ヘルドクターくられの自分への投資術その3:学んだことは武器になる

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2020/09/15 Vol.398 お金の使い方 第3回

くられ
くられ

お金の使い方の話、第3回をお届けする。今回は「なんで勉強しなきゃならないの?」へのひとつの回答だ。

Joker
Joker

ああ、学生の頃はそういう疑問を抱くこともありますよね。身に付けたことって後で何かと役立つんですが・・・

くられ
くられ

うむ。身に付けたスキルがないと、仕事の選びようがなくなるからな。

POKA
POKA

はっはっは。やはりスキルを身につけるには、座学の後の実践こそが大事なのだ!

くられ
くられ

いや、それは確かにそういう側面もあると思うけど、なぜこちらにキャノンをむけているのかな?

Joker
Joker

(・・・あっ、これいつものアカン奴だ)

POKA
POKA

はっはっは。何、やはり実際に発射しないと威力が確かめられないからな! それ、3、2、1、発射!

お金の使い方の話 その3

2回に渡って、お金の使い方の話をしてきました。

お金には消費と投資の二つがあって、その比重をぼんやりとでも意識するのが大事。

そんな感じで偉そうに

「自分に投資することは大事だよ!」
「スキルアップしていかないとヤバいよ!」

と言ってる自分ですが、じゃあお前はどうやねん、と思いますよね。

結論としては、ぜんぜんダメだったよ、故に今めっちゃ焦ってるよ・・・という話を、今回はしていきましょう。

スポンサーリンク

人生は霧雨の中を行くようにずぶ濡れになっていく

今を思えば2年半程前に、「我々だ〜」さんのコラボ企画で使って頂いたことで、再び若い世代の方々に自分の存在を知って頂けたわけで、それまでは自分は書店で売られている本の人・・・でした。

そして、それなりに稼げていた時代は終わり、本を出しても大して売れず・・・とほんとうにじわじわと落ち目になっていたわけです。

この落ち目の具合は自覚はあるんですが、「次の本は売れるかも?」みたいな謎の自信というか期待があって、それに掛けて仕事をする、うまくいかない・・・を繰り返し、マジで部数もゆっくりと減っていくので、「辞め時」がマジで分からなくなっていました。

とはいえ、さすがに入ってくるお金が減りだしてやばかったので、予備校か塾か・・・と求人募集を見ていた次第です。

「自分への投資をしておこう!」みたいな偉そうな話を2回に渡ってしてきましたが、その当人がこんなものです。

スポンサーリンク

スキルがなければ仕事を選べなくなる

ただまぁ逆に言えば、当時作家としては詰んでいたとしても、まだ「人に勉強を教える」というスキルはまだ残ってるわけで、こちらで一勝負打つことはできるわけです。

これが過去に自分が重ねてきた勉強の結果なわけで、これがなければ、下っ端肉体労働(専門職の肉体労働は稼げるが、そこまでの体力も経験もない)、体力がなければ、さらに過酷で低賃金なレーン仕事・・・と、選べる仕事自体が減っていくわけです。

拘束時間が長くて低賃金の仕事しか選択肢がなければ、当然新しいスキルアップや勉強もできませんから、当然そこからもう少し良い仕事に就くためのチャンスは時間経過と共にどんどん失われていきます。

何もしなくても年齢は増えていくので体は衰え、判断力は鈍り、心も体も柔軟性が失われていくわけです。

ここで大事になってくるのが、以前も話をした、少子化のご時世で学校がイージーモードになっている、という話です。

スポンサーリンク

教育現場の崩壊とチャンス

どこも少子化で子供が足りませんし、国は教育にお金をかけない方針らしいので大学の研究費はメリメリ減っていき、そもそも初等教育の現場から崩壊しているところも数多です。

これは国の現状として見ると大惨事でヤベー以外の言葉はないのですが、現在義務教育まっただ中の人にとってはウルトラスーパーチャンスです。

勉強しなくてよい世界で勉強して良い成績をとりにいくのはかなりレアな存在だからです。

故に20年前の偏差値50をキープするのと現在の偏差値60台に行くのはおそらく後者のほうが簡単です。

当然偏差値は上位に近づくほど同様に勉強しているヤツが相手になるので頭打ちもするのですが、昔は50程度で頭打ちだった人でも60〜65くらいはわりと狙える世界観になっているわけです。

スポンサーリンク

YouTubeで無料で勉強ができる時代

そして世はYouTube大全盛。あらゆる最高の授業がYouTubeで無料で見ることが出来ます。

昔は年間数十万以上払わなければ見れなかったような授業が無料で何度でも受けることができるわけです。

必要なのは固定回線とデスクトップPC(ノートPCでも良い、タブレットは微妙)。

逆に家に固定回線(光回線)がなくてパソコンもなく、家族全員スマホで済ませてる・・・という家はかなり情報社会で不利なので・・・という話は同人誌でもしたとおりです。

ドワンゴジェイピーストア / 【委託】ヘルドクターくられの動画を100億倍楽しむ本!
ドワンゴジェイピーストア / くられ先生の宇宙一受けたい授業!

ともあれ、勉強をちゃんとして出来ることを増やしておくと、いろいろ、これからながーーーく生きていく上で大事な武器になるよ・・・という話です。

スポンサーリンク

常に新しいことへのセンサーを張ろう

逆に言えば、ぼんやりと勉強をしてぼんやりと大学にいってウェーイと楽しんでぼんやりと就職すると、ぼんやりと10年20年が過ぎ去ります。

この10年20年って体感的にはあっというまですが、人間が専門技術を2、3個身につけてマスタークラスになるには十分な時間です。

なので常に新しいことにセンサーを張り、貪欲にコレはできるんじゃないか、これは楽しいんじゃないか、となんでもいろいろやっていかないと、自分で自分を閉じた世界にしてしまうことで、「ゆっくりと詰んでいく」ルートへ進み始めます。

そうならないためにも、「昔はよかった」とか「昔勉強しておけばよかった」とか過去の自分に責任をなすりつけて現実逃避をせず、どんな年齢の人でも常に前に進むようにあってほしいなと思うわけです。

これが次回の「自分で自分を幸せにする方法」へと繋がっていくわけです。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事

第一回:お金の使い方の側面二つ

第二回:消費と投資の比重

第四回:自分で自分を幸せにする

教育崩壊のゲンバ

教養と人付き合いスキル

過去の栄光に縋っても現実は待ってくれない

連載「出版業界のリアル」

ヘルドクターくられの「俺コラム」記事一覧

俺コラム
「俺コラム」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました