くられ先生オススメのシャンプー:ヘアケアと髪の毛の構造

美容と健康
スポンサーリンク
くられ
くられ

本日は動画で触れたオススメのシャンプーについてご紹介していく!

Joker
Joker

シャンプーやリンス、髪の毛の構造と髪染め、頭皮のケアに薄毛対策と、かなり色々やってますもんね。

くられ
くられ

動画でも髪の毛の構造には触れたけど、個別の解説記事を読めばより理解が深まるはず。

Joker
Joker

髪は長い友達と言いますからね・・・

くられ
くられ

・・・あれ、Jokerに髪ってあったっけ?

Joker
Joker

人間のフリをしてる時にはちゃんとありますよ。一時期長く伸ばしてましたし。

POKA
POKA

薬理凶室の面々は定期的にアフロになるし、ヘアケアは大事だな!

くられ
くられ

元凶が何言っとん・・・

科学動画で紹介! くられ先生オススメのシャンプー

先日公開された科学動画で、自分のオススメのシャンプーを紹介しました。

【美容】髪のお悩み解決!オススメのシャンプー紹介!

髪の毛の構造なんかも一緒に解説した訳ですが、こと、髪の毛の話は過去にメルマガであれこれと取り上げ、そしてここポータルで多岐にわたって紹介しています。

せっかくなので、動画で取り上げたオススメのシャンプーをここでも紹介しつつ、髪の毛の仕組みやヘアケアについて、もう一歩踏み込んだ話と記事の紹介をしていこうと思います。

スポンサーリンク

&honey ディープモイスト3点セット

「高級感のあるシャンプー」として紹介したのが、「&honey」のディープモイスト、シャンプーとトリートメント、ヘアパックの3点セットです。高いだけあって香りは良い。

いわゆるアミノ酸系シャンプーで、あまり洗浄力は高くありません。なかなかの高級品なので、シャンプーやトリートメントの役割、機能を考えた上でもっとコスパが良いのは、この後紹介する「リラベール」や「フィエーリ」になります。

とはいえ、効果、機能というのはとても大事ですが、美容品というものはそれだけではありません。そういう意味では「高級感のあるとても良い香りがする」というのは、それだけのプライオリティがある、という事でもあるでしょう。

安価なお試し品とかもあるようなので、気になる方はそちらを実際に使ってみて判断する、というのも良いかと思います。

スポンサーリンク

リラベール CMCシャンプー

CMC(カルボキシメチルセルロース)を配合したシャンプーとして「リラベール CMCシャンプー」を紹介しました。

保湿効果に優れて髪の毛をコートしてくれる機能がある・・・と説明しましたが、実はこのCMC、食品添加物や化粧品原料などとして手に入れる事も可能です。

実はこれを水に溶かして作ったスプレーが、ペットの抜け毛掃除にすごい使える・・・という事で、記事にした事もあります。

シーツにくっついたペットの毛なんかをまとめて取るのに便利なんですが・・・つまり、水分を抱き込み、髪の毛にまとまりを与えるからこそ、こういう裏技が使える次第。

そして、機能面に優れている割に安く、コスパが良いのでオススメなのです。

スポンサーリンク

ミルボン フィエーリ シャンプー/トリートメント

ここまでは普通の髪質向けで、くせ毛に良いとして紹介したのが「ミルボン フィエーリ」のシャンプーとトリートメントです。これはセットで使った方が良く、トリートメントオイルなどもオススメです。

フィエーリについては以前からオススメのシャンプーとして紹介してきた経緯もあります。自分がなかなかのくせ毛なので、シャンプーとトリートメントを併用することで、だいぶ髪の毛が言う事を聞くようになる・・・というのは動画でご紹介した通り。

こちらもアミノ酸系シャンプーで、洗浄力はあまり強くありません。洗浄力の弱いシャンプーを良く紹介しているのにもちゃんと理由があります。

また、動画では紹介してないんですが、今、自分が使っているのは「東2ndシャンプー」というものです。

自分はひどいくせ毛なので、東2ndシャンプーで洗い、同じく東2ndのコンディショナーと、このフィエーリのコンディショナーを混ぜて使っています。

ちなみに混合する場合は、放置すると分離してしまうので、使う直前に混ぜると良いです。

スポンサーリンク

何故「アミノ酸系シャンプー」をオススメするのか

髪の毛の構造については、動画で手書きをして説明しましたが、より詳しくは以下の記事で触れています。

まあ、端的に言えば、洗浄力の強いシャンプーを使い過ぎると、髪の毛が傷むだけでなく、頭皮の皮脂まで奪っていくので、やり過ぎると薄毛の原因になったりもします。

洗いすぎも良くないのです。一頃「朝シャン」とかいう言葉を流行らせて、シャンプーはすればするほど清潔・・・みたいなイメージ戦略でシャンプーを売り出していた訳ですが、まったく聞かなくなったのは、洗いすぎるとハゲるから(笑)

ただしこの辺、ケースバイケースでもあるのです。新陳代謝が活発で、皮脂が盛んに分泌される若者で、それも毎日部活をやって汗だくになってたりするなら、きちんとシャンプーした方が良い。

この辺は肉体労働するオッチャンとかもそうで、毎日汗だくなら洗浄力強めのシャンプーの方が良いでしょう。

動画で触れたのは、そんな毎日毎日汗だくになる人ばかりではないから、皮脂を奪いすぎない洗浄力弱めのアミノ酸系シャンプーが良いよね、ということです。

スポンサーリンク

レモーネ シャンプー

さて、それらを踏まえた上で、最後に最終兵器として紹介したのが「レモーネ シャンプー」です。

食器用洗剤クラスの超強力な洗浄力のあるシャンプーで、汚れは超落ちますが、髪の毛はギシギシ、頭皮の皮脂も根こそぎです(笑)

ただし、一度状態をリセットするという効果はあるので、その後、動画で紹介したようなヘアケア・・・ガムシロップなどを少量入れた水を揉み込み、コンディショナーとヘアオイルなどで油分を足し、ダメージを受けた頭皮のケアに化粧水をかぶる。

こうした手順を踏むなら、いわゆる「ノアの洪水」の後の再生的な効果を得られる訳です。

ちなみに、スキンケアに自作化粧水は毎度おすすめしていますが、頭皮も皮膚なので効果的です。頭皮の場合は、風呂から上がる前にグリセリンを少量、桶のお湯にいれてじゃばっとかぶっておくというのも効果的です。

自作化粧水や頭皮ケアについてはそれぞれの記事もどうぞ。

スポンサーリンク

宣伝

大好評につき早くも第4刷!「アリエナイ理科ノ大事典2」、発売中です。

タイトルとURLをコピーしました