【じょかセレクション】おうちでお手軽おすすめカクテル:カンパリ編

生活と科学
スポンサーリンク

初出:2019/06/04 Vol.331 おうちでお手軽!個人的おすすめカクテル:カンパリ編

くられ
くられ

おや、今日のカクテルに使うのは、その真っ赤なお酒?

Joker
Joker

ええ、イタリア原産のリキュール「カンパリ」です。定番のカクテルベースですね。

くられ
くられ

へぇ〜〜、見た目からしてなんかベリー系っぽいけど・・・

Joker
Joker

ところがどっこい、これ、ちょっと苦みのあるリキュールなんですよね。甘みももちろんあるんですけど。

くられ
くられ

そうなのか・・・アルコール度数25%では、ちょっと自分は飲めないな(笑)

Joker
Joker

まあ、ポテチにアダルトコーラでも用意して、映画でも見ましょう。

くられ
くられ

さっきタコスも用意したしな。ところでPOKAは・・・

Joker
Joker

ああ、POKA先生ならポップコーンを・・・(パパパパパパパァン!)

Joker
Joker

・・・どうやら自前の機械で作ってるみたいですね。

カンパリというリキュール

どうも。Jokerです。家で飲むのに手頃なカクテルの話、第十三回をお送りします。今回はイタリア生まれのリキュール「カンパリ」と、カンパリで作るカクテルについてご紹介しましょう。

カクテルに使われるリキュールとしては定番かつ、シンプルなものが多いので、家で楽しむのにも向いています。

「カンパリ」はイタリア原産のリキュールで、鮮やかな赤と独特の苦みが特徴です。透明感のある赤色はカクテルベースに使うのに非常に都合が良く、美しいカクテルに仕上がります。

なので、色合いに惹かれて頼んだは良いけれど、独特の苦みに面食らう、というケースもしばしば(笑)

見た目だけだとベリー系の甘さを想像する赤色なので、それももっともな話です。この苦みを清涼感として活かすか、他の材料で和らげるかはお好み次第という奴ですね。

ちなみにアルコール度数はなかなか高めで、25度ほどあります。割り物にしても量を加減しないと結構強いお酒に仕上がるので、特に家で飲む場合は加減に気を付けるべきでしょう。

また、苦い苦いと言っていますが、リキュールとしては苦いというだけで、味そのものは甘いです。

スポンサーリンク

カンパリのカクテルレシピ

では、カンパリで作るカクテルをご紹介していきます。シンプルなものが多く、かつ副原料もわかりやすいので、家で作るカクテルとしては本当にピッタリですよ。

カンパリ・ソーダ

カンパリ1に対して炭酸水3〜4ほどで割ってやると「カンパリ・ソーダ」の出来上がりです。カンパリの味そのものを楽しみたい場合はソーダ割にするのが一番手っ取り早いかと思います。副原料が入らない分、苦みも他より感じるので注意したいところですが、爽やかなので食中酒に良いという人もいます。

カンパリ・オレンジ

ド定番の「カンパリ・オレンジ」は、カンパリのオレンジジュース割です。カンパリ1に対してオレンジジュース3〜4ほどを、氷を入れたグラスに入れて混ぜてやれば完成。

カンパリの苦みをオレンジジュースが受け止めてくれるので、飲みやすくなります。本場イタリアでは、オレンジ・キュラソーを加えて更に風味と奥行きを出すらしい。ちょっと違う感じになりそうですが、手元にコアントローがあるなら少し加えてみても面白いかもしれないです。

ちなみに、オレンジジュースの上から静かにカンパリを注いでやり、色分けされたプースカフェスタイルで飲む場合もあります。こちらは混ぜ加減を自分でコントロールできるのも魅力。

スポンサーリンク

カンパリ・グレープフルーツ

カンパリ・オレンジのオレンジジュースをグレープフルーツジュースに変えてやると「カンパリ・グレープフルーツ」になります。こちらは、グレープフルーツが加わる事で、甘みと酸味と苦みがベストマッチするように感じて、個人的にはこれを強めに作るのが、カンパリのカクテルの中では好きです。

お好みでピンク・グレープフルーツを使っても良いかと思います。その場合は、ノーマルよりも苦みが軽減されるかと。

スプモーニ

カンパリとグレープフルーツを1:1、そしてトニックウォーターを好きなだけ、というのが「スプモーニ」です。前述した通り、カンパリは結構アルコール度数が高いので、薄目に作りたい時には加減すると良い感じになります。

このカクテルも割合がかちっと決まってる訳ではないので、お好みで加減すると良いでしょう。苦いのが苦手なら、やはりピングレに変えて「ピングレ・スプモーニ」でも良いですし、ベースのお酒を梅酒にした「梅酒モーニ」の時にも紹介しましたが、ライチリキュール「ディタ」をベースにして「ディタ・スプモーニ」にしても美味しい。

個人的にアレンジで好きなのは、やはり苦みの強いリキュール「スーズ」を使った「スーズ・スプモーニ」でしょうか。スーズの場合、そのままトニックウォーター割りにして飲むのも美味しいんですが、苦みが結構強烈なので好き好きかもしれません。

薬草酒の類が好きな人は、食前酒あたりにちょうど良いんですけどね、スーズトニック。

とまあこんな感じで、カンパリを使ったロングカクテルはわかりやすかったりアレンジがしやすかったり、量を好みで加減してOKみたいなのが多いので、本当に家向けですね。イタリアのお酒ですし、ピッツァ・マルゲリータあたりを食べながら飲みたい感じ。

スポンサーリンク

クラシカルな「ビシクレッタ」

・・・さて、最後に、カンパリのカクテルとしてはクラシカルなものをご紹介しましょう。

ビシクレッタ

白ワインとカンパリを1:1で割ったカクテルが「ビシクレッタ」です。氷入りのロックグラスに入れて出す感じの、中々強いカクテル。白ワインはそれほど高級なものでなくて良く、飲み残しの再利用とかでも美味しくなるそうな。

マティーニのように、オリーブやレモンピールを飾っても良い感じ。度数はなかなかごっついので、あんまりガブガブと飲むものではないかと思いますが・・・オリーブを囓りつつ飲み出すとつい飲み過ぎてしまいそうで怖いですね(笑)。

ちなみに、カンパリの割合をもう少し減らし、炭酸水で割ってやると「カンパリ・スプリッツァー」となって、もう少し飲みやすいカクテルになります。

では今回はこの辺で。いつもよりたくさんのカクテルレシピをお届けしました。

スポンサーリンク

関連記事

「スプモーニ」の時に触れた「梅酒モーニ」は、梅酒編をどうぞ

ビアカクテルの話。触れ損ねましたが、「カンパリ・ビア」というカンパリとビールのカクテルも良い。

茶番で触れた「タコス」の作り方はこちら

そのタコスにかけたり、コーンチップスで食べると美味しいサルサソース

コーラの自作とアダルトコーラのレシピ

カクテル紹介シリーズの一覧はこちら

じょかセレクション
「じょかセレクション」の記事一覧です。

アルコールの分解速度

亜留間先生の危ないビールの話

ノンアルコールビールが安い理由

宣伝

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

Joker
Joker

アリエナイ理科ポータル管理人にしてメルマガ編集、配信担当。
薬理凶室の裏方にいる四ツ目の悪魔。
https://twitter.com/JokerLunatic

タイトルとURLをコピーしました