化粧品でシワが消せるって本当?科学的にシワの消し方を考えてみる

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2016/04/19 Vol.168 しわを消す化粧品

そんな簡単にシワは消えない

シワを消す化粧品という感じの商品を、薬局でちらほら見かけます。

先に結論から言っておくと、シワを消すというのは、皮膚の構造自体をガラっと若返らせない限り無理で、多少の保湿やビタミン類を塗ったところで変わることはありません。

というかそんな薬があれば、医薬品としてバンバン処方されますし商品化もされているはずですが、そんなことはないわけです。ましてや医薬部外品やそれ以下の化粧品には「薬効」らしい薬効なんかあっちゃならんわけでして・・・。

薬局で売られている、唯一小ジワを低減できる商品といえば、ヒルドイド軟膏的なヘパリン系軟膏くらいで、それでも、本当に薄いシワが出来にくくするよう再生を促す程度が限界です。

スポンサーリンク

肌のシワは、長年のダメージから肌の代謝にムラが生じコラーゲンやエラスチン自体が歯抜けになることで、キメを失い、その結果、刻まれてしまうものです。
なので医療的には、ケミカルピーリングといって薬品焼けを生じさせて一端リセットして再生させるといったものや、サーマクールといった高周波で皮膚の奥深くをやけどさせて強制的に再生させることで、肌の張りを戻す・・・という感じです。あとは外科的にひっぱるか、糸をいれてリフトアップするしか、どうにかする方法はありません。

もちろん肌は筋肉によってひっぱられているので、日焼け対策をしっかりして、運動をすることで筋肉が付けば引き上がるので、自然とシワやたるみは減ります。
くどくど言うようでアレですが、どんな美容整形をしても、それを維持する運動をさぼれば台無しになってしまう(ひどい崩れ顔の芸能人とそうでない綺麗な人がいるのはそのせい)。

それくらい運動は大事という・・・いつものオチに(笑)。