ヘルドクターくられの「俺コラム」:あなたのSAN値は?

リテラシー
スポンサーリンク

初出:2014/03/18 Vol.60 俺日記

くられ
くられ

本日は実生活上における「SAN値」の話をお送りしていく!

Joker
Joker

あー、えーっと、あまり詳しくないですが「いあ!いあ!」とか「窓に!窓に!」というアレですか?

くられ
くられ

うん、元ネタはそれだね。今回はそこから転じたネットスラングの方だけど。

Joker
Joker

なるほど・・・ということは、先生のお面の口とか、機械王の帽子の中とか、そういうのの話ではない、と。

くられ
くられ

まるで追求するとSANチェックが必要みたいな物言いではないか。Jokerの覆面の中身も大概だろうに。

Joker
Joker

・・・中には何もありませんよ? 何かが見えたら、たぶんそっちの方が不幸ですね。

※それでは、1D10/1D100のSANチェックです。

SAN値というネットスラング

SAN値というネットスラングがあります。

元々はクトゥルフ神話TRPGのパラメータの一つで、語源はSanity(正気、精神の健全さ)という英語です。

恐怖にさらされた時などにダイスで判定して、このSAN値(正気度ポイント)が減少するほど狂気へと向かっていき、ついには発狂する。

そんな様子から転じて、精神的にショックを受ける事柄、例えば閲覧注意な動画や画像を見て「SAN値がガリガリ削られていく」なんて表現がネットでよく使われるようになりました。

このスラングとなった「SAN値」、実社会でも意外とあるんじゃないか、というのが、本日のお題です。

スポンサーリンク

平静を保つ基準としてわかりやすい

さて、元々のCoC(クトゥルフの呼び声)での使われ方はこの際置いておくとして、今回はスラングとなったSAN値の話です。

よくネットでSAN値が下がるとかいって、精神汚染された的使われ方をしているアレ。

このSAN値、実生活上、実社会上で意外と当てはまる場合があり、そして結構、パラメータが人それぞれな気がするのです。

臭いものSAN値、醜いものSAN値、騒音SAN値、子どもSAN値、老人SAN値・・・etc

それぞれのSAN値が高いほど人は平静を保っていられるわけで、人によって耐えれるレベルが違うという表現に使えるなと思う次第。

些細なことで怒り狂う人なんかは「全体的にSAN値が低い」とか、そういう感じです。

スポンサーリンク

貴方のSAN値は?

また、総じて何事においてもあまり動揺せず、平静を保っている温厚な性格の持ち主でも、人間ですから必ず何か「これは無理」っていう、SAN値の低いパラメータがあると思うのです。

例えば他のことはともかくとしても「虫だけはダメ。無理、絶対無理」みたいな。

「ああ、この人は虫SAN値が低いんだな」という具合で、モノによってはその人の本質部分を垣間見れるような気がする、というわけです。

人間、他人に自分のもっとも恐る影を見てしまったりすると、狂乱状態に陥って攻め立て、石を投げる傾向があります。

つまりもっともSAN値が低いものを見ることで、その人の人間性なんかの、ある種の物差しになるのではないかな、と。あくまで一面に過ぎないとも思いますけどね。

一方で、あまりにもSAN値が低すぎる場合、その対象に対して怒ったり嫌悪したりするのではなく、耐えきれなくてその存在ごと無視、まるで「見えない」かのごとく振る舞うこともあります。

この辺を説明するのに「SAN値」という言葉は、非常に便利だと思います。

自分のことで言えば、電話SAN値がゼロだなぁ、と・・・(笑)。

スポンサーリンク

関連記事

前回、自称「高級店」と料理の美味しさ

ネットの悪口はブーメランになる。煽りSAN値ですね

新環境と自信。自信を持つというのはSAN値の底上げになります

ワイドショー有害論。無駄にSAN値を削るだけ

「俺コラム」記事一覧

俺コラム
「俺コラム」の記事一覧です。

宣伝

「アリエナイ理科ノ大事典」改訂版が発売されました!

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました