添加物は悪くない!フードホラーやインチキ健康情報に騙されるな!

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2016/11/29 Vol.200 フードホラーやインチキ健康情報に惑わされないために

フードホラーに気を付けよう

相も変わらずフードホラーの記事がネットを賑わせております。
特に添加物を悪者にするのは定番ですが、折に触れては言っているように、添加物は大丈夫、気にするべきは添加物ではなく栄養面という地味な話をいくらしたところで、XXという化合物は発がん性がある!みたいなどうしようもない記事のほうが目立ちますよね。

そして意識高い何も知らない人がさらにそれを拡散し、デマのように有象無象に広がってえらいことになってるわけですが、この手の問題は1つ1つ反論したり、問題点を指摘しても、相手は、そもそもデタラメなので言いたい放題、それに対してきっちり問題点を調べて、ここがおかしいとか、ここが間違っているとか指摘するのは労力もハンパないですし、多くの偉い先生方がそうしたゴミクズの始末をするというのは、本来なら人の生活を豊かにできる有能な人物の時間を奪い、しかも何も残らないという不毛以外の言葉が見当たらない物です。

書き散らかす方はなんせデタラメ出任せですから低労力で拡散力もあるとか、もはやうんざり以外の言葉もないのです。初出当時、猛威を振るっていたDeNAのWELQが大手を振っていた訳ですが、デマやらパクリ改変やらで大炎上したあげく、他のまとめサイトまで含めて全部休止に追い込まれたのは記憶に新しいところ。あれだってあまりにもあまりだったので悪目立ちして芋づる式になっただけで、今も金儲けのためにデマを振りまいているところは少なくありません。

こうしたインチキ健康情報に踊らされないようにするための、心得というか簡単な判別法に関して今回はまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

食品添加物は悪者ではない

まず、食品添加物の毒性に関しては気にする方がおかしいのです。特に食に関してはヒステリックになる人が多く、メーカーも多少の混入事件で製造ラインを止めて凄まじい損失、会社の損失だけならともかく、そのラインに行くべき材料さえも闇に消えているわけですから、俺が気持ちいいなら信じられない食品ロスもやむなしというのはいささかヒステリーが過ぎる気がします。

閑話休題、話を戻しましょう。

インチキ情報のインチキさには非常にタイプが多くそれらをすべて潰す方法はありません。ただ直感的にこれは嘘だと勘ぐってもよいという線引きは存在します。

まず、どこどこの偉い(ないしは偉く見せるのが得意な)先生が何を言ってようが、「耳障り」が良いというものは疑うべきです。

「OOは良く、XXは駄目」「OXはXXだからOO」といった単純明快で解りやすく、問題点を1つに集約しているものです。
タバコでさえ発がん性が100%保証されているかというとそうではなく、あくまでリスクが高くなると評価するのが本当なのです。タバコさえ吸わなければ癌にならない・・・なんてのはやはり嘘なので、それに類するXXさえ食べていればOOという話は信憑性は乏しいと言えます。

または、身近なもので今まで当たり前のものが毒であるという話。

例えばヤマザキパンは「FAO/WHO合同食品添加物専門家会議」(JECFA)で「遺伝毒性発ガン性物質」に指定されている臭素酸カリウムを使っている!!みたいな提灯記事です。

そういうものは大半がキャリーオーバーで、残留量は、もはや気にするのも馬鹿げたような物質が大半です。しかもすでにヤマザキパンでは使用を停止しているのに、それを知らずに平然と記事にしていたりと、その程度の連中が自分が注目されたいだけにそういった記事を作っているのが透けて見えてきます。

また、ジャンクフードは添加物だらけだから危険、食べたら死ぬみたいな記事もありますが、栄養面が最低なだけで、含まれている添加物が悪さをするわけではないのです。問題点が栄養面から添加物にすり替えられている時点で大きなミスリードです。

まぁ自分みたいな怪しい野郎がこんなまともな話をしなくちゃいけないのも馬鹿馬鹿しいですし、コンコンチキを信じろなんて微塵もアピールしませんが、今後とも「これはひどい」というモノを見つけたらまた報告していこうと思いますので、よしなにございます。

添加物の危険性については以下のような記事もかつて執筆しました。ご参考までに。

「コンビニパンは危険」は間違い?「食品添加物は危険」のウソ、毒性誇張のまやかし
 コンビニエンスストアで売られているパンの原材料欄には、見たことも聞いたこともない化学物質が大量に書かれています。「リン酸塩はカルシウムの吸収を阻害し、防腐剤は…
タイトルとURLをコピーしました