ヘルドクターくられの「美味しいジュース」講座

生活と科学
Fresh apple juice close up shot
スポンサーリンク

初出:2014/12/16 Vol.98 美味しいジュースの選び方

果物から作られるジュース。ジュースと名乗るには、果汁成分が100%でないといけません。しかし、100%ジュースには実は種類があります。

100%ジュースにも種類がある

ジュースの類いはJAS法で明確にガイドラインが決められているので見分けるにはラベルを見れば良いのです。

コンビニなどにある安い100%ジュースは濃縮還元というもので、海外で濃縮し、日本で水でもどして100%にしたもの。ビタミン類が失われている他、香りや風味も本来のものより劣ってしまう。

対してストレート果汁というのは国内で圧搾し、最低限の滅菌行程を経て出荷されるもの。

見分けをつけるには、まずは、ストレート果汁のものを知っているかどうか。

違いをしった上で見分ける舌があればそれでよし、ラベルには「ストレート果汁」と書かれています。

ストレート果汁ジュースは、基本的に美味しいモノですが、では濃縮還元は微妙なままで飲むのが正しいのでしょうか?

実はさにあらず。各社「ジュース」というカタにハマるために、加工を最小限しかできないので、どの濃縮還元ジュースも同じような味になるわけです。

スポンサーリンク

濃縮還元ジュースを科学の力で美味しくする

まず、美味しいジュースの方法としては、加糖というダイレクトな方法があります。ただそのまま加糖しても、味が濃くなりすぎるだけなので、その上で水を10%くらい足して90%ジュースに調整することで劇的に美味しくなる商品もけっこうあります。

また、濃縮還元ジュースの元になる原液を多めにいれて、120〜130%ジュースにすると、ストレート果汁に負けず劣らない風味になるものもあります。

また混ぜるとおいしくなるのが果物ジュースの特徴で、自分もスーパーで買うのは、もっぱら混合系の100%果汁ジュースです。メーカーによってはかなり調整がうまいものも。

関連動画および記事

くられ先生のジュースと言えば人気の「いちごミルク」動画もどうぞ。

【レシピ公開】ひと手間加えて絶品の『いちごミルク』を作ってみた

また、同じく科学動画で紹介した「バナナミルク」については、具体的な作り方を紹介した記事もあります。

ヘルドクターくられの「毎日でも飽きない!バナナみるみるの作り方」
今回はアリエナイ理科ポータルのオリジナル突発企画として、科学動画で紹介したバナナみるみるの作り方の詳細をお送りしよう。丸投げされた事だし、どこで材料買うのが良いかも紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました