俺コラム

スポンサーリンク
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:年賀状は時代にそぐわぬ危険物!

新年にやり取りされる「年賀状」。否定をするつもりはありませんが、今の時代となっては非常に危険な風習です。年賀状一枚と高を括っていると、思わぬ痛い目に遭う可能性が否定できません。今回は、年賀状の注意すべき点についてまとめてみましょう。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:【学校教育崩壊】教育現場のゲンバ

すべては受験教育が「学び」を破壊していると、自分は拙著「アリエナイ理科」シリーズで15年前から文句を言ってきたわけですが、何の因果か、自分が高校や大学で教鞭を振るうことになっております(笑)。今回はそこからも見える教育現場の崩壊について。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:物語の「おもしろさ」とは何か

おすすめの漫画紹介なんかをすることもありますが、たくさん読んだ中からの選りすぐりをご紹介するわけで、残念ながら読んでみてつまらなかったということも。今回は、面白い物語とはなんなのかというのを、漫画を例にとってちょっと徒然とまとめてみます。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:あなたのSAN値は?

SAN値というネットスラングがあります。よくネットでSAN値が下がるとかいって、精神汚染された的使われ方をしているアレ。このSAN値、実生活上、実社会上で意外と当てはまる場合があり、そして結構、パラメータが人それぞれな気がするのです。
スポンサーリンク
生活と科学

ヘルドクターくられの「俺コラム」:自称「高級店」と料理の美味しさ

世に料理店の口コミサイトはあれこれあるが、基本的に自分は参考以下にしかしない。美味しい店は自分の足で探して、自分用のマイマップを作るものである。というわけで今回は、自称名店と料理の美味しさについてちょっと触れていこうと思います。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:ジャンプするテクノロジー

科学監修の関係で、人類の科学史を再勉強しているわけですが、やはり科学文明はマジですごい。ブレイクスルーがブレイクスルーを生む、その繰り返しで成り立っているという気づきはやはり大事です。今回はその辺と、急速な進歩の弊害などに触れていきます。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:個人情報、雑に扱ってませんか?

個人情報。プライバシーの侵害とか情報漏洩とか色々ニュースになっているが、多くの人は、個人情報をかなり粗雑に扱っている。不正利用の被害にあった場合でも、サービスによっては返金してもらえない場合もあるので、自衛はとても大切だと思うのです。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:個人の能力と仕事との向き合い方

自分は、YouTubeに出る事もあれば、テレビに出る事もありますし、講演の仕事を受けたりする事もありますが、行動原理として「おもしろい」かどうかがあり、それによって対応が変わってきます。今回はその辺を含めて、仕事との向き合い方の話をします。
スポンサーリンク
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:生理的に受け付けない人の話

イラっとくる人。これは人によって様々です。が、しかし、多くの人の「生理的に受け付けない」という話を聞いて整理すると、ある類型が見えてくるように思う。それは「分不相応」という言葉に表されます。今回は豹変する人の話をお送りしましょう。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:科学者の在り方と技術の発展

科学は清く正しい物とか誰が決めたんでしょう。科学者は清廉潔白で、世界が良くなるためなら犠牲を厭わず、ボランティア精神で社会に奉仕するべき。こんなことをほざくアホが世の中にはいます。奴隷扱いとはひどいもの、今回は科学者の在り方を考えてみます。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:スポットライトで目が眩む人

「スポットライト症候群」という言葉がある。いや、自分の造語なんですが、とてもわかりやすいので。世の中には、注目というスポットライトが当たった時に、目が眩んでしまう人とそうでない人がいる、という話です。問題行動を起こす人も中にはいます。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:恥の概念と自分との向き合い方

人間誰しも持っている羞恥心、「恥」とは一体何なのでしょうか?恥とは、周りに対して自分が異なることや、自分の行動、主義、主張に矛盾があったりなど、いろいろな場面で人間が感じる特殊な感情のひとつです。今回はこの辺を掘り下げていきます。
スポンサーリンク
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:Twitterのラジオ的運用法

Twitterについて触れる時は、自分はラジオ的に使っている、と申し上げておりますが、ではこれはどういう使い方なのか。今回はこの「Twitterのラジオ的運用法」について、つらつらと触れていこうかと思います。情報収集を効率化しましょう。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:謝らない人達の価値基準

世の中には「謝らない人」というものがいて、どうして謝らないのか、普通の人との認識のギャップについて今回は考察します。価値基準の違いというものを把握しておくと、観察するにせよ、相手をするにせよ、対応が変わってくるので、実は結構、大事な事です。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:編集者と情報収集の重要性

自分は曲がりなりにも元編集者です。雑誌や本を作ってきました。当時は、毎週、神保町の大型書店は一番上の階から下の階まで、すべての売り場を見て、本の動向を見ていたものです。今回はそこをとっかかりにして、情報収集の重要性に触れていこうかと思います
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:ワイドショーを見ると不幸になる

以前も、地上波は時間の無駄、ワイドショーはストレスの元、と、そういう記事を書いた訳ですが。今回は、もう少し突っ込んで、どこがどう良くないのかに触れて行こうかと思います。端的に言えば、憎悪と嫉妬を煽る構成のワイドショーは、不幸を招くのです。
スポンサーリンク
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:メディアはスポンサーを見るべし

記事の中身を判断する時は、スポンサーを必ず確認するようにしましょう。スポンサーを見ると、面白い側面が浮かび上がり、結果的に、世の中の裏面を垣間見ることができます。今回はそんな、スポンサーと記事の関係の話をお送りします。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:炎上案件と個々の危機管理

何か重大な事件が起きたとしましょう。連日マスコミは大騒ぎ、ネットでも話題が白熱して、迂闊な発言がSNSで炎上・・・しかし温度差というものもあり、情報のギャップは無視できません。今回は重大事における危機管理について触れていきます。
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:番長制度で情報を取捨選択する

何事にも精通し、情報を取捨選択できるのなら良いのでしょうが、そんなヒマも時間もないですし、「わからんものはわからん」というのが実情でしょう。膨大な情報から必要なものを精査するのは大変です。そこで今回は、自分がオススメする「番長制度」をご紹介
リテラシー

ヘルドクターくられの「俺コラム」:地上波のニュースは時間の無駄

テレビは見るか? 自分は地上波は見ません。別に意識高い系アピールをしたいわけではなく、時間がもったいないからです。見るのはCS放送のみです。地上波のニュースはだらだらと長くやる割に中身がスカスカなので、情報を得るにはネットニュースで十分。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました