ゴールデンカムイで有名な「ニリンソウ」の栽培と美味しい食べ方

生活と科学
花が咲いたニリンソウ
スポンサーリンク

初出:2020/07/28 Vol.391 ニリンソウの栽培と美味しい食べ方

くられ
くられ

ヘルドクターくられの! 野草クッキング!

Joker
Joker

はい、ということでね、今回はあの漫画で有名になった「ニリンソウ」を使った料理を作っていただきます!

くられ
くられ

ニリンソウはこちら! 葉っぱはトリカブトに良く似てるけど、花が咲くと区別がつくぞ!

POKA
POKA

はっはっは。そして、こちらが料理に使う、干したニリンソウだ。干してしまうと区別などつかなくなるから、くれぐれも注意するように!

くられ
くられ

そして、この干したニリンソウは、ゴリゴリとすりつぶして、これをウサギ肉のチタタプ・・・は簡単に手に入らないので、まあ、手に入りやすい肉類と一緒に煮込み料理にしよう!

Joker
Joker

おお、これが「オハウ」なんですね・・・では早速、実食とまいりましょう!

くられ
くられ

・・・ところでPOKA、これ本当にニリンソウだよね?

POKA
POKA

はっはっは。実はさっきすっころんでトリカブトの標本と混ざってしまったんだが、まあ、カンで分けておいたから大丈夫だろう!

Joker
Joker

(・・・ブクブクブク)

※野草の誤食事故は結構起きるので、区別のつかないものは採取しないように。シャレになりません。

ゴールデンカムイで有名になった「ニリンソウ」

漫画「ゴールデンカムイ」を読んでいる人であれば、恐らく誰もが気になっているであろう野菜「ニリンソウ」。

花が咲いていない状態では、トリカブトと極めて似ており・・・というか似た植物が多すぎて藪の中で見つけ出すのは容易ではないニリンソウ、誤食事故も多く、判別がつかない状態で食べるのは大変危険です。

実際、ゴールデンカムイの作中でも、間違えてトリカブトを取ってきてましたしね。

最近はブームのせいか苗を買うことも難しくなくなってきていますが、手に入らないというわけでもありません。

かつて株分けしてもらってから、手探りしながら適切な栽培や美味しい食べ方を探ってきたので、今回はその辺を改めてまとめてみましょう。

スポンサーリンク

ニリンソウの育て方

まずは育て方ですが、ニリンソウは水はけの良い土で、少し酸性の土壌を好みます。従って、普通の園芸土をそのまま使っても良いですし、そこに川砂を少し混ぜると育ちが良い感じです。

肥料も必要ありません。むしろ、化学肥料をまくと枯れることが多い感じなので、不要です。

プランターで栽培する場合、水受けを付けておいて、常に水が入っている程度に水切れがないようにしておくと無難でしょう。水切れを起こすと、一端しおれた葉は元に戻らず枯れてしまうことが多いので注意が必要です。

一方で、一端根付くと丈夫で、春先にきれいな花をつけ、秋頃まで葉っぱは生い茂ります。なので、ここから適当に間引いて食用としましょう。

冬には地上部は全部枯れるのでそのままはさみなどでトリミングしてカットしてしまい、その上から腐葉土をまぶしかけるようにしておくと良いです。

特に東京以北では上に腐葉土をかけておかないと冬に死んでしまうこともあるようですが、基本的には寒さに強い植物です。

日当たりも適当でよく、1日に3、4時間日の当たるところであればどこに植えても問題ないです。近い種のトリカブトよりは暑さ耐性もあるようです。

スポンサーリンク

ニリンソウは生で食べてはいけない

というわけで、試行錯誤しながらも、以前株分けしてもらったニリンソウを実際に食べてみたわけですが、食べ方にもコツが要ります。

せっかくだしまずは味見を・・・というわけで、生でムシャムシャと食べてみたら、これが「まずい」の一言。

細かい毛がびっしり生えているのでハブラシを食ってるようなかんじで青臭さの奥にさらに苦みがあり、そして微かな芳香があります。しかも一応キンポウゲ科の植物なので生の状態では毒性があり、食べてはいけません(笑)。

これはそのままかじっていい植物ではなかった。

乾燥させることで脱炭して食べても問題ない植物になります。ゴールデンカムイでの作中でも干して使われていたのは、ただ保存性を良くするだけではなかったという話でして、先人の知恵とは大切なものですね。

スポンサーリンク

乾燥させたニリンソウを美味しくいただく

乾燥させたニリンソウは茎は非常に固く、また葉も食感はよいわけでもないので、乾燥してパリパリになったものを茎を捨てて葉を粉々にして、肉料理、特に煮込み系肉料理にいれると風味がアップします。

普通の鰹だし+豚肉というシンプルな鍋を作ってみて入れてみたのですが・・・・これが激変。

たしかに「肉のうま味を何倍にもする」というアシリパちゃんの言うとおり、まさか植物なのに出汁が出る・・・という感じのすごく豪華な味になります。

芳香は三つ葉に近いのですが、三つ葉のような主張がなく、ひたすら肉のうま味を増すという感じの味です。この成分は一体何なのか気になるところ。

単品で食べると苦みが少しあり好き嫌いはありそうな感じもしますが、出汁のうまさを引き立てる謎の効果は、これは研究に値する感じさえします。

スポンサーリンク

著者紹介

くられ
くられ

サイエンス作家、タレント。シリーズ累計20万部の「アリエナイ理科」シリーズを始め楽しい科学書の分野で15年以上活躍。週刊少年ジャンプ連載「Dr.STONE」においては科学監修を務め、フィクションと実科学との架け橋として活躍中。TV番組「世界一受けたい授業」「笑神様」「MATSU」ぼっちの出演や、YouTubeで80万再生を超える科学動画を「主役は我々だ!」と共同製作も。仕事の依頼や関連情報は https://twitter.com/reraku

「アリエナクナイ科学ノ教科書2」好評発売中です!

新刊「マンガでわかる! 今日からドヤれる科学リテラシー講座 教えて!夜子先生」好評発売中です!

関連記事

初夏の山菜「ヤブカンゾウ」

トリカブトの話

美味しい水草「ミズオオバコ」

ツユクサを食べてみる

イモ粥にして美味しいカキドオシ

サバイバル薬草術

タイトルとURLをコピーしました