俺コラム

スポンサーリンク
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:個人情報の扱い・ケーススタディ

個人情報についての話は、今までも散々触れてきました。しかし「個人情報は大切だよ」と言い続けても、当たり前のことを当たり前にしていない人が多すぎるように感じます。改めて個人情報の扱い方について、事例を交えつつ触れていこうと思います。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:芸能ニュースは不毛である

地上波は時間の無駄で、ワイドショーはストレスを溜めるだけで害悪。人の不幸を見て喜ぶようになるのは、建設的な方向で幸せを見つける能力の低下だと思う、という話をしてきましたが、今回はその中でも「芸能ニュース」の不毛さについて触れようと思います。
リテラシー

【俺コラム】人生に必要なのは教養なのか人付き合いスキルなのか?

人付き合いをそつなくこなす力を自分は「人付き合いスキル」と呼んでいますが、独断と偏見ながら、この辺の能力はいわゆる「教養」と真逆の位置にあるのではないか、と実は思っているのです。今日は、その辺の話をコラムとしてまとめてみようと思います。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:過去の栄光に縋るのは愚の骨頂

「古き良き時代」という言葉がある。今より昔の方が良かったと、そういう、懐古的で現在を否定するこの言葉が、自分は大嫌いである。過ぎ去った事物は記憶の産物に過ぎず、ただ過去の栄光にしがみ付いて現在から目を背けているだけに過ぎないのです。
スポンサーリンク
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:「アリエナイ理科」振り返り

今回はなんにも役立つことを書きません! ただのコラムです。以前、Vol.300の節目で今までのあれこれを振り返ったコラムを書いたわけですが、ちょうどいいタイミングが訪れたので、現状にあわせてまとめてみました。今後も頑張っていきます。
美容と健康

ヘルドクターくられの「俺コラム」:冷え性改善には運動と筋トレ!

自分は年末年始からの冬場、1〜3月と、季節の変わり目がとても苦手です。とりわけ年末年始は個人的なジンクスが色々あるのですが、それはさておき、寒暖差が激しいと辛い。かつて悩まされた冷え性は運動と筋トレでかなり改善したのですが・・・
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:良い技術・悪い技術という偏見

科学観。科学について、世の中に役立つ明るい面と人や社会に危害を加える闇の面がある、つまり良し悪しがあるなどと評されているが、自分は、これはただの偏見でしかない、と思っています。そんな訳で、今回は「俺の科学観」についてお話できればと思います。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:「犯罪者のお宝」である年賀状

年賀状とは、簡単に言えば、決まった時期にまとまってやりとりされる個人情報の固まりで、高度に情報化されSNSが隆盛している現代にはそぐわないものであります。今回は危険性を踏まえて年賀状を出したいという場合に気をつけるべきことなどをご紹介。
スポンサーリンク
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:年賀状は時代にそぐわぬ危険物!

新年にやり取りされる「年賀状」。否定をするつもりはありませんが、今の時代となっては非常に危険な風習です。年賀状一枚と高を括っていると、思わぬ痛い目に遭う可能性が否定できません。今回は、年賀状の注意すべき点についてまとめてみましょう。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:【学校教育崩壊】教育現場のゲンバ

すべては受験教育が「学び」を破壊していると、自分は拙著「アリエナイ理科」シリーズで15年前から文句を言ってきたわけですが、何の因果か、自分が高校や大学で教鞭を振るうことになっております(笑)。今回はそこからも見える教育現場の崩壊について。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:物語の「おもしろさ」とは何か

おすすめの漫画紹介なんかをすることもありますが、たくさん読んだ中からの選りすぐりをご紹介するわけで、残念ながら読んでみてつまらなかったということも。今回は、面白い物語とはなんなのかというのを、漫画を例にとってちょっと徒然とまとめてみます。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:あなたのSAN値は?

SAN値というネットスラングがあります。よくネットでSAN値が下がるとかいって、精神汚染された的使われ方をしているアレ。このSAN値、実生活上、実社会上で意外と当てはまる場合があり、そして結構、パラメータが人それぞれな気がするのです。
スポンサーリンク
生活と科学

ヘルドクターくられの「俺コラム」:自称「高級店」と料理の美味しさ

世に料理店の口コミサイトはあれこれあるが、基本的に自分は参考以下にしかしない。美味しい店は自分の足で探して、自分用のマイマップを作るものである。というわけで今回は、自称名店と料理の美味しさについてちょっと触れていこうと思います。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:ジャンプするテクノロジー

科学監修の関係で、人類の科学史を再勉強しているわけですが、やはり科学文明はマジですごい。ブレイクスルーがブレイクスルーを生む、その繰り返しで成り立っているという気づきはやはり大事です。今回はその辺と、急速な進歩の弊害などに触れていきます。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:個人情報、雑に扱ってませんか?

個人情報。プライバシーの侵害とか情報漏洩とか色々ニュースになっているが、多くの人は、個人情報をかなり粗雑に扱っている。不正利用の被害にあった場合でも、サービスによっては返金してもらえない場合もあるので、自衛はとても大切だと思うのです。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:個人の能力と仕事との向き合い方

自分は、YouTubeに出る事もあれば、テレビに出る事もありますし、講演の仕事を受けたりする事もありますが、行動原理として「おもしろい」かどうかがあり、それによって対応が変わってきます。今回はその辺を含めて、仕事との向き合い方の話をします。
スポンサーリンク
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:生理的に受け付けない人の話

イラっとくる人。これは人によって様々です。が、しかし、多くの人の「生理的に受け付けない」という話を聞いて整理すると、ある類型が見えてくるように思う。それは「分不相応」という言葉に表されます。今回は豹変する人の話をお送りしましょう。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:科学者の在り方と技術の発展

科学は清く正しい物とか誰が決めたんでしょう。科学者は清廉潔白で、世界が良くなるためなら犠牲を厭わず、ボランティア精神で社会に奉仕するべき。こんなことをほざくアホが世の中にはいます。奴隷扱いとはひどいもの、今回は科学者の在り方を考えてみます。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:スポットライトで目が眩む人

「スポットライト症候群」という言葉がある。いや、自分の造語なんですが、とてもわかりやすいので。世の中には、注目というスポットライトが当たった時に、目が眩んでしまう人とそうでない人がいる、という話です。問題行動を起こす人も中にはいます。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:恥の概念と自分との向き合い方

人間誰しも持っている羞恥心、「恥」とは一体何なのでしょうか?恥とは、周りに対して自分が異なることや、自分の行動、主義、主張に矛盾があったりなど、いろいろな場面で人間が感じる特殊な感情のひとつです。今回はこの辺を掘り下げていきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました