水槽と生き物:くられ先生絶賛の水質管理に便利な砂「ブルカミア」

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2016/11/29 Vol.200 我が家の水槽

Joker
Joker

うわあ、たくさん水槽がありますね。それに、昆虫に植物・・・なんかここだけ世界が違いますね。

くられ
くられ

いやー、維持管理も結構大変でね。水槽の水質管理は、ある床砂を導入したら随分楽になったけど。

Joker
Joker

・・・あれ? こんなところに隠し扉? そこにあるのは・・・培養ポッド?

くられ
くられ

おおっと、そっちは立ち入り禁止だ。「友達」を造っているだけだよ・・・

※フィクションです。ポケ森だよ!

くられ先生の水槽

以前、美味しい水草の話で、そのまま生食するのは怖かったので栽培してから食べた訳ですが・・・つまり栽培できる環境があるというわけで、我が家には水槽がいくつかあります。

もちろん、水草だけでなく水生生物を飼育しているんですが、ここで大事になるのが水質管理です。自分はヒロセペットの「ブルカミア」という砂を使っています。

株式会社広瀬 ヒロセペット
水槽、金魚、熱帯魚、水草、アクアリウムのことなら ヒロセペットへ。生体のほか、各種飼育用品、レイアウト用品、餌、テラリウム等幅広く取り揃えております。底面ろ過+ブルカミアで長期間水換え不要のかんたん飼育。多孔質の粒とそこに棲みつくバクテリアのはたらきにより安定した水質を保ちます。

こういう書き出しだとステマ臭いですが(笑)、いやいや、実際に使ってみたらこれが非常に良い砂だったのです。今回はこの「ブルカミア」のレビューをしていこうかと思います。

スポンサーリンク

ヒゲミズヘビと水質

我が家の温室で唯一の爬虫類、ヒゲミズヘビ。このヘビを飼っている水槽でブルカミアを使っています。

ヒゲミズヘビはなかなか繊細で、古い水でないと体長を崩し、しかしあまり水が汚くても体調を崩すという、どっちやねん・・・と言いたくなる水にうるさい生き物です。

そして、水中に生きる爬虫類であるため、体温を維持するために餌をたくさん食べる大食漢でもあります。具体的には、一日に金魚を一匹くらい。

そうなるとどうしても水が汚れやすくなるため、ブルカミア導入前は、前述の通り、新しい水だと駄目なので、水草水槽で維持した水を二週間に一度、半分ほど取り替えていました。

スポンサーリンク

水換えの手間要らずになるブルカミア

この水換えの手間はなかなかのものなので、ものは試しと底面ろ過を貼って、そこにブルカミアを5センチほど床砂として敷いてみました。

効果は絶大。

ヒゲミズヘビは大食漢なだけあって、毎日大きな糞をするのですが、それが三、四日で消えます。これはブルカミアのバクテリア処理能力の高さによるものです。

以前も同系統の、いわゆるソイル系という砂を使った事もあるんですが、その場合、二、三ヶ月もすると砂が泥状に崩れ出します。

ブルカミアは崩れもせず、砂の間にヘドロが溜まるような事もありません。大量に発生したゴミはいったいどこに消えているのか、不思議になるレベルで水が綺麗です。

半年ほど水換えをしなくても環境は維持されており、水質検査をしても、せいぜいが亜硝酸濃度が少し上がってきたかな、という程度で、悪影響と呼べそうなものは本当に何も出てきませんでした。

スポンサーリンク

餌の金魚の維持にも役立つ

これはすごい、ということで、餌用に維持している金魚・・・和金の水槽にも採用する事にしました。

大食漢の生き物を育てる以上、餌となる生き物も飼育、維持してやる必要があるんですが、これまた大変なものでして。今までは飼ってきた1/3はどうしても死んでしまっていたのですが、ブルカミア水槽でキープするようにしたら、びっくりするほど死ぬ個体が減りました。

ブルカミアによる水質、環境維持能力は、信じられないほどの安定感があると、言ってしまって良いでしょう。

砂とろ過セットを購入した時は結構良いお値段がしたのですが、実のところ、同価格帯の床砂は別に珍しくありません。ブルカミアは本当におすすめなので、水生生物を飼育されている方は導入を考えてみては、と思います。いやほんとマジすごい。

スポンサーリンク

関連記事

美味しい水草・実際に水槽で栽培して食べたものもあります

ちなみに、ミズオオバコを食べた時は、栽培した後に念のためアルコールと次亜塩素酸で殺菌した上で食べました

「実食済み」シリーズ一覧

実食済み
「実食済み」の記事一覧です。

実はすごい日本の水道水

水遊びにご用心

宣伝

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました