【科学リテラシー】実は不思議な振る舞いをする化学的に見た水の話

リテラシー
スポンサーリンク

初出:2019/12/24 Vol.360 水という謎の液体

くられ
くられ

本日は、化学的に見ると実は結構不思議な「水」の話をお送りしよう!

Joker
Joker

言われてみれば、氷は水に浮きますけど、固体、液体、気体の話を習うと「あれ?」って思いますもんね。

くられ
くられ

普通は同じ物質なら固体は液体に沈むからな。

POKA
POKA

はっはっは。水というなら電気分解して水素と酸素を700気圧のボンベにぶち込むのがだな、これはすごいパワーだぞ、と・・・

くられ
くられ

おっとその話はその辺にしておこうか。

POKA
POKA

何、話はここで終わりだ。何しろここに実際にブツを用意したからな! パワーは実際にこれから確かめてみよう!

BOMB!

水という謎の液体

たまにはちゃんとした化学の話もしましょう。

テーマは水。水is水。

水は水以外ではなく、それに水素やらケイ素やらが溶けたと自称するゴミが町中に売ってますが、機能的には水は水です。

水素水に至ってはザルで水を汲んで売るようなもの。水素分子はペットボトルのスキマから逃げ出すし、フタのパッキンのスキマからも余裕で逃げられます。

そういうぼったくり丸出しのシロモノなわけですが、今日はそういうオカルト商売につばを吐きゲロをぶっかけてケツに高水圧洗浄機をつっこむ話ではなく、水という分子についての話です。

スポンサーリンク

人類が使える水の量は?

実は水というのは極めてへんてこりんな分子で、H2Oで表されるように水素2個と酸素1個で構成されています。地球でも相当多い物質で、地球の7割は海ですし、地下6kmまで水が存在することが知られています。

じゃあこの水で人類が使えるのは・・・となると、97%は海水で、残りの淡水の75%は氷として南極と北極に存在して・・・河川や湖などすぐに使える淡水は全体のたった0.05%です。

地下水は先の0.05%には含まれないのですが、埋蔵量が深さごとにわりとすぐに枯渇するので、工業的に使うと地盤沈下を起こすレベルで深掘りして採取しないといけなくなってコスパも極悪だったりします。

スポンサーリンク

化学的な水の振る舞い

水が化学物質として奇妙というのは化学をそこそこ勉強しないと実感できません。

例えば、まず水は非常に低分子であるということです。水のモル質量は約18g/molですよね。対して、LPガスとかのプロパンなんてガスの代名詞ですが、44g/molもあります。水より分子が重いのに、余裕で常温ではガスですよね。高圧に缶につめてようやく液化できるレベルです。

水に構造が近いH2S(硫化水素)もバリバリに気体ですね。硫化水素は34g/molです。おかしいですね。

これは酸素という原子が非共有電子対をもってることと電気陰性度が高いことから来ています。これによって常温の水分子は水素部分と酸素部分で互いに引き合って水素結合によって編み目の構造になることで見かけ上大きな分子として働くけど所詮は水素結合なのでぐにぐにと液体として振る舞うことが可能なわけです。

これが低分子の水が常温で液体である理由です。この互いに引き合う性質が今度は冷えたときに結晶構造を取ろうとすると、今度は分子間のスキマが増えるので密度は下がるので、氷は水に浮くわけです。

溶けた鉄に固体の鉄をいれると沈むように基本的に固体が液体に密度で負けるというのはこれまた珍しい性質というわけです。

そういうわけで水ひとつとっても、語る話題は無限大。化学という物質で物事を見る目があれば、いろいろなものが見えてきて、インチキ科学にも欺されにくくなるわけなので、みんな理科を勉強しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

ニセ科学に騙されてはいけない

実はすごい日本の水道水

水と油を使った液体チャーム

冒頭茶番の話が気になる方は、アリエナイ理科ノラジオをどうぞ(笑)

ラジオライフ公式アリエナイ理科ノラジオ Part3

宣伝

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」、発売されます!

「アリエナイ理科ノ大事典」改訂版が発売されました!

大好評につき早くも第5刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました