科学的に正しい洗顔のお作法:顔の若さを保つためのケアとは?

美容と健康
スポンサーリンク

初出:2013/10/01 Vol.36 正しい洗顔 前編
初出:2013/10/08 Vol.37 正しい洗顔 後編

本当に知ってる? 正しい洗顔の方法

皮膚科の本には当たり前に書いてあることなのですが、一般に浸透していない「当たり前の話」として洗顔の方法というものがあります。洗顔なんて正解も不正解も無さそうですがさにあらず。

顔は体表の中で手と並び最も外気に晒されダメージが多いにもかかわらず、若さの象徴であるという相反することを求められる部位。体をタオルでゴシゴシ洗うだけのケアではいかんのです。若さを保ちたいのであれば、実年齢より若く見られたいのであれば、ケアをしなければいかんのです。

やってはいけないこと

  • 強く擦らない
  • 落ちにくいメイクは必ず専用のリムーバーを使う
  • シャワー洗顔はよくない
  • 高温のお湯で何度も洗う

しなければいけないこと

  • 汚れをしっかりおとす。特に日焼け止めや化粧はしっかり落とす
  • 保湿に十分気をつける。季節の変化に合わせること
  • 朝かならずUVケアを考える。それは男女変わらず
  • さらにシミ、くすみを消したい場合は最適なものを塗り治療する

していいこと、しなければいけないこと。この2つをまず合わせた上で、正しい洗顔が見えてくるわけです。ここからは、結局はどうすればいいのか、その理由について説明します。

スポンサーリンク

具体的な洗顔のやり方

まず、強すぎる洗浄をしないということ。顔は常に外に露出している部分なので、皮膚のダメージが最も大きく、また顔面の筋肉に皮膚が止まっている力も、それほど強力ではないので、強く擦ったりしていると、ダメージが大きくなります。また皮脂の取りすぎも問題で、顔を洗った後、皮脂がさらっと取れ皮脂がベタつかない程度であれば十分綺麗になっています。カサカサ、キシキシになるまで洗うのは保湿剤をいれても無防備時間が長くなり、メイクや日焼け止めを塗った後のダメージが増える可能性が。

故に、洗顔剤は、ぬるま湯以下の温度で泡立てたセッケンなんかで優しくあまり時間をかけずに洗い、洗い流す。念入りに綺麗にするのは夜に風呂に入るときで十分、その時も熱いシャワーでながしっぱでは、確実に皮脂を失いすぎるので要注意。風呂上がりの際は10分以内に保湿化粧水(得に冬期は要注意)を塗る。保湿化粧水は、過去のこのメルマガか、拙著、アリエナイ理科ノ実験室なんかで、調合法とその簡単すぎる配合の理由とメリットを説明していますので、そちらを参照に。

スキンケアには夜に風呂、ないしはシャワーを浴びるのは大切で、1日の汚れ(日焼け止めやメイクは塗りっぱなしはかなりよくない)を軽い洗うだけでベッドに持っていくのは極めて良くないです。清潔にしたうえで保湿をしっかりして、唯一肌が再生できる時間帯を最大限生かします。

また小じわや乾燥が気になる部分にのみピンポイントで、ヘパリン含有軟膏を塗っておくと劇的に改善されます。目の下のクマなんかにも効果があります。いずれも目に入らないように注意し、ニキビには塗らないようにしましょう(悪化します)。ただ使用に注意が必要ということは、わりと効果が高いのでこの冬、肌を綺麗にしたい人は是非。ヘパリン含有クリームは各社から出ている他、皮膚科に行って、乾燥肌なのでヒルドイドクリームを出して欲しいといえばOKです。

化粧水の作り方は「我々だ!」コラボ動画でも紹介されました。

【科学】超お手軽に化粧水作ってみた!
タイトルとURLをコピーしました