんな商売があります。そんな胡散臭いものは知らないし興味もない、と、多くの人の意見はそんなものでしょう。

しかし、実際問題、けっこう多くの人が、知らず知らずにそうした悪質業者に手を貸しているとしたら、どうでしょう。

貴方の何気ないリツイートが、この手の悪質業者の思うつぼ・・・だったりするのです。

悪質なパクツイBOT

「笑ったらRT」「感動する話BOT」「癒し画像BOT」「可愛いペット画像BOT」

こんな感じで可愛いペットだったり面白い話の画像や動画が、Twitterで回ってくると思います。面白いので何気なくそのままリツイートしてないでしょうか?

これらの画像や動画、ツイートの内容は、大半がオリジナルではありません。バズったツイートから他人のクレジットを削除した上でそのまま無断転載・・・いわゆる「パクツイ」をしている訳です。

これだけでも問題ですが、これらのBOTは、そうやって何気ない人のRTやフォローを貯めて、アカウントを育てています。

スポンサーリンク

アカウントの販売・広告への誘導

初出当時の数年前に比べると、こういったアカウントは少しずつ排除されるようにはなってきています。無断転載を発見するツールなどもありますし、Twitterの通報システム経由で凍結されることもあります。

が、しかし、今なおそういったパクツイBOTは存在し続けています。色々と手を変え品を変えて、リツイートで回ってきている訳ですしね。

そして、こうして他人の拾いものだけででっち上げた偽アカウントを売買したり、巧みに怪しげなビジネスの広告を貼って誘導したりと、商売にしているのです。

中には「私に実害がないならどうでもいい」と思う方もいるかもしれませんが、こうしたBOTはTwitterのサーバーにも余計な負担をかけており、サーバーが重たくなる原因のひとつになります。

なんだかTwitterが遅い、重たい、画像がアップできないし開けない・・・こういった被害を間接的に受けているとも言えるのです。

スポンサーリンク

関連記事

「明日のためのネットリテラシー」記事一覧はこちら

明日のためのネットリテラシー | アリエナイ理科ポータル
「明日のためのネットリテラシー」の記事一覧です。

「リテラシー」カテゴリの記事一覧はこちら

アリエナイ科学メルマ:リテラシー
「アリエナイ科学メルマ」のリテラシー・・・ICTや科学など、普遍的な知識として押さえておきたい記事の一覧となります。

Twitter活用講座・ツイートの予約投稿の仕方

【Twitter活用講座】TweetDeckでツイートを予約投稿
メルマガ配信後、日頃から定期ツイートとしてメルマガとポータルの宣伝をしているんですが、実はこれ、手動ではありません。事前に仕込みをして、自動的に投稿されるようにしています。今回はこの、ツイートの予約投稿についてご紹介しようかと思います。

承認欲求とSNSの関係の話はこちら

【パーソナリティ障害】承認欲求型モンスターとコミュ障とSNS
SNSで、自撮りの写真を山ほどアップしてる人の中には、パーソナリティ障害の人がけっこういるそうで。そりゃ自意識高い系の子がやってんだから、多少はと思ったら、2、3時間、キマった写りになるまで自分を撮り続けているという話で、戦慄しました。

ネットでの悪口はブーメランになる

ヘルドクターくられの「俺コラム」:ネットの悪口はブーメランになる
ネットでの自分の評価が怖い。何か悪口を書かれていたらどうしよう・・・古くは2chなどの掲示板から、今ではSNSで、そうした人達をよく見かけます。頻繁に掲示板やSNSをチェックしては、一挙一動にビクビクする人達。今回はその辺を解説しましょう。

宣伝

大好評につき早くも第3刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました