【じょかセレクション】コーラで作るちょっと変わったカクテル

生活と科学
ギネスとコーラ
スポンサーリンク

初出:2020/09/01 Vol.396 コーラで作るちょっと変わったカクテル

Joker
Joker

今日はコーラで作るカクテルの話です。蒸留酒使うレシピはたくさんあるんですが、今回はあえて外してみました。

くられ
くられ

ふーん・・・ぱっと見どれも普通のコーラにしか見えないんだが・・・

Joker
Joker

そりゃあまあ、コーラ使うとだいたいコーラの色になっちゃいますからねえ。

くられ
くられ

まあ、それもそうか。イベントで出したアダルトコーラもパンチを効かす方向で調整したしな。

Joker
Joker

とりあえず、せっかく作ったので一杯飲むことにします・・・ちなみにこれは「ディーゼル」と言って、見た目が石油の色みたいだからブフォあっ!!

POKA
POKA

はっはっは。どうせだから本物の重油を底に沈めておいたぞ! ドッキリ大成功!

くられ
くられ

いや、仕込む側も仕込む側だが、飲む前に気づこうよ・・・

Joker
Joker

(・・・ちーん)

コーラで作る変わり種カクテル

どうも。Jokerです。ここしばらくカクテルの紹介をしていなかったので、今回はカクテルの紹介をしていこうと思います。テーマは「コーラ」のカクテル。

以前、メジャーなコーラのカクテルはご紹介したことがあるので、今回は変わり種を紹介していこうと思います。

変わっているとは言っても、それほど作り方は面倒ではないので、割と気軽に試せるはず。

メジャーなものを楽しみつつ、ちょっと変わったものに手を出してみるか、といった感じでお試しできる、そんなところを着地点にしたい感じで、行ってみましょう。

スポンサーリンク

コーラのカクテルの特徴

以前にご紹介した時にも触れたことですが、コーラというのは主張の強い飲み物なので、お酒の風味をぶっ飛ばしてしまう感じになります。

なので、蒸留酒を割る時も、あまり熟成されていない、割って飲むのに向いたものが使われたりします。

あんまり聴き馴染みのない感じですが、ウォッカだと「ルシアンコーク」、テキーラだと「メキシコーク」なんて名前も一応ついているようです。

まあ、ウォッカにしてもジンにしても、有名なラムコークにしても、テキーラでも焼酎でも、だいたいみんな「アルコールの入ったコーラの味」に収束するということでもあり・・・(笑)

それはそれで飲みやすく、度数の加減もしやすいので、あんまりお酒に馴染みのない人が試しに飲んでみる、というのには、ことによっては、度数の高いもののあるチューハイを飲むより向いているかもしれません。飲み慣れた人が一緒にいる前提ですが。

・・・というのも、コーラ割りにすると多少度数が高くても、それこそコーラを飲むようにグイグイと飲んでしまうことがあるので。お酒に弱い方は十分にご注意ください。

スポンサーリンク

ディーゼル/トロイの木馬

では本題、ちょっと変わったコーラのカクテルの紹介に移ります。まずは「ディーゼル」から。これは、ビールをコーラで割ったものとなります。

割合は基本は1:1ですが、お好みに合わせて加減しましょう。また、使うビールは、スタウトと呼ばれる種類を使うのが一般的ですが、普通のビールを使っても美味しいです。

なお、スタウトというのはローストした大麦を使った、黒色の濃厚なビールです。黒ビールとはまたちょっと違うのですが、ややこしいので割愛。代表的なスタウトとして「ギネス」があります。

また、スタウトを使ったディーゼルは「トロイの木馬」とも呼ばれます。由来は、コーラもスタウトも色がそっくりで、カクテルにしても見た目では紛れてしまってわからないから。名付けは他でもないギネス社だそうで。

ちなみに「ディーゼル」自身の由来は、色の黒いカクテル故に、石油を連想するからだとか・・・もう少し名付け用はなかったのかとも思いますが(笑)。

スポンサーリンク

カルーア・コーラ

カルーアのコーラ割りとして、そのまんまの名称である「カルーア・コーラ」というカクテルがあります。

コーヒーのリキュールであるカルーアとの組み合わせは、ちょっと「えー」と思われる方もいるかもしれませんが、これでなかなか相性が良いのです。

標準的なレシピはカルーア30mlにコーラを適量。お好みでレモンスライスを飾る感じです。もともとコーラとレモンは相性良いのでレモンつきがオススメ。

カルーアといえばカルーアミルクが有名で、それほどお酒が得意でない方も好んで飲まれているカクテルですし、飲みやすいのでレディーキラー枠として紹介したこともあります。

が、ミルク割りばかりでは飽きてくることもありますし、たまには目線を変えて、コーラ割りを試してみる、というのも良いんじゃないでしょうか。

・・・ちなみに、カルーアミルクが甘すぎる、という方向けのアレンジに、インスタントコーヒーの粉を1tspほどトッピングする「ビター・カルーアミルク」というアレンジがあるそうです。この前初めて知ったので、気になる人はぜひ試しに飲んでみてください。

スポンサーリンク

ピーチ・コーラ

最後にご紹介するのは、桃の風味を追加した「ピーチ・コーラ」です。

これは、クレーム・ド・ペシェなどのピーチリキュール30mlに、コーラを適量、そしてお好みでカットレモンやレモンスライスを添える感じです。

やはりコーラが主張するものの、ほんのりピーチリキュールの風味がして、なんかそういうフレーバーのコーラだと言われれば納得してしまいそうな味です。

なお、クレーム・ド・ペシェは、ウーロン茶割りの「ピーチウーロン」(レゲエパンチ、クーニャン、上海ピーチなど別称多数)にしても美味しいですし、甘いお酒が好きな方は持っておいて損のないリキュールだと思います。

スポンサーリンク

総括・度数は控えめな感じ?

今回紹介したカクテルは、いわゆる蒸留酒で割るタイプのものより、度数が控えめのビールやリキュールを使っているので、度数で言えば、チューハイの「ほろ酔い」くらい。

カルーア・コーラはそれよりかは少し度数高めですが、それでもストロング系には届かない程度です。もちろん、加減にもよりますが。

世の中、お酒の味はあんまり好きじゃなく、体質的にもあんまりお酒が飲めないけど、飲むこと自体は好き、とか、興味はあるけど成人したてでガッツリしたお酒はまだちょっと、とか、そういう人もいらっしゃるでしょう。

そういう時は、こういったカクテルにも出番があると思います。私自身は「酒!」と主張する酒が好きですが、それはそれ。好みにあわせて美味しくお酒を嗜みましょう。

スポンサーリンク

関連記事

前回:お酒の原料

コーラで作るカクテル

ジンジャエールとカクテル

レディーキラーと呼ばれるカクテル

くられ先生の「パクチーで作るコーラ」

「じょかセレクション」記事一覧

じょかセレクション
「じょかセレクション」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました